【ファッションにプラスワン!】おしゃれなピアスとヘアスタイル特集

Boy.公式

やっとの思いでピアスを開けた。でもピアスに合う髪型や服装って何だろう。 髪型はショート、ミディアム、ロング、服装はカジュアルからモードまでどれを見ても幅広くあり、どのファッションにどのピアスを合わせようか悩む人も多いのではないでしょうか。 今回そんなあなたの為にBoy.ではピアスに合う髪型、服装を紹介していきたいと思います。

ピアスに似合う髪型

せっかくピアスを開けたのにイマイチパッとしない。違和感があるといったことも多いのではないでしょうか。 その原因は髪型にあるかもしれません。ピアスと髪型には相性があります。 最初に断言してしまいますと、ピアスが最も似合う髪型は断然ショートヘアです。 当たり前かもしれませんがショートヘアなら当然耳を出すことになりピアスが強調され、ピアスが生かされる髪型と言えます。 そこで、今回はショートヘアに絞ってピアスに似合う髪型を紹介していきたいと思います。

ショートマッシュ×大ぶりのピアス

現在美容室で最もオーダーが入ると言っても過言ではないマッシュヘア。 街中でマッシュヘアの人を見ることも多いですよね。ただ、スタイルにもよりますが、マッシュヘアは可愛くなりがちです。そこで、少し大ぶりのピアスを使い、かっこ良さ、大人っぽさをプラスしましょう。そうすることで、バランスが取れ、可愛さの中にもクールさを演出することが出来ます。 ゴールド系のピアスを使えば、クールさをより際立たせることが可能です。

センターパート×シルバーピアス

こちらもトレンドの髪型の1つであるセンターパート。 おでこを出すだけで、セクシーな印象だったり、クールな印象になりますね。 この髪型にオススメのピアスは、シルバーのシンプルなピアス。髪型を最大限に生かすためにピアスはシンプルなものを選び、髪型に馴染むようにしましょう。

かき上げヘア×ゴールド系ピアス

大人っぽい感じのかき上げスタイルには、ゴールド系のピアスが合います。 ゴールドのピアスはギラギラ感などがあり、取り入れ辛いという印象をお持ちの方も多いと思いますが、そんなことはありません。ゴールドの小ぶりなピアスであれば、そこまで主張する訳ではなく、さりげなく大人っぽさをプラスしてくれます。 大人っぽいかき上げヘアにゴールドのピアスを取り入れ、大人っぽさの掛け合わせをしてみましょう。

ウエット×フープ型ピアス

こちらも大人っぽさが滲み出るウェットスタイル。 ただ、上で紹介したかき上げスタイルとは違ってこの場合はフープ型でも少しゴツメのピアスでやんちゃ感をプラスしてあげましょう。そうすることで、今流行りのスタイルに仕上げることが出来ます。

ベリーショート×大ぶりピアス

また、ベリーショートぐらいの長さではピアスの存在をより強調してくれるのでBoy.ではベリーショートの長さではゴツめのピアスをチョイスすることをおすすめします。

ピアスに似合うファッション

ピアスが合う髪型は分かった。しかし、せっかくピアスも髪型もバッチリなのにファッションがその雰囲気に合っていないとせっかくのコーディネートが台無しです。次にピアスが似合うファッションについてお話ししていきたいと思います。

チェスターコート×フープ型ピアス

チェスターコートなどのキレイめな服装にはフープ型のシンプルなピアスの相性がいいです。 また色はシルバーがおすすめです。シンプルなシルバーのピアスを使い、全体をキレイにまとめましょう。

ライダース×シンプルなピアス

スポーツMIXのライダーススタイルにも小ぶりのフープ型ピアスがオススメです。 ライダースが比較的ゴツめのアイテムになるので、ピアスはさりげない感じに。

MA-1×ゴツめピアス

大きめなシルエットのMA-1を肩で落として着るなどの人は少しゴツめなピアスを選んであげると相性がいいでしょう。この場合のピアスの色はシルバーでも良いのですが、ゴールドやブラックのピアスを選んであげると更にトレンド感がUPします。

オールブラックコーデ×ピアス

オールブラックのコーデには、アクセントとして耳元にさりげなくピアスがあると好印象です。 ピアスの形はシンプルなものから個性的なものまで幅広く選択可能です。

ストリートスタイル×小ぶりピアス

こちらのダウンを使った緩めのストリートスタイルには、小ぶりのピアスがオススメです。 それぞれのアイテムに個性があるので、ピアスはあくまでコーディネートと補助と捉え、全体のバランスを考えながら取り入れましょう。

ベージュトレンチ×上品で華奢なピアス

全体的にキレイめでエレガントなコーデ。このスタイルには、小ぶりなピアスを取り入れ、さりげなくアクセントをつけましょう。

いかがでしたか

髪型、服装、ピアスには沢山の種類があり、それぞれに合うスタイルがあります。 服装、髪型がバッチリな人もピアスを取り入れ、ワンランク上の自分を表現してみはいかがですか。