【モード男子の定番】Yohji Yamamotoのオシャレな着こなし特集

うちのたいよう

モードな装いに〈Yohji Yamamoto〉は欠かせない!

日本発のブランドとして世界でも大人気のブランド〈Yohji Yamamoto〉。 以前、こちらの記事でも紹介した通り、80年代に“黒の衝撃”と呼ばれる一大ブームを巻き起こし、その名が世界へと知られるようになりました。

ブランドの特徴でもある黒を使ったカラーリングはコーディネートにも合わせやすく、オーバーサイズでモードなデザインが老若男女を問わず愛されています。 今回は、以前紹介できなかった〈Yohji Yamamoto〉の着こなし術を紹介。春夏でも気軽に着られる“黒”を伝授します!

“袴パンツ”で風を感じる爽やかコーデ

出典元  wear.jp

〈Yohji Yamamoto POUR HOMME〉のアイテムとして人気の高い“袴パンツ”は、オールシーズンで着用できる万能のボトムス。 〈Yohji Yamamoto〉愛用者の多くはオールブラックで揃える場合が多いですが、袴パンツのように風で動く爽やかな印象を与えるアイテムを取り入れると◎

出典元  wear.jp

もう少し、暑い季節にはつっかけ風のサンダルと合わせても相性◯ 袴パンツ自体が和物アイテムなので、草履や下駄風のサンダルなどと組み合わせてみましょう。 何にでも合う黒は、春色の柄物シャツを取り入れると更に強く季節感を演出できます。

春夏素材のアイテムで涼しげに

出典元  wear.jp

〈Yohji Yamamoto〉はダボっとしたオーバーサイズのデザインが特徴。そんな服達を春夏に気持ちよく着るには、使われている素材に気をつけましょう。 こちらは、2018春夏コレクションに発表された画家の内田すずめ氏とのコラボレーション商品。 キモノガウンかと思いきや超オーバーサイズのカットソーになっており、素材はシルクで作られています。生地感は多めですがサラッと軽快に着こなせるはずです。

出典元  wear.jp

こちらは2017年春夏コレクションのカットソー。テロっとしたレーヨンが使われているので、着心地も快適です。 普段のコーディネートだとオーバーサイズのトップスには、スッキリしたボトムスを合わせたいところですが、〈Yohji Yamamoto〉らしさを出すには全てゆったりとしたフォルムが◎ 部屋着のような快適さながら、洗練されたモードなデザインを楽しんでみてください。

〈Y-3〉を主役にしたスポーティーコーデ

出典元  wear.jp

〈adidas〉とのコラボレーションラインである〈Y-3〉は、特にスニーカーの人気が高く、トレンドの“スポーツ×モード”には欠かせない一足。 ハーフパンツにロングソックスも定番の組み合わせで、春夏らしさが出ています。 やはりブランドらしさを出すには、スニーカーに合わせて黒でまとめると◎

出典元  wear.jp

〈Y-3〉を使ったコーデは、シンプルにモノトーンでまとめるのがベスト。 レイヤードでロングの白Tを使えば、簡単な着こなし術ではありますがコーディネート全体のバランスが良くなります。 スニーカーに合わせて、パンツを〈adidas〉の象徴的な3本線スウェットで合わせるのも技アリのテクニックです。

ロゴアイテムで主張強めに!

〈Y-3〉はオーバーサイズのロゴTも人気があり、色も黒以外に白や赤も展開されています。 ロゴTの便利な点は、一枚だけでサマになること。オーバーサイズなので苦労せずにインパクトのあるコーディネートが完成します。 スケーターコーデ風にするにはジーンズと合わせて、ストリート系にするにはスウェットパンツにキャップを合わせてみるだけでOK

Kazuさん(@kaz0608fashion)がシェアした投稿

通称“スタッフシャツ”と呼ばれるロングシャツも〈Yohji Yamamoto〉ブランドでよく見られるアイテム。軽い素材でできているので、春から夏までも着用できます。 ボトムスもゆったり目のものを選ぶのなら、袖をまくってみたりして季節感を調整してみましょう。

オールブラックが着こなしの鉄則?

ブランドのシグネチャーカラーが“黒”ということもあり、オールブラックに揃えておけば〈Yohji Yamamoto〉は比較的楽に着こなすことができます。 春夏シーズンのアイテムは素材も軽いものが多いので、重いイメージのある“黒”はこれからの季節にも十分着用可能。 今年の春夏は、洗練されたデザインの〈Yohji Yamamoto〉でモードに決めてみましょう!