【これを見ればカンペキ】日帰り登山で大山に紅葉を見にいこう!

trip | 2017.11.6

出典元 shutterstock.com
みなさん”軽登山”ってどんなイメージですか?なんか疲れるから楽しくなさそうというイメージかもしれませんが、今回初心者でも楽しめて、デートにも使えるモデルプランを紹介したいと思います。

今回のプラン

今回題材にするのは都心から割と近い「大山(おおやま)」です。

6:51発 小田急線新宿駅発(小田原行き)
7:52着 伊勢原駅
8:05発 伊勢原駅北口から神奈川中央交通バスで大山ケーブル行きへ
8:33着 大山ケーブル駅 徒歩でケーブル乗り場へ
8:50  ケーブル乗り場到着
9:00  ケーブルカー乗車
9:20  ケーブルカー降車(大山寺到着) 阿夫利神社到着
9:30  登山開始
10:20 16丁目到着
11:10 25丁目到着
11:30 山頂到着 お昼ご飯
12:30 出発

15:30 大山寺駅到着
17:02 大山ケーブル駅発
17:30 伊勢原駅到着
鶴巻温泉へ行ってお風呂とごはん
出典元 shutterstock.com

軽登山で紅葉を見に行くときに準備すべきもの

1.スニーカー(汚れてもいいもの、登山靴がある人はそちらのほうが良い)
2.一眼レフ
3.お昼ご飯(作るもよし、買うもよし)
4.おやつ
5.ウエットティッシュ
6.水(1Lあると良い)
7.リュック
8.動きやすく肌が隠れるような服装(虫に刺されたり、枝で擦れたりしないようにするため)
9.防寒着(ユニクロのウルトラライトダウンがオススメ)
10.雨具or折り畳み傘
11.地図

●6:30 新宿駅集合

どの山に行くにしても朝は早いです。登山の基本。遅刻しても対応できるようにこのくらいの時間につくようにしましょう。小田急線を使うので、小田急線の改札口近くの集合がいいです!
車で行くのもいいですが疲れて事故を起こす可能性があるので避けた方がいいです。

出典元 shutterstock.com

●7:50 伊勢原駅北口到着 バス停に直行

駅についてどこかよりたい気もしますが、その気持ちを抑えてバス停に行きましょう。
大山は人気登山スポットなので、バスも朝から混んでる可能性が非常に高いです。

●8:05 バス乗車

出典元 shutterstock.com

バスは30分くらい乗るので、意外と長いです。ここで下山した後に行く温泉の話や鶴巻温泉に何があるかなど話してみると盛り上がりますし、後の計画もグダグダにならなくていいかもしれません。

●8:30 大山ケーブル駅到着

出典元 shutterstock.com
到着して15分くらい歩かないとケーブルカー乗り場は見えてきません。しかし、乗り場に行くまでの道のりは土産屋が軒を連ねる石段の道です。「後でここよろう」など話をしながらケーブルカー乗り場に行きましょう。
ただし、ケーブルカーは9:00~稼働し始めるので急ぎ過ぎも注意です。
ケーブルカーは20分間隔で来ます。

 

ケーブルカー乗車

出典元 shutterstock.com

ケーブルカーで大山阿夫利神社(登山口があるところ)まで登っていきます。

料金

大山ケーブル~阿夫利神社 大山ケーブル~大山寺
/阿夫利神社~大山寺
片道 大人:630円
小児:320円
大人:350円
小児:180円
往復 通常期

大人:1100円

小児:550円

繁忙期

大人:1240円

小児:550円

通常期

大人:600円

小児:300円

繁忙期

大人:680円

小児:340円

※繁忙期:4月27日から5月7日までの間の土曜日および4月28日から5月8日までの間の
日曜日・祝日・休日ならびに11月の土曜日・日曜日・祝日・休日
通常期:繁忙期以外の期間

●9:20 大山阿夫利神社到着

出典元 shutterstock.com
着くとそこには壮大な神社があります。ここから登山が開始できるの??と思わせるようなスポットです。ここは神社と紅葉が一緒に撮れてまるで京都に来ているような気持ちになれるのでインスタ映えしそうなスポットです。写真を撮りましょう。

●9:30 登山開始

上り始める前に、安全祈願をしましょう。100円でお祓いをして、お守りをもらいます。
スニーカーでも行ける山ですが登り応えある坂が続くので、普段運動していない人は疲れやすいと思います。
ここで大事なのは自分のペースで行くのではなく一緒に来ている人にペースを合わせることです。置いていかれる側は自分勝手なやつだと思ってしまいます。休憩もちゃんと取りながら行きましょう。

コースタイムはこのような感じです。
9:30  登山開始
10:20 16丁目到着
11:10 25丁目到着
11:30 山頂到着 お昼ご飯

●11:30 山頂到着

そろそろおなかがすいてきた頃なので、ごはんにしましょう。日帰りなのでコンビニで事前に買っておいたものでもいいですが、今回は登山飯初心者でもできるレシピを紹介します。
なんかいいなと思う登山飯の基本は「自分で作る手順をはさむこと」です。

今回はパンをメインに使ったものを紹介します。
【生ハムと〇〇サンド】
出典元 shutterstock.com
フランスパン 1人2~3個
クリームチーズ…  2個
生ハム…      1個
オリーブオイル…  適量
こしょう…     適量
アボカドペースト… 1個
バジルソース(パスタソースなど)1個

このような材料をそろえて自分好みのサンドを作ってみましょう。また、パンに挟む素材を持ってくるように事前に伝えておいて、出し合いするのもよいかもしれません。
ごはんが終わったら写真タイムです。いっぱいとって思い出にしましょう。

●12:30 下山開始

山頂は非常に楽しいですが、長くいると帰る時間が遅くなってしまい温泉に行けなくなるので、相手を急がせないように「温泉にいこう」「お土産通りの〇〇見に行こう」など声をかけて楽しく下山しましょう。
下山は登りに比べて足に負担がかかるので、急ぎ過ぎず慎重に行きましょう。

●15:30 下山

ついたら神社でひと休憩でもいいですし、ケーブルカーで降りてしまって、お土産ストリートでお茶しましょう。疲れた体に甘いものを入れるとすごく幸せな気分になります。

  • 大山阿夫利神社 参集殿洗心閣(カフェ)
    出典元 shutterstock.com

神社の中にあるカフェです。見た目はカフェっぽくないですが中に入ってみると…

出典元 shutterstock.com

昔ながらの休憩所という感じです。壁に手書きで書いてあるメニューがあったかい感じがしてとても居心地を良くしてくれてます。

バスを降りてから、大山ケーブルカー乗り場に行くまでの道にある店です。
わらびもちが一押しのお店で、店頭に美味しそうな和菓子が並んでいます。

  • ゑびすや
    出典元 shutterstock.com
    ここも中村屋と同じ通りにある店で、甘いものが苦手な人はオススメです。
    おもに、そばやおでんなどがあります

出典元 shutterstock.com

●17:00 伊勢原駅へ戻り、鶴巻温泉へ

お茶を済ませた後、たくさん動いて疲れた体にご褒美を上げるために、隣の駅の鶴巻温泉で日帰り入浴をしましょう。登山の後の温泉はいつもと違って格別です。

まとめ

いかがでしたか?なんか疲れそう。と思われていた登山でしたが、朝から活動し始めているので1日を有意義に過ごせる上に、綺麗な紅葉をみることができて、たくさんインスタ映えする写真が撮れるとなると、一緒に行く人の心も踊るかもしれません。
これから寒くなりますが、そんな寒さも吹き飛ばすような素敵な景色を大切な人と見に行きませんか??