『タックイン』が似合わないは勘違い!悩みを解消する着こなし&コーデ集

シュン

流行りのタックインが似合わない…

出典元 wear.jp/12tsuyumasa17/9424497/

出典元 wear.jp/12tsuyumasa17/9424497/

ここ数年流行っているタックインスタイル。

海外スナップでは昔から見られたこのスタイルですが、メンズノンノが起点となり、日本でも本格的にトレンドの的となりました。

トレンドならば、シティーボーイになりたい系大学生である私たちが取り入れないわけにはいきません。

でもここで1つ思うこと。それは『挑戦してみたいけど、絶対似合わないやつやん、、』というネガティヴな考え。

そうなんです。

タックインスタイルって、一歩間違えるとかなりのダサめコーデになってしまうかも。

しかも流行りとはいえ、女子ウケがいいのかも甚だ疑問。

頑張って挑戦したはいいものの、似合っているかわからない分、自信を持って外を歩けない。なんてことも往々にしてあるでしょう。

そこで今回は、これからタックインコーディネートを取り入れようと考えている方、また、似合わないと思って行動できずにいる方に向けて、メンズのタックインスタイルの「似合わない」を、「似合う」に変える術を伝授します!

タックインの似合わないを作る3つの間違い

まずは、なぜメンズのタックインスタイルが「似合わない」という認識を生み出してしまうのか、3点にまとめて解説します。

間違いその①

自分には似合わないという思い込み

『タックインなんて俺には似合わないよ…。』

そんな風に考えていませんか?

どんなことだって、ものは試しとはよく言われることです。

頑なに似合わないと思っていれば、どんなに良い服を着ていようが背中は丸くなり、服が映えません。

つまりは、自分が見慣れていないから違和感を感じているだけなんです。

そんなあなたは、数日間タックインスタイルに挑戦してみましょう。次第に慣れてきて、やがて普通の感覚になると思います。いきなり友達の前でやるのが怖いという人は、一人で地元のカフェに行く際にでもタックインしてみましょう。

間違いその②

トップスとボトムスの比率が悪い

タックインがおかしく見えてしまうのはそのバランスにあるのかもしれません。

上記の画像では、トップスとボトムスの割合が4:6の、バランスが取れたお手本のようなコーディネートですが、これが腰パンに代表される逆比率になると、ただの足が短い人になります。

タックインスタイルはウエストの位置が丸わかりになるスタイルなので、最大限の注意を払うことがマストです。

間違いその③

合わせない方がいいアイテムを合わせてしまう

松坂桃李さんが着用しているためかなぜかおしゃれに見えますが、、今時のおしゃれを目指すなら、カジュアル感の強めなこちらのようなコーデは避けた方が無難。

つまりはタックインがダサいのではなく、シャツの生地感やサイズ感(特に着丈!)、柄のデザイン性に問題があるんです。

チェックシャツ × デニムはいわゆるオタクコーデなので、それが悪いわけではないですが、一般にこうしたコーディネートは「オタク!」という概念が刷り込まれているので、周りの友人には「あ、そういう感じなのね」と思われてしまうかもしれません。

『タックイン』3つの着こなしのコツとは

これで、タックインスタイルの間違いがわかりました。

では、あなたが挑戦する際にはどのような点がポイントとなるのか、こちらも3点に分けて解説します。

着こなしポイントその①

少しゆるめに。ボトムスはワイドめが気分。

トップスはジャストサイズ、もしくは少しゆるめに。ボトムスはタックが入ってふんわりと広がっていく形がここ数年のトレンドです。

ジャストなサイズ感で着こなすのも1つの着方ですが、トレンドのビッグサイズというキーワードを拾ってあげるのが今季は正解。

なにより、ゆるいって楽なんですよね。笑

着こなしポイントその②

気持ちは少しウエスト高めがいいのかも。

タックインは、ウエストの位置が丸わかりになるスタイルと先ほど述べました。聞いた感じ、短足がバレるじゃんかって意見も聞こえてきそうです。でもこれって、マイナスを逆手に取るチャンスでもあるんですよね。

ウエストがわかるということは、その位置を調整して高めに持ってくれば、足を長く見せることも可能ということ。

ズルいとは思われそうですが、これもテクニックの1つです。4:6の比率でトップスとボトムスを組むことができれば、良さげなシルエットになっていることは間違い無しです。

着こなしポイントその③

シックに、クリーンにまとめるのが取り入れやすい。

今が流行りのクリーン男子。彼らは黒・紺・白・グレーを使うのが常套手段。なんたって、取り入れやすさはピカイチ。

タックインスタイルが難しいと思うなら、まずは、取り入れやすい色に助けてもらいながら着こなしてみるというのはどうでしょうか。

シックに、モードに服が映えるのでタックインが自然に馴染むはず。

ウエストの問題も、トップスとボトムスの上下を同色系で合わせれば、色がぼやけて目立ちません。一石で何鳥なんだろうって感じですね。

 

 

タックインの似合わないは大きな勘違い!

いかがでしたでしょうか。

「似合わない」なんてのは自分が勝手に思い込んでるもの。

自信を持ってタックインを着こなしましょう!

少しでも、あなたのタックインの苦手意識を払拭できれば幸いです。

こちらの記事もおすすめ



気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ