「これも5月病なの?」おすすめのストレス対策あります!

Boy.公式

まだ五月病、引きずってるの?

5月病って言葉は知ってるけど、具体的にどんなものかを知らないって人が実はほとんど。 そこのあなたも気づかないうちに5月病になってるかも? ちゃんと対策して、来る夏に向けて、充実した日々を送れるようにしましょう!

5月病をあまくみてませんか?

実は医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されるんです! なんだかこう言われるとちょっとドキっとしちゃうような、脅されてるような感覚になりますが(笑) 大切な人生を無駄に過ごさないためにも、もっと詳しくみていきましょう。

うつ病

眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない・・・この「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が長期にわたって続いている場合、うつ病の可能性があります。 うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態。 これにより、ものの見方が否定的・悲観的になり、自分がダメな人間だと感じてします。普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環に。  出典元 http://www.myclinic.ne.jp/  ふむふむ。 いわゆる一般に認識されているうつ病はこんな感じです。 では、5月病は?

5月病

仕事や学校、転居などで環境が変わり、最初のうちは張り切っていたのに、5月の連休明け頃から、なんとなく気分が落ち込む、疲れやすい、仕事や勉強、家事などに集中できない、眠れないといったスランプ状態に陥ること、これがいわゆる「五月病」。 精神的な症状だけでなく、食欲不振や胃の痛み、めまい、動悸などの症状を訴える人も多く、新しい環境の変化についていけないあせりやストレスが、知らず知らずのうちに体の症状となって出てくるのです。 五月病といっても、新入生や5月に限って起きる病気ではなく、完璧主義で物事にこだわりがちな人や、内向的で孤立しやすい人、過保護に育てられた人などが五月病になりやすいといわれています。 たいていの場合は一過性の心身の不調で、1~2ヶ月で自然と環境に慣れ、症状が良くなると言われています。 出典元 http://www.myclinic.ne.jp/ なるほど。「新しい環境についていけないストレス」が原因みたいですね。 新年度新たにスタートして、色々と気疲れしやすい時期の5月に特にみられるのは納得。

もしも5月病になった時のために。5月病の対策!

趣味やスポーツでストレス解消

ストレス解消といえば真っ先に思い浮かぶのが「身体を動かすこと」 大学生活や就職して間もない時期は、自然と運動する機会はなくなっていってしまうもの。 「遊ぶ」というよりは、仕事、勉強のために意識的に「メンタルをコントロールするため」と捉えると、なおいいかもしれません。 いきなりサッカーや野球、テニスなどといったスポーツは難しいという人はウォーキングでもOK! 好きな音楽を聴きながら、近くの公園をゆっくり散歩するのも、30分もすれば結構いい運動になります! 見知らぬ街を歩いてみるのも、ちょっとした冒険気分でリフレッシュできますよ!

たっぷり寝る

睡眠が不足していると、ストレスに対しての抵抗力が低下するって知ってました? なんだか眠気が残っている状態だと、頑張れるものも頑張れません。 ホットアイマスクなどの快眠グッズを使ってリラックスすると◎

ゆっくり風呂に入る

最近では半身浴なども流行ってますね。いつもより少し温めのお湯で、読書したり、考え事に耽ったりしてみると気持ち良く1日の終わりを迎えられるかも。 またスーパー銭湯や温泉に行って、普段とは違う湯を楽しんだり、施設内のマッサージを受けてみたりもいいですね!

好きな音楽を聴く

毎日仕事や課題に追われる日々を過ごしていると、案外音楽って聴かなくなったりするもの。 ヘッドホンをして、いつもより少し大きめの音で、ゆっくりお酒でも飲みながら聴くのがおすすめ! 好きなアーティストのライブに行くのもいいですね。 あるいは普段聴かないようなオーケストラなんてのも、教養を深める意味も含めてアリです。

アロマテラピーでリラックス

「香り」はリラックス効果の期待できる重要な要素の一つ! すっきりする香りのお香を焚いたりしながら読書とかいいですね。 今の時代、LOFTなんかで簡単にアロマは買うことができます。 普段あまりアロマはしないという人ほど、やってみるとハマるかも?

映画や絵画展、小旅行などに出かけて気分転換

普段触れない文化に触れるのも、いい刺激を自分に与えてくれます。 普段観ないジャンルの映画を思い切って観てみるのも、新しい発見があって良かったりします。 都内の美術館に行って、現代美術を一人で鑑賞。 ちょっと大人な気分に浸りながら、芸術家の作品を堪能すると自分の世界が広がって◎

新しい目標をみつける

5月に入って、新しい環境に慣れたり慣れなかったりしているうちに、本来の目標を見失いがちになるのもまた、事実。 大きな目標を一から立てなくても、今ある目標を再確認し、さらに細分化して、明瞭にするだけでも効果は十分。 あるいは、9月までに100キロ走るといったような、仕事や勉強には関係のない、自分だけの目標でもいいかもしれません。

友人や先輩に話を聞いてもらう

持つべきものは友達と言います。 一人で抱え込まず、思い切って友達や先輩に悩みを打ち明けてみましょう! また、直接なにかの悩みを話さなくても、お酒を飲みながら他愛もない話に花を咲かせるのもいい気分転換になります!

初夏はすぐそこ!いつまでも5月病なんて言ってられない!

いかがでしたか?5月病かもしれないと思ったら、ぜひ試してみてください!