絶対に失敗しない美容院での頼み方《男性向け》

Boy.公式

なぜか美容院で切った時、毎回失敗してしまう…

なぜか美容院で切った時、毎回失敗してしまう…

「いっつも美容院に行くたびに後悔する…」

「毎回変な髪型になって恥ずかしい」

「この美容師どうにかしたろうか(殴)!」

という Boy.読者の方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、実際に美容師さんに聞いた実態談も含めて、絶対に失敗しない美容院での頼み方を伝授したいと思います!!

美容院で頼む時、絶対に伝える四大ポイント

よく「おまかせで!」「カッコよくしてください!」など曖昧にオーダーしてしまう人を見ますが、何もかもお任せでは困ってしまいます。

ということで美容師さんに伝えるべき四大ポイントを伝授するので、最低限ここだけは伝えましょう!

①前髪の長さ

前髪の長さが違うだけで、かなり印象が変わるのでここが大切です!!

重めなのか、軽めなのか、流す場合はどちらに流すのかを伝え、 長さは「目にかかるくらい」「まゆげが隠れるくらい」と目と眉毛を基準に伝えると良いでしょう。

前髪を上げたい場合はもちろんその旨も伝えましょう!

前髪の長さ

②耳のかかる髪の長さ

耳が少し隠れるくらいがいいのか、全部出したいのか、それとも全部隠れるくらいのが良いのか伝えましょう。

流行りのツーブロックでお願いするのもいいかもしれません。

③襟足の長さ

「刈り上げてください」

「耳周りと同じ高さにしてください」

などと伝えましょう。
たまに「〇センチ切ってください」とオーダーする人がいますが、仕上がりのイメージがしづらいので、あまりオススメできません。

襟足の長さ

④トップ

ふわっとボリュームを出したいのか、ツンツンに立てたいのか、イメージだけ伝えれば美容師さんが全体のバランスを考えて切ってくれるので安心しましょう。
「セニングしてください」「スライドカットしてください」など専門用語を使ってオーダーする人もいますが、これはあくまでカット用語であってスタイルの名前ではないです。
逆に美容師さんにとってはイメージが湧きづらいので使うのは止めておきましょう◎

トップ

これら4つの部分ポイントを伝えれば、それらを総合したスタイルを美容師さんが提案してくれることでしょう。

その他の注意したい点

芸能人やカットモデルの切り抜きを見せるのも良いかもしれません。
ただし、現在の髪の長さ・輪郭・肌の色・髪の硬さ・もともと入っている髪色、など条件が全て違うので、切り抜きのモデルそのままになることは少ないかもしれません。
「こういう風にしたい」と伝えた上で、現状の自分のスタイルでやったらどんな感じになるか美容師さんに相談してみると良いかもしれません。

また、くせ毛や解消したい悩みも事前に伝えておくとよいでしょう!

その他の注意したい点 出典元 artis-salon.com

美容院での頼み方以外で注意するポイント3つ

続いては、理想の髪型にするために、オーダーの仕方以外で注意したいポイントを3つご紹介します◎

①気合い入りすぎ&手抜きすぎ

美容院に行くからといって、ワックスガチガチに固めていませんか?
また逆に、どうせシャンプーするからといって何も付けていない状態の髪で美容院に行っていませんか?

実はこれ、どちらもアウトなんです。

美容師さんは、「お客さんは普段のスタイリングをどうやってしているのか、またどういう服装をするのか」という点からもヘアースタイルを提案しています。
なのでいつも通りの髪型・服装で行かないと、帰ってから「あれ、何故か似合わない…」となってしまうかもしれません。

「いつも通りに来て頂くのが一番!」(美容師さんの実態談より)

②ハイネックや、フードの付いた服など、首の隠れる服を着て来店する

これもカットの際に美容師さんが困ってしまうでしょう。
シャンプーをする際もフードなどがあると邪魔だし、カットもしづらいです。そのせいでカットが甘くなってもそれは自分の責任かもしれません。
なるべく相手のことを考えた服装で行きましょう◎

ハイネックや、フードの付いた服など、首の隠れる服を着て来店する 出典元 rakuten.jp

③美容師さんに対しての態度が雑、礼儀がない

そこのあなた、もしかして美容院で横柄な態度をとっていませんか?

髪型が上手くキマらないのは、そのせいかもしれません…。
もちろんプロなのでそんなことがあってはいけませんが、美容師さんも人間。礼儀正しい人には丁寧に応対してあげたくなります。(美容師さんの実態談より)
気持ちよく仕事をさせてあげるのも、クオリティをあげるポイントかもしれません。

美容師さんに対しての態度が雑、礼儀がない

美容院での頼み方ではなく、美容師を変えてみる!

次に、オーダーの仕方ではなく、自分を担当する美容師さんを変えるという方法も検討してみましょう◎

①自分の担当の美容師のランクを上げる

店によって異なることもありますが基本的にはこのようにスタイリストのランクが分かれていて、上のランクの人ほど料金は高くなります。(アシスタントはカットは行わないです)

①オーナー

②ディレクター

③トップスタイリスト

④スタイリスト

⑤アシスタント

もちろんその分実力や人気があるので、もしどうしても思い通りの髪型にならない、、という人は上のランクの美容師さんを指名してみると良いかも◎

自分の担当の美容師のランクを上げる

②美容師だけでなく、お店自体を変えてみる

美容師だけでなく、お店自体を変えてみるというのも手です!
お店によって教えているカットの方法が違うので(基本は同じですが)、どんなオーダーをしてもめちゃくちゃツンツンになるお店や、逆にマッシュ風のスタイルが得意なお店もあります。

色々なお店を試してみて、自分と感覚が合うお店を探すのもアリです◎
また、ホームページを見ると、クールな雰囲気だったり、楽しげな雰囲気だったりして印象が違うと思うので、それを参考にしてみても良いかもしれません!

美容師だけでなく、お店自体を変えてみる 出典元 hairmakeorganic.com

早速、美容院で実践しよう◎

以上のことを実践してみると、見違えるほど満足して帰ってこれるかもしれません。ただし、美容師さんも人間。カットを間違えてしまうこともあります。

でも、美容師の人は口が裂けても「間違えました」とは言えないので必ず「カッコイイですね〜☆」と言うようにしているらしいです。(美容師さんの実態談より)

ですが、そんな事が起きるのは稀なこと。正しくオーダーして最高な自分のヘアスタイルを手に入れましょう。

早速、美容院で実践しよう◎ 出典元 beauty-box.jp

こちらの記事もおすすめ

タグ一覧へ