付き合いたて年下彼女の敬語が抜けない?女性の心理と距離を縮めるための対処法

Boy.公式

学校や職場の中で、出会って恋愛関係になることってありますよね?年や立場が違えば、学校や職場で敬語を使うのは当然です。しかし、恋人として付き合い始めたものの、彼女は敬語のまま…。そういう事って、ありませんか?そんな彼女との「距離の縮め方がわからない」「彼女の心理がわからない」というあなたに、対処法をお教えしますね。

彼女の心理

彼女の心理

恋人である彼女に、いつまでも「○○さん」とさん付けや敬語で話されたら、距離を感じてしまいますよね。「何か気に障るようなことしたのかな」と不安になります。どうして彼女は、敬語が抜けないのでしょうか?その心理は「今までのあなたの印象が強かった」のです。どういうことか説明すると、元々「先輩と後輩」という関係性だったとすると、気持ちの切り替えが、うまく出来ていないのかも知れません。

また、周りの人には「秘密」という関係性なら、「言葉遣いを変えてしまうと、二人の関係がばれるかも」と恐れを感じているのかも知れません。自分のミスで、あなたに迷惑をかけたくないと思っているのでしょう。その場合、やさしい気持ちからの行動ですから、彼女を責めないでくださいね。さらに、彼女の性格がシャイな場合、単純に照れくさくて上手く出来ないことも考えられます。いずれにしても、付き合う前に敬語で話す期間が長いと、それが習慣になっています。誰でも、新しい習慣に慣れるのは時間がかかりますよね?彼女の敬語が抜けないことも、長い目で見守ってあげましょう。

対処法

対処法

「彼女の敬語が抜けない」を変えるには、まず、あなたの言葉をチェックしましょう。学校や職場と、同じような話し方をしていませんか?あなた言葉使いが、上司や先輩のままだから、彼女も敬語が抜けないのかも知れません。例えば、「これ、面白くない?」」より「これ、めっちゃ面白いよ」と言ったほうが、敬語ではなく、砕けた口調で返しやすいですよね。話す言葉を崩して、彼女に対して優しい彼氏の話し方に変えてみます。さらに、メールなど、二人きりでやり取りする文面上の言葉も、変えてみましょう。
次に、彼女に「敬語じゃなくていいよ」と、自分の気持ちを素直に伝えることも大切です。「敬語だと距離を感じてさみしい」と、言われていやな気持ちになる人はいません。ただし、「どうして出来ないの」など責めるような言い方はダメです。彼女には、彼女なりの考えや事情があるという前提で話をしましょう。彼女の話も、よく聞いてあげてくださいね。そして、彼女に恋人として使う言葉に慣れてもらいましょう。そうすれば、彼女の敬語も抜けてくるはずです。

それでもダメなときは

それでもダメなときは

それでも彼女の敬語が抜けないときは、二人でゲームをしましょう。深刻に考えず、遊びでやってみましょう。彼女も、敬語から普通の言葉に変えるタイミングを失っただけかも知れませんよ。まずは、「さん、君」など敬称を付けないことにする、または、お互いに「あだ名」を付けてみるのがオススメです。例えば、ぺこりんとりゅうちぇるなど有名人のカップルもあだ名でお互いを呼び合ってる人達がいますよね。そういう人達ほど仲良く感じますよね?「○○ちゃん」など、呼びやすい方法でいいので試してみましょう。また、1日がハードなら、1時間やってみるなど、彼女の負担にならないようにすることが大切です。また、「学校や職場を離れたら敬語をやめる」など、ルールを決めておくのも良い方法です。さらに、メールでも同じようなゲームが出来ますね。それでもダメなときは、「敬語キャラ」として敬語で話す彼女と、付き合うのを楽しんでみませんか?きっと言葉が、一度崩れてしまったら二度と元には戻らないかも知れません。そうなったら、彼女の敬語はとても貴重なものになるでしょう。

敬語が与える印象

彼女が敬語を使うことで、距離を感じることもあるかも知れません。けれども、「好きなんです」、「行かないでください」など、敬語で言われたら、胸キュンすることもあり、敬語の彼女もかわいいでしょう。二人の距離が近づけば、自然と敬語から親しい言葉に変わってきます。中には、ケンカをしたことで、彼女が敬語からタメ口になったという人も…。焦らずに対処しましょう。

タグ一覧へ