Pコートはダサくなる!?上手なコーデメソッド!!

Boy.公式

冬のメンズファッションとして欠かすことのできないおしゃれアイテムといえば、みんな大好きPコートです!しかしPコートは、着こなしを間違えると一気にダサい印象になってしまうリスクも!?そのため上手なコーデメソッドを理解して、モテファッションとして着こなすことが重要です。これさえ読めば、もうダサいなんて言われないはず!

Pコートってどんなコート?

Pコートってどんなコート?

そもそも、Pコートの特徴や歴史を理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。ここでしっかりと把握しておけば、ウンチクとしても語れる日が来るかもしれませんね。

Pコートは15世紀オランダの下級海員の防寒着として誕生し、19世紀末からはイギリス海軍の艦用防寒着として着用されました。「pea」は英語で碇を表します。そのため手袋でも着脱可能なように碇マークの大きなボタンが施されており、撥水性・耐久性・保湿性に優れた厚手のウール生地が採用されているのが特徴です。また、Pコートの大きな襟は、立てることで激しい波音でも指示が聞こえる役割を果たしていました。また、ダブルボタンは片方が破損しても着られ、真冬の甲板で風向きによっても左右どちらが上でも着られる仕組みが由来しています。

日本では左右どちらが上でも着られる利点から、男女共用のオーバーコートとして中高生の制服と一緒に着られることも多く、学生時代から着用している人も多いのではないでしょうか?そのため、大人のおしゃれメンズコーデとしては、少し子供っぽいダサいファッションとして認識されてしまうこともあるようですね。

子供っぽいPコートのコーデ!

子供っぽいPコートのコーデ!

多くの人が学生時代から着ているPコートですが、大人のメンズでもちゃんとおしゃれに着こなしている人もいますよね。それでは、Pコートが子供っぽいコーデに見えてしまうファッションの注意点を見ていきましょう。

まず第一に、Pコートを着る時はコーディネート全体がカジュアルになり過ぎていないかチェックしましょう。Pコートはそれ自体がカジュアルな印象を与えるので、全てのアイテムがカジュアルだと子供っぽくてダサいファッションになってしまうので要注意です。

次に気をつけて欲しいのは、全体のボリューム感とバランスです。そもそもサイズの合っていないPコートを選んでしまうと、それだけで学生のように服に着られてしまっている印象になり子供っぽく見えてしまいます。また、ボトムスのボリュームも気をつけるポイントです。Pコート自体がボリュームのあるコートなので、ダボついたデニムやサルエルパンツなどを下に合わせてしまうと全体的に締まりのない子供っぽいコーデに見えてしまいます。

オトナっぽくモテるコーデ!

オトナっぽくモテるコーデ!

子供っぽくなってしまうダサいコーデが理解できたところで、いよいよ女性からモテるための大人なPコートコーデの秘訣を紹介します。

まず簡単なのが、カジュアルになり過ぎないように大人なアイテムを取り入れて抜け感を出すことです。カジュアルな印象が強いPコートにはシンプルで上品な色のストールやマフラーなどのアイテムを取り入れてアクセントを付けましょう。また、ボトムスを折り返して足首に抜け感を出してあげると一気におしゃれ上手な印象になるのでおすすめですよ。

最大の気をつけるべきポイントは、やはり下に合わせるボトムスです。全体のバランスが取れるようなスキニーデニムなどの細身なシルエットを合わせると、モテファッションに欠かせないVラインが完成してメリハリのある大人な印象になります。また、メンズのPコートカラーとしておすすめなネイビーには、細身のチノパンなどのベージュ色がとてもよく合うのでおすすめのスタイルです。

人気ブランドはこれだ!

ポイントさえおさえれば、Pコートはメンズモテコーデには欠かせないアイテムです。これから購入するのであれば、カジュアルなファッションラインが得意のSHIPSやジャーナルスタンダード、BEAMSなどのブランドがおすすめです。シンプルながら大人カジュアルで上品なアイテムが多いで、Pコートコーデに合わせやすい他のアイテムも豊富です。もう二度と女性にダサいなんて言わせないように、Pコートをかっこよく着こなしましょう!

タグ一覧へ