【ヤれればいい訳じゃない!】女子目線ラブホ選びのオキテ

love | 2017.11.28

出典元 shutterstock.com

学生とラブホテル

恋愛にSEXはつきもの。男が大好きな彼女を抱きたいと思うことは当然ですし、同時に彼女も、彼とのHを心のどこかで期待しています。

でも、ラブホって学生には高すぎる!!安いところ安いところ…ってなって、結局汚くてサービスの悪いところに彼女を連れていってはいませんか??

ベッドさえあればそれでいい、なんて考えているそこのあなた!!女子は、あなたの想像以上にたくさんのことをラブホに求めています。

今回は、私が周りの女友達と話していて感じた、女子が行きたいラブホの特徴と、おすすめのラブホをまとめてみました。

 

これは絶対に欠かせない!ラブホ選びのポイント

出典元 shutterstock.com
まずは、女がラブホに求める最低限のことはなにか、を知ることが大切です。一緒に見ていきましょう。

・部屋の清潔感、雰囲気

絶対大事です。ヤれればいい?そんなわけないでしょ!

あまり高いところに連れて行ってとは言わないけど、最低限の清潔さとムードは必須。

入ってはみたものの、ラブホ感のない質素なベッドにシミのついた床や壁…みたいな部屋だったらせっかくのHな気分も台無しになってしまいます。ラブホのいいところは、普段らしくない豪華な部屋で二人っきりの甘い時間を楽しめるところ。入った瞬間にパッと華やかな景色が広がらないと、ラブホに来た意味がありません。

 

・アメニティが充実している

シャンプーバーや入浴剤バーがあったり、部屋においてある化粧水の種類が多かったりしたら、女の子なら誰でもテンションが上がるはず。歯ブラシ・カミソリ・櫛があるのはもう当たり前!!女子にはそれ以上のアメニティが必要なのです。

さっきも言いましたが、女子がラブホに求めるものは、普段と違う特別感。アメニティが充実していればしているほど、高いシャンプーを試せたり、いつもと違う化粧水にワクワクしたり、普段の生活ではできないそういう楽しみが増えるわけです。

 

・ヘアアイロンがある

これ、本当に重要です。多くの女子の髪型は、ヘアアイロン(͡コテ)ありきで作られています。オン眉やかきあげヘアーの子はあまり使わないかもしれませんが、前髪がある子やショートボブの子、ロングの子には必須アイテムです。巻いてない髪で人前に出るのは嫌!と思う人も少なくないくらい。男からしたら、「髪なんて巻いても巻いてなくてもそんなに変わらないだろ」と感じる人もいるかもしれませんが、女子にとっては化粧と同じくらい大切なことなのです。

とは言っても、ヘアアイロンがあるところってあんまりないんですよね…あっても、櫛付きドライヤーくらい。ヘアアイロンがあるお店に連れてってもらえたら、結構ポイント高いです。

 

はい!こんなものです。たったの3つ!!この3つさえ満たしていれば、大抵の女子はそう不満は抱かないでしょう。

 

じゃあどこにいけばいいの??女子おすすめラブホ7選

 

では、この条件を満たしているラブホは具体的にどこなのか??

今回は、大学生向けに、お値段を平日宿泊10000円以下に絞ってまとめてみました!

・WILL渋谷(渋谷)

渋谷に行くなら絶対ココ。

部屋は清潔感たっぷりでシャンプーバー・入浴剤バーもあり!ヘアアイロンも貸出あり!女性のためのアメニティに富んだ素敵なホテルです。

他にも、ウェルカムドリンクでミネラルウォーターが2本もらえたり、一部和室があったりと魅力に溢れています。

和室(401号室)

また、入口が裏通りにあるので、目立たずに入ることができます。

〈料金〉

・ショートタイム(2時間)

平日 ¥3300~

土日祝日 ¥4800均一

・REST(最大4時間)

月~木 4500均一

金・祝前 5500均一

土日祝¥6000均一

・フリータイム

月~金・祝前 ¥4500均一(5:00~17:00最大12時間、12:00~13:59チェックイン後6時間、14:00~13:59チェックイン後5時間)

土日祝 ¥6000均一(5:00~17:00最大12時間)

・STAY

日~木・祝 ¥8000均一(18:00~翌12:00または翌1:00~15:00)

金 ¥10000均一(22:00~翌11:00)

土・祝前 ¥13000均一(22:00~翌11:00または翌1:00~13:00)

※すべて税込み、一部部屋割増・割引あり

|WILL渋谷の詳細情報

TEL 03-3477-2281 
住所 東京都渋谷区道玄坂2-22-3 
HP・SNS http://happyhotel.jp/detail/detail_top.jsp?id=540050 

・RAMSES CLUB(池袋)

出典元 https://ramses-grp.com
部屋綺麗、アメニティ充実、ヘアアイロンあり!

部屋が本当に綺麗でゴージャス感がすごいです。心地よく雰囲気に酔える空間だと思います。

ルームサービスもあるので、行く価値あり!!

〈料金〉

・休憩

全日 ¥4300~7700(6:00~23:55最大3時間)

・フリータイム

月~金 ¥4300~7700(6:00~17:00最大11時間)

土日祝 ¥4300~7700(6:00~15:00最大9時間)

・宿泊

日~木 ¥6900~9900(21:00~翌12:00または翌1:00~15:00)

金土祝前 ¥8900~11900(22:00~翌11:00または翌1:00~13:00)

※すべて税込み

|RAMSES CLUBの詳細情報

TEL 03-3983-6661 
住所  東京都豊島区東池袋1-38-6
HP・SNS  https://ramses-grp.com/ramses-club

 

・HOTEL Le Club PartⅠ・Ⅱ(鶯谷)

出典元 http://www.hotelleclub.jp
駅を出た瞬間にラブホ街が広がる鶯谷。激戦区なだけあってサービスといい質といいレベルが高いです。

必須の3項目はもちろん、レインボーバスやジェットバスも完備です!

そして、ここ最大の魅力は料金です!

宿泊が、21:00~は¥6900~、0:00~だとなんと¥4900~利用出来ちゃいます!お財布に優しいので大学生からしたらとてもありがたいですね。

〈料金〉

・休憩

月~金・祝前 ¥3500~3900(24時間制の間で最大2時間)、4400~5500(24時間制の間で最大3時間)

土日祝 ¥3400~3800(24時間制の間で最大1時間半)、¥3800~4600(24時間制の中で最大2時間)、¥4900~6100(24時間制の中で最大3時間)

・宿泊

日~木・祝 ¥6800~8900(21:00~翌11:00)、¥4900~7000(翌0時~11:00)

金土祝前 ¥7300~9700(21:00~翌11:00)

※すべて税込み

|HOTEL Le Club PartⅠ・Ⅱの詳細情報

TEL 03-5603-9556 
住所  東京都台東区根岸1-7-12
HP・SNS http://www.hotelleclub.jp/ 

 

・横浜 HOTEL CASA DE FRANCIA(横浜・関内)


横浜方面で行くならここが一番おすすめです。関内駅にあるので、横浜駅からは電車を使いますが、中華街などは徒歩圏内です。

必須3項目はもちろん、ここは全体的にサービスが素晴らしいのと、滞在できる時間がとても長いです。

まずサービス面においては、シャンプーバーや入浴剤バーだけでなくボディソープバーもあって、それぞれ種類がとっても多いです。また、最高な寝心地を提供するまくらとして話題の【王様のまくら】シリーズも無料でレンタルしているので、行為後もふかふかのベッドと最高のまくらで心地よい眠りにつけます。また、ウェルカムスイーツやドリンク、朝食もサービスしていて、どれも種類が豊富で、しかもおいしい!

時間については、宿泊時間が最大22時間でチェックアウト15:00という、衝撃の長さです。途中外出もOKなので、中華街にふらっと行って戻ってまったりして、とのんびり過ごせます。とにかくお得感が止まらないホテルです。

〈料金〉

・休憩

月~金 ¥2090~¥4190(5:00~18:00最大1時間20分)、¥3230~6910(5:00~24:00最大4時間)

土日祝 ¥4850~7550(5:00~24:00最大5時間)

・フリータイム

月~金 ¥3230~6910(5:00~18:00最大13時間または13:00~22:00最大9時間)

土日祝 ¥4850~7550(5:00~17:00の間で最大12時間)

・宿泊

日~木・祝 ¥5390~10790(17:00~翌15:00または22:00~翌5:00にINより17時間)

金 ¥8630~11870(17:00~翌13:00または翌0:00~15:00)

土日祝前 ¥10790~16190(18:00~翌11:00または21:00~翌12:00、24:00~翌13:00)

※すべて税込み

|横浜 HOTEL CASA DE FLANCIAの詳細情報

TEL 045-664-5361 
住所 神奈川県横浜市中区松影町1-3-11 
HP・SNS  http://www.chapel-hotel.co.jp/kanagawa/h015/

・HOTEL LaPia(新宿 歌舞伎町)


最後は新宿。外観はややゴージャス感に欠けますが、中はとっても綺麗です。

必須3項目に加え、レインボーバスや無料ドリンク、コンタクト保存液まで全室完備されています。また、期間ごとにいろいろなフェアが行われ、その都度お得なサービスがあります(Ex:ビール祭り開催により樽ハイレモンサワー一人一杯無料など)。

〈料金〉

・ショートタイム

全日 ¥3900~(8:00~22:00INより2時間)

・3時間休憩

月~木 ¥5500~(8:00~23:00INより3時間)

金土日 ¥6000~(8:00~23:00INより3時間)

・フリータイム

月~木 ¥5500~(8:00~17:00最大9時間または13:00~20:00最大7時間)

金土日 ¥6000~(8:00~17:00最大9時間または13:00~20:00最大7時間)

・宿泊

日~木 ¥8500~(22:00~翌12;00または翌2:00~15:00)

金 ¥11500~(22:00~翌12:00または翌2:00~15:00)

土・祝前 ¥12500~(22:00~翌12:00または翌2:00~15:00)

※すべて税込み

|HOTEL LaPiaの詳細情報

TEL 03-5272-2471 
住所 東京都新宿区歌舞伎町2-29-2 
HP・SNS http://happyhotel.jp/detail/detail_top.jsp?id=543458 

 

ホテル選びは慎重に

出典元 shutterstock.com
いかがでしたか?ラブホテルは、どこでも同じというわけじゃないんです。

ラブホテルは当たり外れがとても激しいです。また、まとめを見てわかったとは思いますが、確実に平日を狙っていくのがイイです。休日になると、どこも値段がびっくりするくらい跳ね上がります。

時間はあるけどお金がない大学生。ラブホもコスパ重視になってしまうのは当たり前です。しかし!値段が安くても、女子が求める要素を満たしてくれるラブホはたくさんあるのです。失敗しないように、しっかり調べてから彼女を連れていきましょう。