【女友達の作り方ノウハウ】大学生が知っておきたい出会い方&誘い方

大学の昼休み、構内で男女グループが仲良さそうに昼食をとっていたり、インスタのストーリーに仲の良い女友達と楽しそうに飲んでいたりする光景を見ると、「彼女じゃなくていいから俺も仲の良い女友達作って大学生活エンジョイしたいな…。」と感じてしまう方も多いと思います。
仲の良い女友達がいるということは、大学生活にハリを生むだけでなく、ゆくゆくは彼女候補になる可能性もあるのでメリットはとても多いです。
今回はそんな女友達を作りたいあなたに、大学内外で共通して使える女友達の作り方を伝授いたします!

飲み会・バイト・サークルは積極的に!

飲み会・バイト・サークルは積極的に!

まず女友達をどこで作るか、という問題がありますが、大学生の場合多くはバイト・サークル・飲み会の3つがメジャーとなっています。
まずバイト。大学生のほとんどは何かしらのアルバイトなどに従事していますが、バイト先をきちんと選べば女子大生や同じくらいの年齢の女子との接点があり、また同じ仕事を一緒に乗り切る、という一体感からバイト先の女子とはあまり苦労せずに仲良くなれるため、女友達を作るハードルはかなり低めです。
ここでの注意点はきちんと同年代の女子がいるバイト先を選ぶこと。いくら女友達が作りやすいバイトといえど、肝心な女の子がいなければ元も子もありませんからね。
次にサークル。こちらもアルバイトと同様、大学生の大半が一度は何らからのサークルに所属しますが、サークルでも女友達は簡単にできます。一部の大会などに向かって本気で活動している部活などを除いて、大学生がサークルに所属する目的は“友達作り”です。そのためサークルでも異性の友達と関わる機会は圧倒的に多く、女友達づくりにはもってこいです。
3つめに飲み会ですが、大学生といえば飲み、というくらい学生は飲みが好きで、多い人は毎週何かしらの飲み会に参加している人もいるのではないでしょうか。
基本的に飲み会は元から知っている友達同士で飲むことが多いですが、まれに友達が友達を連れてきた、という場合があります。たとえ初対面としてもお酒の力があればなんとか乗り切れてしまうので、このような飲みの場で新しい友達ができるということは決して珍しくありません。友達が「今から○○ちゃんっていう女の子連れてこようと思ってるんだけどどう?」という提案をした時は、「俺人見知りだし無理…。」と断るのではなく、新しい女友達を作るチャンスと捉えるようにしましょう。

誘うときは1対1を避けるべし

誘うときは1対1を避けるべし

恋人を作るときでもいきなり一対一の食事に誘うのはハードルが高いです。ましてや女友達に対して急に「今日俺と二人っきりで飲もうよ。」と誘っても警戒されて断られるのがオチです。
そのため女友達を遊びに誘う場合には男女複数人グループで遊ぶことを相手に伝え安心させることが重要です。これは彼女候補の女友達との距離を縮めたいときにも使えるのでオススメです。

グループLINEを活用しよう

グループLINEを活用しよう

いまや大学生の必須アプリとなったLINEですが、LINEのグループチャット機能を使えば気軽に男女グループでの遊びを提案できますし、同じライングループを作ることで集団への所属感を提供することができ、オフラインで集まらなくても気軽にチャットすることができるので女友達とより仲良くなりやすくなります。

女友達作りは彼女作りよりハードル低め!

大学生にとって女友達を作ることはそこまでハードルの高いことではありません。彼女を作る際は少し工夫や努力が必要ですが、女友達を作る際には高度なテクニックは必要なく、男友達を作るときのようにフランクな態度で接して大丈夫です。
もちろんそうやってできた女友達が将来的に彼女候補になることは十分考えられます。
たくさんの女友達をつくって大学生活をもっと充実させましょう!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ