【冬はスポーティーな気分!】ジャージとスウェットでオシャレしよう

うちのたいよう

ストリートはスポーツMIXが基本!

近年、ファッション業界は空前のストリートブーム!

元々、ストリートファッションとは「街中で若者たちが来ている流行の服装」を指しているので、実は明確な定義がありません。

そこで、最近のストリートの傾向を見てみると“スポーツMIX”がキテいる印象。

そこで今回は、人気のスポーツウェアブランドのジャージ・スウェットなどを使った着こなしをご紹介。
これを読めば、挑戦しづらかったトレンドスタイルを自分のものにできるはず!

カジュアルに落とし込みやすい!スウェットパンツコーデ

実は、同じスポーティーなアイテムでもジャージとスウェットでは素材が異なります。

まずは、ゆったりとしたシルエットと柔らかな綿素材が魅力のスウェットパンツの着こなしからご紹介しましょう!
(スウェットトップスは既にオシャレアイテムの市民権を得ているので今回はパンツのみの紹介です)

Gジャンと合わせてアメカジ風に

出典元 WEAR

よくあるグレーのスウェットパンツは、Gジャンやチェックシャツなどのアメカジアイテムと相性◎

同じスウェット素材のパーカーを合わせることで、コーデのバランスも取れます。

男らしくアウトドアでスポーティーを極める

出典元 WEAR

スウェットとマウンテンパーカーなど、アクティブに動けるウェア同士を合わせるのも、ハズレがない王道コーデ。

モノトーンでまとめて、小物に柄物を取り入れるのもテクニックとして真似しやすそうですね。

インパクトアイテムで甘辛コーデ

出典元 WEAR

ヘビーアウターのライダースとの組み合わせも意外とハマります。

ゆるいスウェットパンツを合わせることで、ライダースの強さ(いかつさ?)も中和されカジュアルダウン。
白シャツと合わせることで清潔感もプラスされ、好感度の高い都会派なスタイルが完成しました。

ジャージパンツはきれいめに着こなしたい

少し光沢のある素材が特徴のジャージパンツ。
スウェットパンツと一緒に“ジョガーパンツ”と呼ばれたり、“トラックパンツ”と表記されたりすることもあります。

〈adidas〉の三本線が入ったデザインのものが大変人気ですが、実はその特徴的なデザインがきれいめアイテムとの相性抜群なんです!

冬はトレンチで季節感を演出

出典元 WEAR

ちらっと見える三本線パンツは、冬の時期に活躍するロングのトレンチコートなどにぴったりのアクセントアイテム。

リュックサックを使えば、通学コーデとしても応用可能。
トレンチのきれいめな印象で女子ウケも良さそうですね!

ストライプデザインで揃えてみる

出典元 WEAR

シャツと合わせた着こなしで、きれいめな印象が強いスクールボーイ風のVネックセーター。
実はこのアイテム、“チルデンニット”と言ってトラッドファッションに含まれます。

襟元のラインのデザインが特徴ですが、そこをジャージパンツの三本線と合わせてみるのも面白いかも。

わざとシャツをだらしなく出したりして、不良っぽい雰囲気を演出してもオシャレです。

今人気なのは“ジャージトップス”コーデ!

ここまで紹介してきたパンツアイテムは、なんとなく前々から街中でも着ている人を見かけるアイテムでした。

しかし!
今トレンドの波が来ているジャージスウェットアイテムは、断然トップスの方なんです。
ちょっと着こなしに戸惑うみなさんも多いかと思うので、いくつかスタイリング例をご紹介します!

ブルゾンとしての汎用性高し!

出典元 WEAR

出典元 WEAR

実はブルゾンとしてどんなスタイルにもハマるのが、ジャージトップスのオススメポイント!

素材の光沢感からきれいめコーデに合うのはもちろん、カジュアルなゆるめコーデでワイドなチノパンなどとも合わせやすいです。

旬の着こなしは“フーリガン風”に

出典元 WEAR

最近徐々に人気が高まりつつある“フーリガンスタイル”

ヨーロッパのサッカー観戦に集まるサポーターたちのファッションが元になっており、スポーティーなジャージやユニフォームの上からトレンチコートなどのクラシックなアウターを羽織る着こなしが大きな特徴です。

最近、取材を行ったboomer’sのカツオさんも似たような着こなしを披露してくれました。

トレンドなのはもちろん、タートルネックのように首元のレイヤードを楽しめる一面もあります。
少し派手めの色を使い、差し色として取り入れるのも良さそうですね。

スポーティーなアイテムを一箇所プラス

ジャージやスウェットをダル着で着ることはあっても、なかなかオシャレアイテムとして扱うことは今までなかったかもしれません。

でも、大丈夫!
トレンドでも全身ジャージのセットアップにするのではなく“ワンポイント”取り入れるのが基本。

ちょっと勇気を出して、黒スラックスの代わりに黒ジャージなど。
ひとつのアクセントとして日々のコーデにプラスしてみましょう。

Gucciさん(@gucci)がシェアした投稿

ちなみに、有名ブランド〈GUCCI〉でもジャージパンツはスタンダードアイテムとして定着し、大人気の商品になっています。

今ならまだギリギリでトレンドに便乗できるチャンス。
ジャージ・スウェットのスポーティーアイテムで、ファッショニスタへの仲間入りができるかもしれませんね!