年下彼女の敬語が抜けない。可愛いけど距離感を感じるときに知りたいこと

Boy.公式

年下彼女がずっと敬語なのはなぜ?と思っている男性や、敬語からタメ口に変えてもらえる方法はないかなど女性に言えない悩みがありますよね。ここでは「年下彼女の敬語が抜けない…距離感を感じた時に知りたいこと」を説明していきます。

 

年下彼女が敬語をやめてくれない心理は?

年下彼女と付き合ったけど敬語のままで「距離を感じる…」と思ってる男性は多いですよね?

それと同時に「距離を縮めれない」や「タメ口で話せない」など実はすごく悩んでいる女性も多いです。

ですが、お互い話し合いをしなくて気づかないまま気持ちがすれ違ってしまう可能性もあります。

 

その中で多い心理を並べてみましょう。

 

切り替えるタイミングが分からない

もともと先輩・後輩だったり、上司・部下だと今までの存在が大きくて

理解していてもタイミングが難しいのはすごく分かります。

また、女性は敬語の期間が長いほどタメ口になりにくいです。

なのでタイミングを考えすぎて「変に思われないかな」など不安になる女性もいるようです。

 

一定の距離で居たい

付き合っているけど、「近づきすぎたくない」や「メリハリをつけたい」と

考えていたり、警戒心を持ち深入りしないようにしている女性もいるようです。

昔なにか嫌なことがあったり、近づきすぎて付き合っていた男性と

上手くいかなかった女性などに多い心理かもしれないですね。

 

付き合っていることがバレたくない

職場や同じサークルなどにありえる心理ですね。

もともと職場恋愛が禁止のところだったりすると「バレたくない」という心理が強くなります。

ふたりの時はタメ口で周りに人がいると敬語になる場合はこの理由の女性が多いでしょう。

「オープンに付き合いたい」など2人の意見を話し合ってみると変わっていくかも…。

 

シャイで恥ずかしがり屋

普段から照れ屋でシャイな女性だと、昔から敬語でお話していたのに

急にタメ口に変えることがすごく恥ずかしく感じるようです。

なので無理矢理直すのは難しい心理です。

ですが、4個の理由の中で1番時間が解決してくれます。

 

今までの関係性や性格で敬語になってしまう心理が多いですね。

なので、時間が解決してくれることも多いです。

ただ簡単に直らない場合や、直したくない場合もあるので色々な解決方法を説明していきます。

敬語をやめてもらう解決方法

これから「彼女に敬語をやめてもらう解決方法」を説明していきます。

 

年下彼女の敬語を使っているのにたまにタメ口になる可愛さってすごいですよね。

そういうギャップにドキドキしている男性も多いと思います。

けどずっとタメ口の方が男性は距離が縮まった気がすると思います。

 

けど、「直接的に言うと年下彼女が傷つくのではないか」などを気にしてしまい

「敬語をやめてほしい」という感情を正直に出せていない男性も多いと思います。

そんな時に、簡単にラフに試せる方法をここでは紹介していきます。

 

下の方法を参考にして、考えすぎず無理矢理じゃない程度に試してみましょう。

そうすると、何か一つでも合うものに巡り合いふたりの関係性に進展があると思います。

自分の言葉使いを見直す

気づかない間に男性が気を遣ってお話してしまっていないですか?

もしくは、上司や先輩のように上から言ってるように聞こえてしまう言い方をしてしまってないですか?

女性は敏感なので気づいて意識してしまっているかもしれないです。

 

女性は一つ一つの発言に敏感なので、「これ楽しいね」と男性が言うとそれより丁寧にと思い

「楽しいですね」と返してしまいます。

なので、友達と話すような感じで「めっちゃ楽しいくね??」と言うと女性はそれより丁寧にと思っても

「確かに楽しいね」という返しになり敬語が抜けていきます。

 

そして、上司や先輩のように上から言われると恐怖心が生まれたりする可能性もあります。

男性はいつものように話していても、女性には上からに聞こえているかもしれないです。

少し友達と話すようにするのを意識してみると、また違う雰囲気でお話しできると思います。

 

これを意識して自分から距離を縮めてみましょう。

2人のあだ名をつくる

「○○君」や「○○さん」など堅い呼び方だとタメ口に変えるのは難しいです。

そして呼び方で距離を感じてしまっている可能性もあります。

その距離を縮めるためにあだ名を2人で考えてみましょう。

 

もし呼び捨てのあだ名に女性が抵抗があるようなら、例とし「たくと」という男性なら

「たぁ君」や「たっくん」みたいに「○○君」でも距離が近く聞こえるあだ名にしてみてはいかがでしょうか。

そして、男性もその時に女性のあだ名を考えてあだ名で呼ぶようにすると

女性も呼びやすくなり、距離も縮まりやすくなります。

 

2人で考えている時間も心理的に距離が縮まるようになりますね。

そのあだ名に慣れたきた時には、タメ口で喋れるようになりやすいです。

ですが、恥ずかしがり屋の女性は急にあだ名で呼ぶのが緊張してしまう女性も多いです。

なので無理をせずに、ラインやメールの時だけ文字にしてあだ名を呼ぶようにしてみましょう。

 

その恥ずかしさも愛おしく、可愛く感じてしまいますね。 

敬語は寂しいと話をしてみる

本当に敬語をやめてほしいならしっかり目を見て

「敬語だと距離を感じてなんだか寂しい。敬語をやめてタメ口がいい。」

とストレートにハッキリと気持ちを伝えましょう。

 

年下彼女は「年下だから」と遠慮している可能性が高いです。

 

なのでタメ口で話したいけど「いきなりのタメ口は馴れ馴れしい」「タメ口にして嫌われたらどうしよう」

など不安や心配を抱えてしまっているかもしれないです。

 

なので、直接男性から気持ちを伝えて「絶対に嫌われない」「タメ口がいいんだ」と

確信させてあげて不安を取り除いてあげましょう。

 

ただ女性の心理は「男性のほうが強い」や「男性には勝てない」となっていることが多いので

強制に聞こえるような伝え方は絶対にしてはいけません。すぐに恐怖心や威圧を感じてしまうので要注意です。

LINEから試してみる

「直接顔をみてタメ口で話すのは恥ずかしい」という心理が強い女性が多くて、

直接は無理でも「LINEなら何も気にせずにやりとりができる。」と思っている女性は多いです。

なので、LINEやメールでタメ口を使うところから始めてみましょう。

 

そして男性も絵文字を増やすなど無愛想に見えないようにして

女性が気を遣わずにLINE出来る状態をつくってあげるようにしてみてください。

それだけで一気にLINEの雰囲気は変わっていくと思います。

 

ただ、LINEでタメ口にしようと伝えるときに「LINEでぐらいタメ口にしろ!」と

強く命令口調で言うと威圧感が強く恐怖心がでてしまいます。

女性は、恐怖心を感じると同時に苦痛に感じたりストレスを感じてしまい

「もう一緒に居れない」と思う可能性がすごく高いので注意しましょう。

 

なので、「恥ずかしいと思うから、会っているときは敬語でいいからLINEではタメ口で話してほしい」と

柔らかく自然な雰囲気でしっかり伝えてみましょう。

遠回しに言ってしまうと理解されずに流れてしまうかもしれないので注意しましょう。

「敬語NGゲーム」など遊びから慣れていく

普段から「癖で彼氏に敬語が抜けない」と悩んでいる年下彼女におすすめのゲームです。

デートの移動中や、遊園地の待ち時間などにすると盛り上がるのでいいかもしれないです。

 

普段通りの会話の中で「次敬語を使ったら罰ゲームね。」とゲーム感覚で女性の敬語を減らしていきましょう。

待ち時間だと、付き合いたての「何を話したらいいか分からない」という悩みもなくなります。

なので「付き合いたてのカップルが遊園地に行くと別れやすい」というジンクスも同時に回避できます。

 

後はお家デートなどの人前ではない時だと、罰ゲームに「彼女からキス」や「彼女からギュー」など

付き合いたてのカップルが自分から言いにくいドキドキするようなこともできるのでもっと距離が縮まりますね。

 

ただ、罰ゲームも度が過ぎてしまうと女性が嫌な思いをしてしまい距離が離れてしまうので注意しましょう。

敬語になった/なっていないを細かく指摘しない

ふいに女性が敬語からタメ口になっても「タメ口になったね。」と指摘しないようにしましょう。

指摘されると無意識に「あ、しまった!」と思って失敗した気分になってしまいます。

 

そして、もしかしたら勇気を振り絞っている可能性もあるので気づかないふりが1番です。

そこで指摘すると女性は気にしてしまい「恥ずかしいからもう嫌だ」と思って

これからずっと敬語になってしまう可能性があります。

 

男性は嬉しくて「そのままが良い!」という意味で言っていますが

女性にとっては「ばれてしまった」などの心理になるので注意しましょう。

もしタメ口になっても分かりやすく反応せず心の中で喜びましょう。

 

そうすると、どんどん「タメ口でもなにも言われない」と思いいっぱいタメ口で

お話してくれて距離もどんどん近づいていきますね。

年下彼女の敬語は細かく指摘しないでまってあげて

年下彼女の敬語をやめてタメ口になれない理由は人それぞれあると思います。

そして女性によって直しやすい方法はそれぞれ違います。

なのでバレない程度にさりげなく仕掛けてみましょう。

 

男性からすると「距離をかんじるな…」などあると思いますが、敬語もその女性の個性だったり

男性に対する尊敬からきているかもしれないです。

お互いで気持ちをしっかり話し合って少しずつ歩み寄ってみましょう。

そして、1番は相手の女性のことを考えることが大事なので頭の片隅に置いておきましょう。

 

途中で話し合ったことを女性が出来てなくても指摘しすぎないように注意してください。

注意してしまうことによって、女性は一気に嫌な気持ちになり余計距離が離れてしまい

またしっかり敬語に戻ってしまうかもしれないです。

そうなると、ずっとタメ口に変えてもらうのは難しくなります。

 

そして、可愛い敬語じゃなくちょっと突き放した雰囲気の敬語になってしまい

同時に距離が離れて別れの危機になってしまうかもしれないです。

 

あまり深く考えすぎず、敬語のうちしか味わえない可愛さやドキドキを楽しみながら

気長にゆっくり敬語からタメ口に直して距離を縮めていきましょう。

この記事を書いた人

Boy.の公式アカウント

記事一覧

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ