日本を代表するブランドsacai(サカイ)とは?その魅力

Boy.公式

日本を代表するブランド、sacai

スナップやファッションサイトで「sacai」というブランドをよく見かけませんか? 今回はそんなsacaiとは、どのようなブランドなのか、 いったい何がこれほどまでに人を惹きつけているのか、その魅力を紹介したいと思います!  

デザイナーについて

サカイ(sacai)のデザイナーは阿部千登勢さん1965年生まれ。 コムデギャルソンのパタンナーを経験し、妊娠を機に退社。 子育ての傍、1999年にサカイ(sacai)を設立します。 母親が洋服の仕立てをしていたこともあり、 小学生の時からファッションデザイナーになりたいと思っていたたそうです。 子育てをしながら0からブランドを始めた、強い女性ですね。  

sacaiのデザインの特徴・その魅力

サカイのコンセプトは、「日常の上に成り立つデザイン」。 設立当初は、大々的に宣伝はせず、 5型のニットを小さな場所で展示していました。 スタイリストやバイヤーなど、少しずつ見に来る方が増えていったそうです。  

  異素材の組み合わせや、独特なシルエットが多く、 細かい技術やこだわりが強く支持されています。 スタンダードなものに彼女の考えるエレガンスがプラスされていて、 手に取りやすく日常を彩ることができる。 この軸が、サカイの魅力なのだと思います。  

  また、毛玉のできる商品があると、自己負担で回収するほど 品質に対して徹底しています。

  新しいスタイリングの提案や、新しいシルエット。  

  移ろいゆく日常の中で、新しいものを取り入れていく。 シンプルな中にひねりを加えるのってオシャレですよね。  

コレクションのストリートスナップでも!

ファッショニスタの間でも人気です。 これだけ多くのオシャレさんに愛用されていることからも、sacaiのブランドとしての素晴らしさがお分かりいただけると思います。

最新のコレクション

先日発表された2016SSです。 「日常の上になりたつデザイン」という設立当初のコンセプトは健在でした。最新作を通しても、sacaiらしさに触れることが出来ます。  

最後に

サカイの人気の秘密、なんとなくおわかりいただけたでしょうか? デザイナーズブランドはデザイナーの意志が強く表れていて、とても素敵です。 これからの活躍にも期待大。  

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ