「ダサい」と言われないためのメンズファッションの基本とは?

なかいで

ファッションの基本さえ知っておけば、「ダサい」なんて言われなくなります!
ファッションセンスは、あまり大切ではありません。俺は絶対にカッコよくなるというハートが、自分を変えてくれます。

また、ちゃんとした理論のあるオシャレメソッドを勉強し、チャレンジと失敗を繰り返してみましょう。その中で愉しめると、あとは勝手にポジティブシンキングになります。
それでは、まず基本をおさえましょう!

メンズファッションは基本を押さえれば簡単!

メンズファッションは基本を押さえれば簡単!

人は見た目じゃない。男は中身で勝負してやろうではありませんか!
そう言いたいのは、やまやまです。しかし現実の若い女性には、見た目で選ぶ人が多いのです。
勝負する前から、イケメンやムードイケメンが勝者になっているなんて、嫌ですよね。
自分がまずやれることは何か。そうだ、ファッションを変えてみようとなるのです。
でも、ファッションはハードルが高い…何から手をつけていいのやら。筆者もそうでした。
メンズファッションは、やってみると簡単です。基本を押さえると、あとは自分の好きなコーデを選べるので、だんだん面白くなってきますよ。

ファッション初心者がはまりやすいケアレスミスや、気にしなくて失敗することがあります。
・自分のフィットサイズを知る
ファッションに興味が無かった人や、気にしてこなかった人は、自分のサイズを知らないかもしれません。
ファッションはサイズが大切で、トップスとボトムスがジャストサイズでないとダサくなります。

・配色の組み合わせを知る
メンズファッションに定番のカラーリングや、ベーシックなカラーがあります。
なんとなく好きな色をチョイスして組み合わせていると、オシャレでなくなります。

・シルエットが大切
ボリュームのあるアウターやパンツは、太っているイメージが出てマイナスです。
逆に利用すると、痩せぎすや太りぎみをカバーしてくれます。

まずはシャツから。サイズ感が大事!

まずはシャツから。サイズ感が大事!

ちょっと贅沢をしてお高めの服を買ってみたけど、なんか合っていない、しっくりこない…そういう事にならないように、こうしておきましょう。
基本的な色やアイテムが良くても、サイズが合っていないのはNG。サイズの良い服は、カラダ全体のシルエットを作ります。
パッと見てイケてない人やウケの悪そうな人は、ワンサイズくらい大きめの服を着ている人が多いです。女の子はそのケースもアリですけど、男性はオーバーサイズでカッコイイこともありません。だらしがない、野暮ったいイメージを抱かせてしまいます。

トップスのサイズ合わせは、まず肩幅から始まります。これが合わないと、袖丈も長短が出てきてアンバランスになります。
その次には、丈が無駄に長くならないようにしましょう。ボトムスのベルトが隠れるくらいでジャストです。

次にパンツ。丈感が大事!

次にパンツ。丈感が大事!

上の記事の続きになります。トップスをキメた後は、いよいよボトムスです。
まず、ウェストのサイズをどのくらいにしておくか。これは昔から「お腹周りに指2本分入るくらい」がジャストと言われています。
ダボダボなボトムスは一時期流行していました。しかし最近は、すっかりくたびれています。ポケット多めのカーゴパンツでも、シルエットの締まったタイプでないとウケません。

裾丈は、シーズンで変わります。夏はくるぶしを出して爽快さをアピール。冬は靴にちょっと被るくらいがオススメです。そもそも冬にくるぶしを出しているのは、寒いでしょう。

最後にジャケット。パンツとの相性が大事!

ジャケットとパンツを別々に揃えることで、トップスとボトムスの差を出せます。
ジャケパンスタイルではベーシックな色の組み合わせが、コーデをキメるキーポイントです。
トップスをちょっと派手な色にして、ボトムスでクールダウンする色が理想です。

タグ一覧へ