【インスタグラマーと、服。】No.15:横田 晃喜

Boy.公式
いま、世の中でホットなワード「インスタグラマー」。トレンドを先駆けて取り入れ、自分なりのこだわりもプラスして日々を楽しむ。そんな彼らのライフスタイルが詰まった投稿は、日本の男の子たちが参考にできるものばかり。 でも僕たちは思った。インスタグラムだけじゃ分からない彼らの魅力って、たくさんあるんじゃないの? そんな1つの疑問から生まれたのが、今回の企画「インスタグラマーと、服」。 彼らなりの「服」や「ライフスタイル」に対する姿勢。いま何を考えているのか。次に何が来ると予想しているのか。インタビューを通して、彼らの魅力に迫ります。 第15弾は、モデルとしても活躍中、現在はトロント留学をしている横田晃喜さんにお話をお伺いしました。

ーー簡単に自己紹介をお願いします。

横田晃喜、21歳学生です。今は一年間休学してトロントに留学しています。  

ーーなぜ留学したのですか

語学を身に付けたいのも勿論ですが、そのためだけではなく、どちらかと言うと今までと違う環境で生活し、何が自分に向いているのかを探しにきました。  

ーー日本とのファッションの違いはありますか

トロントの寒い日は気温が-20℃くらいになります。なので街で見かける人はカナダグースなどのダウンを着ている人ばかりですね。また色もノーカラーな服を着ている人が多い印象です。  

ーーつづいて横田さん自身のファッションのことについてお聞きしていきます。ファッションに興味を持ったきっかけを教えて下さい。

これがきっかけですって言えるほどの大きなきっかけは特にありませんが、洋服の歴史にとても興味があったので、ファッションやブランドの歴史について調べているうちにどんどん興味を持ち始めました。また、MR.GENTLEMAN 2016-17 AWの東京コレクションを見に行った時に、より一層洋服の素晴らしさに気づかされました。  

ーー今のスタイルを確立するのにどのような経緯がありましたか

基本的にはノームコア。その中でサイジングやパターンで遊びを入れるのが僕のスタイルだと思っています。それを確立するのに大きな影響を与えたのが、京都にあるTHE CONTEMPORARY FIXとの出会いです。洋服を見たり店員さんと話すのが楽しくて、よく通っています。そこで気になる洋服を試着したり購入するうちに、自分に似合うものやスタイルを確立しました。  

ーーそのような行きつけのお店があると良いですね。では、他に良く行くお店はありますか

それ以外だとBIOTOPに洋服を買いに行くことが多いです。あとは、京都にあるTHE CONTEMPORARY FIX cafeやLenというカフェ、大阪にあるCUBIERTAというピザ屋さんに行ったりもします。  

ーー今現在留学中のトロントではどんなお店に行っていますか

洋服を見る時は、House of vintage、Jonathan+Olivia、I miss youというお店に行きます。 Jonathan Olivia には、Maison MargielaやAcne、a.p.c、UNDERCOVER、Yohji Yamamotoなどが置いあるので良く行きますね。 あとは、Early Bird Coffee & KitchenやLe Gourmandというカフェに行き、ブレックファーストボウルやチョコチップチャンククッキーを食べたり、日本食が恋しくなるのでMiku Torontoというお寿司屋さんに行ったりします。それ以外だと、ビリヤードが出来るAnnex Billiards Clubに行きます。  

ーー今年の春に欲しいアイテム、気になっているブランドはありますか

沢山あります。Mr.gentlemanのビニール系アイテムや、HYKEのトップスは気になりますね。  

ーーファッションで気にかけていること、大事にしていることは何ですか

1日何をするかのプランに合わせて服を選んでます。喫茶店に行く日はデニムだったり、美術館にはスラックス、今回はセットアップでビリヤードみたいな感じです。あとはブランドのコンセプトや歴史を踏まえながら購入したりします。  

ーー今のファッションは何からインスピレーションを受けていますか

基本的には映画です。Netflixで映画を見ると、今日はこのテーマで出かけようって気分に良くなります。笑 その結果、今日はクラシックな服装にしようとか、ロング丈のコートを着ようという風になり、その日の洋服を決めることに役立ちます。  

ーー映画を観るといったような話もありましたが、休日は何をして過ごしているのですか

友達とカフェで話したり、古着屋さんを見にいったりです。最近では、その後パブに飲みに行って、明け方の3時までビリヤードしたりしてますね。笑 美術館に行くのも好きなので、オーディオ説明聴きながら、何時間もかけて回ったりもします。  

ーーインスタグラムでの写真のこだわりを教えてください

元々はギャラリーを雑誌みたいにしたかったので、統一感を気にしていました。でも最近は特に何も気にしてないです。今は、自然体の自分でいることを大切するようにしていますね。  

ーー最後に横田さんにとってのカッコいいとは何か教えてください

自分に自信がある人です。しっかり芯を持っている人は自然とカッコよく見えます。

ーー横田さんのInstagramはこちら

@dadakouki