【超主役級!】今注目のTシャツブランド8選

うちのたいよう

酷暑の夏だけどオシャレを「諦めないで!」

夏真っ盛りの、2018年8月。
今年は日本各地で観測記録を塗り替えるような熱波が襲っています。私は、溶けそうです…。
オシャレどころの騒ぎではない人も多いのではないでしょうか?

「夏はできるだけ軽装で外出したい」のが多くの人の意見のはず。そんな時、着るだけでコーデが完成する“主役級Tシャツ”があったら最高ですよね?

そこで、今回紹介するのが1枚でオシャレな“一癖アリ?”のTシャツブランド!それぞれコンセプトの異なるブランドをドドンと8つ紹介します。
他ではあまり紹介されていないブランドを探し抜きました。
気になるTシャツがきっと見つかるはず!

定番ロゴならココ!〈OPENING CEREMONY〉

人気ハイブランドセレクトショップとして、日本でも人気の高い〈OPENING CEREMONY〉。
自社ブランドとして発売している、ボックスロゴデザインのTシャツやトートバッグはストリート好きなら一度は見たことがあるのではないでしょうか?

今年はスタンダードのモノトーンカラーとは別に、水色と赤色カラーリングの夏仕様ロゴTが登場!
定価は11,000円。

爽やかさで差をつける!〈ALOYE〉

出典元 ALOYE

2011年にスタートした、日本のファッションブランド〈ALOYE〉は、ユニセックスの国産カットソーを中心に販売しています。
カラーブロックのデザインが多く、どんなボトムスにも合わせやすいのが魅力です。
ほとんどのTシャツが、定価7,000円〜9,000円で販売中。

ALOYEさん(@aloye.official)がシェアした投稿

2017年には春夏と2回、ドラえもんとのコラボTシャツを発売しました。
こんなオシャレなデザインならキャラクターTシャツも気軽に着れるかも…?
今年の発売も個人的に心待ちにしています!!!

ストリート系プリントT 〈PLEASURES〉

PLEASURESさん(@pleasures)がシェアした投稿

大胆なグラフィックとタイポグラフィがトレードマークの〈PLEASURES〉。
ロサンゼルスのストリートシーンで人気を集め始めており、90年代のストリートカルチャーをコンセプトにしたアイテムが魅力です。
本国アメリカのブランドECサイトからだと約4,000円台から購入可能ですが、zozo townだと6,000円〜8,000円で販売されています。

PLEASURESさん(@pleasures)がシェアした投稿

日本アニメのパロディをデザインに落とし込んだアイテムも販売しており、日本でも徐々に人気を集め始めています。
個人的には、〈PLEASURES〉のアロハシャツもオススメ。
すぐ売り切れてしまう人気商品なので、気になる人はインスタをチェックしてみてくださいね!

独特の抜け感が魅力〈Panic Junkie〉

出典元 Panic Junkie

絶妙な脱力感が愛されている〈Panic Junkie〉。
至ってシンプルですが、「なにそれ?」と話のきっかけになるようなユーモアなデザインを多く取り扱っています。

定価も2,000円台からと、かなりお財布に優しいのも魅力のひとつ。何枚も買ってしまいたくなるほど種類も豊富です!

デザイナーは、数々のブランドとコラボレーションを行なった経験のあるイラストレーター。
多くのキャラクターTシャツもあるので必見です。

ユニセックスのTシャツの他にも、同じデザインで赤ちゃん用の洋服も制作しています。
出産祝い用のプレゼントにしても喜ばれるかも!

和物で決める!〈SOU SOU〉

出典元 SOU・SOU netshop  

伝統的な和服を現代風に再構築した商品を販売する、京都発のブランド〈SOU SOU〉。

その中でもプルオーバーシャツのように着用できるのが、風靡シリーズ。
上の商品はシリーズの中でも“風靡 襯衣(ふうび しんい)”という名前のトップス。襯衣とは、シャツのことを意味します。
プルオーバーの白シャツのようにも着用でき、オーバーサイズなので細身パンツやサルエルパンツとも相性抜群◎
手触りの良い特殊な生地を使っているので、定価は少しお高めの9,612円(税込)から。

http://www.sousou.co.jp/ 出典元 SOU・SOU netshop 

こちらは柄が入ったタイプの“文 風靡(ぶん ふうび)”。 夏らしい絵柄が沢山あるので、お祭りや花火大会など夏のイベントにも重宝しそうです。
定価は10,692円(税込)から。

どちらも少し値は張りますが国内生産で品質はお墨付き! 夏のヘビロテアイテムとして1枚持っておいても良いかもしれません。

サステナビリティに配慮〈For Days〉

For Daysさん(@fordaysfordays)がシェアした投稿

アメリカで誕生した〈For Days〉のTシャツは、至ってシンプルな無地T。
何が特別かと言えば、“サステナビリティ(持続可能性)”に配慮した取り組みにあります。

〈For Days〉が目指すのは「一切廃棄が出ない服」。
システムは簡単!
①購入希望者はメンバーシップに登録し、Tシャツを3枚・6枚・10枚から選んだ複数セットで購入
②使い古したりもう着られなくなったりしたら、捨てずにブランドに返送
③そのTシャツを分解し、リサイクルして作られた新しいTシャツに交換してもらう!

For Daysさん(@fordaysfordays)がシェアした投稿

この循環システムを構築することで、Tシャツ1枚あたり
水500ガロン(約1900L)
二酸化炭素4.3ポンド(約2kg)
廃棄物0.85ポンド(約400g)
も節約できるそうです。

Tシャツ自体もアメリカ産のオーガニックコットンが原料で、染料も環境に配慮された成分が使用されています。

現在のところ10種類のTシャツがラインナップされており、月々12ドルTシャツ3枚のプランから始められるので、かなり経済的です!
デザイン性で主役級Tシャツを決めるのも良いけれど、環境に配慮しているかという社会性で選ぶのもアリかも?

テクノロジーとの融合〈ANREALAGE〉

出典元 ANREALAGE OFFICIAL ONLINE SHOP 出典元 ANREALAGE OFFICIAL ONLINE SHOP | PRISM AZ LOGO TEE SHIRTS

テクノロジーを応用した洋服づくりで話題の〈ANREALAGE〉は、Tシャツにもコレクションのコンセプトを反映した工夫がなされています。

上の画像のTシャツは、「PRISM」をコンセプトにした最新コレクションで発表されました。
ブランドロゴがプリズムのようにデザインされ、真ん中の三角部分には光を受けると見る角度によって赤・青・緑に色が変化する特殊な素材を使用しています。

出典元 ANREALAGE OFFICIAL ONLINE SHOP | PRISM AZ LOGO TEE SHIRTS

癖のあるデザインが魅力の、オールシーズン向けプリントTシャツも販売しています。

ちなみに、このデザインに込められた想いは…
「見えないのではなく、見ようとしていない。 見ようとしていないのではなく、見えると思っていない。 見えると信じ、見ようとする。錯視の手法により、『未来』の文字を認識しづらくした作品。」
とのこと。なるほどわからん。

コレクションで発表されるTシャツは10,000円超の値段がしますが、こちらのプリントTは4,000円台から。
有名ブランドの商品もこの値段なら手が届きますね!

泡みたいに浮き出る!?〈Julian Zigerli〉

出典元 Julian Zigerli

このブランドは個人的に面白かったのでついでにご紹介!笑
〈Julian Zigerli〉は2010年にスイスで誕生したブランド。様々な新進気鋭のアーティストとコラボレーションを行なっており、前衛的な手法でデザインしたコレクションを発表しています。

このTシャツも泡のような?特殊塗料を使ってるので、少し浮き出たデザインになっています。
洗濯どうするんだろう…

ちなみに、制作過程はこんな感じ。本当に職人さんが一つ一つペインティングしているようですね。

定価は、1枚約20,000円。
デザイナーブランドなので高価な商品ですが、不思議で面白いものが好きな人にはオススメしたいです!

欲しいTシャツは見つかりましたか?

かなり癖の強いブランドばかり集めてしまったので、みなさんの参考になっているか心配ですが…、
少しでも気になるTシャツは見つかりましたか?
主張の強い“主役級Tシャツ”は1枚でコーデが決まるので、実はかなりの万能アイテム。
お気に入りを手に入れて、暑い夏もオシャレに乗り切ってください!