着まわし力も抜群!冬のクラシックスタイルのすすめ

Boy.公式

クラシックルックが再燃中!

いろんなアイテムを組み合わせて、いろんなテイストのスタイリングを楽しむことができる冬。 今おしゃれなBoy.男子が一番挑戦したいのは、やっぱり”クラシックルック”でしょ。 ベーシックなアイテムで、とことん男らしく着こなしてみたり、 ワンポイントで抜け感を出してみたり、ひとえにクラシックといってみても、着こなし方は様々。 自分らしいクラシックルックで、友達や彼女に褒められるスタイルを作ってみよう。

テーラードジャケット

出典元 http://wear.jp 基本のクラシックルックを作るなら、テーラードジャケットとスラックスに、シャツ、ネクタイ、革靴があれば十分です。でもビジネスマンのようなスーツスタイルにならないように、一つ一つのアイテムにこだわりを持たせよう。あえてジャケットとパンツの色を変え、差し色としてネクタイと靴下に赤色を入れたスタイリングなら、かしこまりすぎないクラシックルックが出来上がる。 出典元 http://wear.jp ファッションにおける、”おしゃれに見える”ルールはたくさんあるけれど、そこから抜け出してみるのも自分らしいスタイルを発見するためには大事なこと。 アイテムの種類はそのままに、細かいデザインやサイズ感を変化させれば、一気にストリート×クラッシックなハイストリートスタイルの完成。 クラッシックなアイテムは、着まわしにも最適。いろんなスタイルに組み合わせて楽しんでみましょう。

コーデュロイジャケット

出典元 http://wear.jp もっと冬らしいクラシックルックを楽しみたいなら、ジャケットをコーデュロイに。 寒い冬にはもってこいの素材だし、ダークカラーでまとめれば大人っぽい着こなしになります。 トップスに赤色を入れるとインパクトがでて、印象に残ること間違いなしです。 出典元 http://wear.jp コーデュロイもネイビーを選べば、モノトーンスタイルにもカラフルな着こなしにも対応できておすすめ。 柔らかい印象の素材を選んでいるからこそ、レザーシューズで足元を引き締めよう。 ハイネックやチェック柄のパンツなど他の冬アイテムとも相性抜群です。

トレンチコート

出典元 http://wear.jp 日本だけでなく、ロンドンやパリのおしゃれなメンズがこぞって愛用しているトレンチコート。 クラッシックなスタイルを作るならマストハブなアウターとして知られています。 春先まで使えるトレンチコートは、今ならインナーをレイヤードスタイルにして冬っぽさをアピールしましょう。ボリュームがしっかりでるので、他のアイテムはミニマルにまとめると上手に着こなせます。 出典元 http://wear.jp トレンチにもコーデュロイ素材?! 一つのアイテムだけでこんなにクラシック感が出せるコーデュロイトレンチなら、他のアイテムはゆるくて可愛いアイテムを合わせたくなりますね。 白の靴下に優しいナチュラルカラーのベルトシューズを合わせて抜け感を演出してみましょう。 重くなりすぎないように、パンツもカーキ色で綺麗にまとめられればパーフェクト。

Yシャツ

出典元 http://wear.jp クラシックルックでよく登場するのがシャツ。 シンプルに白のシャツで爽やかなきれいめルックを作ってみよう。 基本のクラシックをマスターしたいなら、シャツはパンツにインして、 慣れてきたら手持ちのアウターに、シャツだしスタイルでメリハリをつけてみて。 出典元 http://wear.jp ベーシックに白や黒のシャツもいいけれど、あえて柄で遊んでみるのもきっと楽しい。 秋冬に重宝するチェックシャツも、ジャケットに合わせればしっかりクールにきまります。 クラッシックルックにチェックシャツを取り入れるなら、しっかり主張するカラーを選ぶといいかも。 出典元 http://wear.jp 花柄だって、ダークカラーをチョイスすれば大人っぽく着こなせます。 シャツだけでもしっかりインパクトが出せているので、他のアイテムはぴったりサイズのシンプルなカラーでまとまりのあるスタイリングにすると◉。

スラックス×レザーシューズ

出典元 http://wear.jp クラシックルックでは、スラックスとレザーシューズで作るボトムスタイルが王道。 最近は、足首がチラッと見える丈のスラックスがおしゃれなメンズ男子の間で定番になっています。 シューズをローファやウイングチップにしてみたり、変化をつけても楽しいですよね。 出典元 http://wear.jp ビジネス向けのスーツスタイルなら白靴下とレザーシューズの合わせはミスマッチと考えられているけれど、 ファッションとしての着こなしなら、おしゃれに見える人気のスタイルとして定着しつつあります。 黒のスラックスと黒のレザーシューズは、脚を長く見せることができるので、白ソックスと合わせれば、 さらにメリハリのついた足元を作ることができます。

場所を問わずかっこよく見えるクラシックスタイルをマスターすべし

クラシックなスタイルは、綺麗めで、大人っぽくて、かっこいいの3拍子揃ったシティーボーイにもってこいのスタイルです。彼女とのデートにも、友達との飲み会にも、場所を問わずクールに見せてくれるクラシックスタイルは、しっかりマスターしておくべし。 王道のアイテムでルールをしっかり学んで、自分らしい着こなしを作れるように練習してみましょう。