「もういい」の本当の意味と事態の悪化を防ぐ方法。彼女に「もういい」と言わせないための対処法とは

Boy.公式

彼女に「もういいよ」と言われても、どうすればいいか分からず悩むこともあるのではないでしょうか。そんな時にどんな対応をすればいいのか、事態の悪化を防ぐ方法について紹介していきます。また、別れるつもりがないのに「もういい」という女性の心理や、そう言わせないために知っておきたいことも合わせて説明します。

「もうよくない」のは分かるけど、どうリアクションすればいい?

「もうよくない」のは分かるけど、どうリアクションすればいい?

彼女から「もういいよ」と言われても、「分かった」と言って彼女を一人にするのはよくありません。たとえ彼女が怒っていたとしても、そばに居て欲しいと言うのが女性の心理です。突然に機嫌が悪くなった彼女を見て、気分が悪くなってしまうかもしれませんが、少し冷静になって寄り添ってあげましょう。

また、「どうして欲しかったの?」「何が不満だった?」など、優しく声をかけてあげるのも大切ポイントです。こっちも彼女と一緒になって怒ったり、声を上げたりすると余計に事態が悪化してしまいます。彼女の気持ちを尊重してあげてくださいね。興奮していてなかなか話せないかもしれませんが、慌てずに待ってあげましょう。

そして、彼女は別れるつもりがないのに、「もういいよ」と言って部屋を出て行こうとしたりするかもしれません。そんな時は、ただ抱きしめてあげると彼女の気持ちが落ち着くはずです。この状況では、放っておかれることがとても辛いので、スキンシップを取って安心させてあげることが大切ですよ。

もういいの本当の意味

もういいの本当の意味

彼女が「もういいよ」と言っていても、本当は全くよくありません。女性は自分の気持ちを察してほしいと思っているため、その心理をよく分かってあげることが大切です。機嫌が悪いことを分かって欲しかったり、何かして欲しかったことがあったのにしてくれなかったりした、などその不満を「もういいよ」という言葉で伝えているのでしょう。

また、「もういいよ」と言って、相手の反応を確かめているという可能性も考えられます。自分にどれくらい構ってくれるのか、ちゃんと向き合ってくれるのかというのを見ているのでしょう。「もういいよ」を真に受けると、彼女の怒りがさらにパワーアップしてしまいます。

しかし、本当の意味で「もういいよ」と言っている場合もあります。別れることを真剣に考えていて、何度もやり直そうか考えたけど改善が見られずに、諦めてしまったのかもしれません。最後の「もういいよ」を言わせないためにも、普段から彼女の気持ちを大切にしてあげる必要があるでしょう。

女性が普段の生活に求めること

女性が普段の生活に求めること

普段の生活では、彼女に寂しい思いをさせないことが「もういいよ」と言わせないための対処法になります。彼女が不安な思いにならないように、きちんと連絡を取ったりデートをしていったりしましょう。そして、いつも彼女からデートに誘われているのなら、自分から誘ってみるのも効果的です。

また、女性の心理として、「可愛い」「好きだよ」などということは、言葉で気持ちを伝えてほしいという思いがあります。恥ずかしいなどと考える必要はないので、思ったことはどんどん言うようにしましょう。きっと彼女も喜んで、いつも以上に機嫌がよくなるはずですよ。

また、女性が別れる考えをし始めるのは、お互いの価値観が合わなかったり、大切にしてもらっていないと感じたりする時なので、お互いの気持ちを知るためにも話し合う時間を作るのもいいですね。部屋や落ち着いたカフェなどで、考えを伝えあいましょう。そうすることで、不満も少なくなっていくはずです。

不安を解消して彼女の笑顔を取り戻そう

彼女の感じている不安を解消してあげることで、「もういいよ」という言葉は出なくなるでしょう。女性の心理は、男性からしてみると分からないことがたくさんあるかもしれませんが、彼女を大切に思う気持ちがあれば上手くいくはずです。普段の何気ない行動で、彼女を笑顔にすることが出来ますよ。別れるということがないように、彼女の気持ちの変化に気付いて、寄り添ってあげてくださいね。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ