出会いに悩むオタク必読!オタク彼氏との出会いを振り返る

著者画像
Sara

"本当にあったオタクの出会い”を解説!
「出会いがない」「出会いたいけどどうしたらいいかわからない」というオタクたちのために、新人ライターSaraちゃんが実体験に基づいた恋愛指南!
もう「出会いがない」なんて言えなくなる。
女性目線の恋愛シリーズ『オタク君を好きになった。』Vol2スタート!

オタク君と出会った場所

部屋でリラックスしてパソコンを操作する女性

わたしの彼氏はオタクなのだけれど、出会いはTwitter

似た趣味があったわたしたちは相互フォローをしている関係で、お互いのツイートに”いいね!”したり、まれにアニメの感想などを軽くリプしあうくらいの距離感だった。

なにがきっかけで距離が縮まったかと言うと、お互い隣の県に住んでいるのがわかったこと。

そのときは、”えー!近くだったんですね 笑”くらいのやりとりだったのだけれど、数日後にオタク君からDMがきた。

DMは初めてだったから驚いて見てみると、会ってみませんかという内容!

オタク君は友だちと、わたしがいる県に遊びに行くことになったが、途中別行動が決まったからお茶でもどうですか?ということだった。

Twitterでは、少しだけれど言葉は交わしていたし、わたしは承諾。

それでも、SNSで知り合った人とリアルで会うなんて初めてで、不安はあったから人通りの多い駅チカのカフェを指定した。

当日わたしたちは、お互いを見つけるためいに”〇〇の前に立ってる”とか”赤いスカートを履いてるー”といった感じでやりとりして待ち合わせに成功。

その日はカフェで楽しくおしゃべりして、またねー!なんて言いながら帰宅した。

なぜ出会いにつながったのか

大きな鉛筆を持った女性がチェクリストの前に立っている

さて、今回のわたしとオタク君の例がなぜ出会いにつながったのかわかるかな?

ポイントを抑えて、今回は大きく3つに分けたよ。

・趣味や好きなものを知っていた
・コミュニケーションを取っていた
・単純明快なお誘いだった

順番に解説していくね!

出会いにつながった理由①趣味や好きなものを知っていた

ソファに座って本を読む男性

Vol.1でもお話したけど、相手の趣味や好きなものは早く知っておくに越したことはない。

会話の種になるし、どんな人なのかを知るヒントにもなる!

わたしとオタク君はTwitterで相互フォローしていたのだけれど、相互フォローになった理由も、好きなものが似ていたから。

それくらいの相手なら、君たちにもすでにいるんじゃないかな?

会話が成り立つかわからないと不安だけれど、会話の種がすでにあったら安心だよね。

出会いにつながった理由②コミュニケーションを取っていた

メッセージのやりとりがスマートフォンの画面に映っている

会う前からコミュニケーションを取っていたことは大きい。

わたしとオタク君の場合は、ツイートに対するリプ。

好きなものに関するツイートに共感のリプがもらえるのは、知らない人でも嬉しい。

会ったことのない画面の向こう側の人に対して、どんな接し方をするのか、人間性までわかっちゃう!

出会いにつながった理由③単純明快なお誘いだった

座ってパソコンに向かってグッドポーズをする女性

初めて誘う女の子には、”単純に、はっきりと、敬語で”がポイント!

様子を伺うような回りくどい言い方は逆効果だから覚えておいて。

いくらコミュニケーションを取ったことがある相手でも、お誘いのときは敬語で。

例えば、映画に誘おうと思ったとき。

悪い例だと

友だちと映画に行く予定だったんだけど、都合が合わなくなったからチケット余ってるんだよね 笑
一緒に行ってくれる人探してるんだけど行かない?

といった感じ。

チケットが余ったのが本当だとしても、きっかけのための作り話だとしても、これでは成功確率は低くなる。

余ってるチケットとか、行く人探してるとか、わたしじゃなくてもよくない?って思われちゃうよ。

だから

映画のチケットがあるんだけど、よかったら一緒に行きませんか?

これでOK。

スマートで、少しの緊張感が伝わってきてちょっとドキッとするし、あ、いいなって思う。

最後の”一緒に行きませんか”が敬語であることがポイント!

オタクが出会うならTwitterがおすすめ

メガホンをもって拳を突き上げる女性がスマートフォンから飛び出している

ここまで読んでくれた君たちはもう気づいているかもしれないけど、やっぱりオタクが出会うならTwitterがおすすめ。

理由は大きく3つ。

・情報量が多い
・一方的でもアクションが起こせる
・DMが使える

出会いにつながった理由に大きく関係してるの!

オタクの出会いにTwitterをおすすめする理由①情報量が多い

タブレットを見ている男性

Twitterって、アカウントを見るとその人の情報が溢れてるよね。

好きなものはもちろん、食べたものの写真を投稿している人もいるし、その日あったことをつぶやいている人もいる。

自分との共通点を見つけやすいし、日々新しい情報を得られるというのは大きなメリット。

オタクの出会いにTwitterをおすすめする理由②一方的でもアクションが起こせる

パソコンやスマホを持ちながらグッドなアイコンに寄り添う人々

これは”いいね”や”RT”のこと。

急にリプをする勇気はないという人も、”いいね”なら気軽にできるし、自分の存在を伝えることができる。

この、”自分の存在を伝えることができる”というのが大きい。

マッチングアプリでもできるかもしれないけれど、顔で判断されて門前払いなんてことも多いのが事実。

現実ではどうしても見た目の要素が大きいから、まず見た目が良くないと中身を知ってもらうことができない。

新作のプリンが発売されたとして、”美味しそう”なら買ってみるけど、”特に美味しそうに見えない”と、本当はすごく美味しかったとしても買ってもらえない。

美味しいことに気づいてもらえないの。

けれどTwitterなら、先に味見ができる。

君たちのようなオタクにだからこそ、おすすめできるのがTwitterだよ!

オタクの出会いにTwitterをおすすめする理由③DMが使える

部屋でSNSをする女性

リプもしたことないのにDMを送るのは間違いだけれど、フォロワーとして認知されているくらいになると、いざとなったときに使えるよ。

マッチングアプリでは、男性はお金を出さないとメッセージが送れないなんてこともあるみたい。

けれどTwitterのDMなら、お金を出してメッセージを送っても断られるというリスクも避けられる。

ハードルの高い、”連絡先を聞く”という行為を一旦パスできるの!

出会いがないと口に出すのは勝負所だけ

手にハートを持った男女が向かいあっている

どうだったかな?

オタクにとって、女の子と出会うこと自体がハードルの高いことに思えるけど、君たちだからこそできる出会い方もある。

出会いがないと言ってばかりじゃ、口ばかりで行動していないように見えるから、おすすめしない。

いざ口に出すとしても、勝負所まで取っておこう。

「今まで全然出会いがなかったけれど、◯◯ちゃんみたいな子と会えて本当に嬉しい!ありがとう。」って伝えれば、女の子の表情は緩んじゃう。

いつか君たちが言えるように、Saraは応援してるよ!

 

こちらもチェック!

ナンパには目もくれずオタクを好きになった理由

オタクの悪いイメージの原因

この記事を書いた人

アニメとパン、りんごジュースが好き。 ナンパには目もくれず、オタク君と付き合うことを選んだ。

記事一覧

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ