相手を好きにさせる心理学に効果あるの?悪用厳禁のテクニックを伝授!

boy-menber-03
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

今、好きな人がいる方は振り向かせるために心理学を使おうと思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では下記について徹底解説していきます

  • ・相手を好きにさせる心理学が本当に効く根拠
  • ・相手を好きにさせる心理学の効果
  • ・相手を好きにさせる心理学の実践テクニック

なんと心理学は恋愛だけでなく、ビジネスでも使われることが多いんです。

ビジネスに使われるような心理学を恋愛に応用できないわけがない!

恋愛に心理学を用いるときは、気をつけなければいけない点もいくつかあるので、是非この記事を読んで役立ててくださいね。

相手を好きにさせる心理学は効果絶大!3つの理由で解説!

相手を好きにさせる心理学は効果が絶大です。

論文で発表している心理学の手法は、すでに実験を行い効果が実証されているものばかり。

効果があるからこそ、論文として出されているのです。

効果が絶大と断言できる理由を3つに分けて紹介していきます。

相手を好きにさせる心理学は科学的根拠があるから

相手を好きにさせる心理学は科学的根拠があります。

理由は心理学の効果が実験によって実証されているから。

あくまで心理学的に「好感を持つ傾向がある」としか言えませんが、大半の人はその傾向があるに含まれると思います。

ですので、恋愛心理学を用いることは、恋愛に効果的であると言えます。

相手を好きにさせる心理学は相手の気持ちを把握できるから

相手を好きにさせる心理学は、相手の気持ちに寄り添っています。

ある行動をすることによって「相手が好感を抱いてくれる」と気持ちを把握することができます。

もちろん、ひとつの行動をすることにより確実に自分を好きになってくれる、とは言いきれません。

しかし、思いつきで行動しまくるよりは、相手の気持ちに寄り添えるようになるのは事実です。

相手を好きにさせる心理学は恋愛偏差値を上げられるから

恋は駆け引き、とよく言いますよね。

相手を好きにさせる心理学を勉強することで、駆け引きが格段に上手くなります。

相手を好きにさせるために、恋愛心理学を学び、恋愛の経験値を増やすことで、さらに恋愛が上手になっていきます。

人間関係は経験が大幅に物を言いますので、心理学を学ぶことで恋愛偏差値を上げることができます。

是非、今回紹介する方法をマスターして、恋愛偏差値を上げていきましょう。

相手を好きにさせる心理学は脈なしの相手を振り向かせることもできる!

相手の様子を見ながら自分の挙動を変えることで、相手に自分を意識させることができます。

相手を好きにさせる心理学は、自分のことを意識している/していないに関わらず、相手を振り向かせることができる理由を解説します。

相手を好きにさせる心理学で自分を意識させることができる

相手を好きにさせる心理学は基本的にターゲットを決めて行います。

不特定多数にモテたいという気持ちも分かりますが、そうしてしまうとただの八方美人になりかねません。

相手を好きにさせる心理学は1対1だからこそ、効果を発揮します。

是非、好きな人や意識させたい人をターゲットに絞って実践してくださいね。

単にモテたい!という場合はいろんな人に見られない場面でさりげなく全員の女の子に恋愛心理学を仕掛けちゃいましょう。

相手を好きにさせる心理学で自分をよく見せることができる

相手を好きにさせる心理学は相手に自分のことを意識させることが目的なので、必然的に良い印象につながります。

もちろんこれから紹介するテクニックは、うまく使わないとマイナスな印象を与えてしまう恐れもあります。

しかし、基本的にこれからお教えする相手を好きにさせる心理学は恋愛だけではありません。

相手を好きにさせる心理学はビジネスでも使われている場面が多いため、好印象を与えるという意味では効果は抜群です。

相手を好きにさせる心理学テクニック5つを紹介!

心理学のテクニックは面接や仕事、ビジネスの場面でもよく使われています。

今回ご紹介するテクニックは以下の5つです。

  • ・行為の返報性の心理
  • ・吊り橋効果
  • ・ザイオンス効果
  • ・ミラーリング効果
  • ・カリギュラ効果

以上の5つです。

これらは恋愛心理学ではよく使われている言葉なので、聞いたことがある人も多いかもしれません。

今回は、使用場面も一緒に記載していくため、分かりやすく解説していきます。

相手を好きにさせる心理学1.行為の返報性の心理

行為の返報性の法則とは、簡単にいうと自分がされたことを相手にも返したいと思う法則です。

例えば、SNSのイイネがついていると、くれた相手にもイイネを返したくなること、ありませんか?

また、洋服店で、丁寧に試着の準備を店員さんがしてくれたとき。

なんだか申し訳なさを感じて、洋服を購入してしまった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

これは、恋愛でも応用できて、相手に常に親切にしていると親切を返してくれる可能性が高まります。

また、好意をあることをアピールすると相手もそれを無碍にはできません。

返報性の心理を使って、好きな人にアプローチをしてみましょう。

相手を好きにさせる心理学2.吊り橋効果

吊り橋効果もとても有名な心理学の一つです。

絶対絶命!なんて状況に男女2人になると、いろいろなどきどきが混ざり、「え?もしかしてこの人のことが好きなのかも」と錯覚させてしまうという効果です。

何か2人でやらなければいけない共同作業や、定番でいうとお化け屋敷など。

ドキドキする環境を無理やり作り出し、そこで頼りになる姿を見せる。

ドキドキしているなかの行為なので、相手のことがより魅力的に見えてしまうわけです。

相手を好きにさせる心理学3.ザイオンス効果

ザイオンス効果は別名、単純接触効果とも言います。

これは、1人の人と会う回数が多い方がなんとなく信用できるという効果です。

営業マンのビジネス場面でもよく使われます。

朝のテレビ番組で、いつもと違うアナウンサーが話していると、なんだか不安になったり心配になったりしますよね。

保険を選ぶときも、全く名前の知らない保険会社より、よくCMや広告を出している保険会社の方がなんだか信用できます。

これを恋愛に応用して、とにかく接触回数を増やしましょう。

雑談の極意にもよく書かれていますが、会う時間の長さより会う回数の方が大事なのです。

好きな人が近くにいる場合はとにかくその女性の視界に入ることが重要です。

視界に入ることができたら、今度は雑談をしてだんだん接触回数を増やしてみてください。

相手を好きにさせる心理学4.ミラーリング効果

さて、ザイオンス効果で相手が自分のことを意識しはじめたらやって欲しいのがこちら。

相手の動作を真似することです。

ミラーリング効果は自分に似た行為をする相手に対して好意を抱く効果があります。

つまり、相手が足を組み換えたタイミングで自分も組み換える。

相手が飲み物を飲んだタイミングで、自分も飲み物を飲む。などさりげなく相手を真似してみてください。

実際に相手は無意識に好意を抱くため、圧倒的な効果は感じにくいですが、是非、試してみてくださいね。

相手を好きにさせる心理学5.カリギュラ効果

カリギュラ効果は禁止にされたものの方がかえって欲しくなるという効果です。

例えば、一緒にデートに出かけた相手にいきなり「今日はもう帰る」とデートの延長を禁止されてしまうと、どきっとしませんか?

あえて相手に禁止をさせることでかえって、他の用事があるのかな?や何をするんだろう?と思わせることができ、それはすなわち意識をさせることにつながります。

もしデートをする機会ややっと2人きりで話せる時があれば、このカリギュラ効果を使ってみてください。

あえての禁止が、相手に自分を意識させるコツです。

相手を好きにさせる心理学の注意点はこの2つ!

以上、5つの相手を好きにさせる心理学を紹介しました。

しかし、相手を好きにさせる心理学を使うときには注意点があります。

もちろん、上記の相手を好きにさせる心理学の効果は実証されている物。

安心して使っていただければ良いのですが、大事なのはそのやり方です。

相手を好きにさせる心理学の使い方の注意点を記載しました。

相手を好きにさせる心理学の使い方を間違えて、かえって嫌われてしまわないように気をつけてください。

相手を好きにさせる心理学は使い方を間違えたら逆効果

相手を好きにさせる心理学は状況や関係性を無視して使うと、どうしても逆効果になってしまいます。

たとえば、3つ目に紹介したザイオンス効果は、あえてしすぎると逆効果になってしまいます。

相手の視界に入りたいばかりにいつも近くを狙ったり、不自然な動きをしてしまったりするのは逆効果。

さらにもともと相手が自分に良い印象を与えていない場合も要注意。

単に、そのよくない印象が増強されるだけですので、関係性をみながら実践してみてください。

ミラーリング効果も同様です。

相手の動きを意識して同じ動きをしまくるとやはり、少し気味が悪いですよね。

相手の状況を見ながら、さりげなくするのがポイントです。

相手を好きにさせる心理学を上手に使いこなしましょう!

相手を好きにさせる心理学だけを頼りがちになる

相手を好きにさせる心理学を学んだ人に注意して欲しいのが、それだけを頼りにしすぎること。

相手の本当の気持ちや自分の本当の気持ちを無視して、心理学な理由だけを根拠にするのはNG。

という理由で突っ走っていくと本末転倒ですよね。

相手を好きにさせる心理学はあくまでテクニックのまとめなので、そればかりを頼りにしすぎることは気をつけてください。

相手を好きにさせる心理学まとめ

相手を好きにさせる心理学 まとめ

以上、相手を好きにさせる心理学を紹介しました。

恋愛において、心理学はときにとても有効ですが使いすぎや信じすぎは避けたいもの。

本当の自分の気持ちを1番大切にして欲しいのが本音です。

しかし、多少はずるく賢く相手を好きにさせる心理学を使って、相手をつなぎ止めても良いのではないでしょうか。

ぜひ、気になるあの人に!使ってみてくださいね!

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ