ダサいセーターが逆にオシャレ!?今どきのダサセーターはこれ!

Boy.公式

お気に入りのダサいセーターやニットをみんなで競う、ダサいセーター世界選手権をご存知ですか?SNSで話題になるなど、欧米発のダサいセーターが世界的に流行しています。
ダサいセーターの起源から今どきのダサいセーターを自分流に着こなす方法まで、ダサいセーターにしっかり詳しくなれる情報をまとめました。

ダサいセーター選手権とは?

ダサいセーター選手権とは?

2017年11月25日にフランス南部で第1回目が開催された「ダサいセーター世界選手権」。英語では「アグリーセーター世界選手権」となっています。
ugly(アグリー)とは、英語の意味としては「醜い」などの意味がありますが、スラング的には見た目の「ダサい」を表す言葉です。つまり、参加者がそれぞれお気に入りのダサい(アグリー)セーターやニットを着て集まり、最もダサいセーターを競うという、なんともユニークな選手権なのです。

カップルでつながっているセーターを着て参加したり、おじいちゃんがダサいセーターをクールに着こなしたり。若い人だけでなく、みんなで集まってダサいセーターを着て楽しい時間をシェアすることが、大きな目的にもなっているようです。
ニュースやSNSでも取り上げられてたちまち大人気に。2018年12月には第2回目も開催され、大きな話題になりました。

ダサいセーター世界選手権は、ダサいセーターが世界的に大きなトレンドとなりつつあることの象徴でもあるのです。

クリスマスのアグリーセーター

クリスマスのアグリーセーター

欧米には、クリスマスにおばあちゃんから手編みのセーターをもらう風習がありました。このセーターの絵柄には、クリスマスモチーフが好まれる傾向にあったため、トナカイやスノーマン、クリスマスリースの柄が大きく入ったセーターが完成することになります。
このセーターは子供心にはなかなか悪趣味(アグリー)に思え、多くの欧米人にとっては、着るのが恥ずかしい困惑の思い出として残ってきました。

欧米では近年、このアグリーセーターが、クリスマス商戦のキャンペーンの目玉となったり、映画で着用され話題になったりと、度々流行を迎えてきました。
アメリカでは、2011年から毎年12月第3週目の金曜日がアグリーセーターの日となり、この頃から年々、再流行の兆しが高まっています。その人気ぶりを表すように、クリスマス商戦の時期には、人気ブランドなどもこぞってアグリーセーターを販売し、人気の商品は売り切れることも。一大ビジネスとして成長しているのです。

こうして手に入れたダサいお気に入りのセーターやニットを着て、みんなでクリスマスパーティをする様子が、SNSにも多数投稿され人気を集めています。2017年からアグリーセーター世界選手権が開催されるなど、ここ数年でアグリーセーターは世界的な流行となっています。

あまりにもダサいセーター!

あまりにもダサいセーター!

アグリーセーターを選ぶ際にもっとも重要視したいのが、いかにダサいかということ。
ダサいセーターやニットほどみんなの注目を集める、最旬トレンドを押さえた人になれます。インパクトのあるダサいセーターはSNS映えとの相性もバッチリとなっています。

日本では、日本語の言葉が入った日本らしいものや、動物のつぶらな表情が大きく入ったもの、お菓子や食べ物のモチーフも人気のようです。
人気ブランドでも多数の新作が出ています。また、有名ショッピングサイトでも、「アグリーセーター」や「ダサいセーター」などのキーワードで検索すると、たくさんのアイテムが見つかります。

ダサいセーターといっても、ネタとして扱うばかりではなく、お気に入りの一着として上手に着こなしている人もたくさん見掛けます。
伊達メガネなど小物を合わせてお洒落に着こなしている人のダサいセーターは、むしろアートのように見えることも。堂々と取り入れることが、クールに着こなすコツですよ!

ダサいセーターはあの有名人も着てる?

ダサいセーターは有名人の間でも流行しています。デッドプールなどで有名なライアン・レイノルズさんがアグリーセーターパーティーでの姿をSNSで披露したり、日本でも、千鳥のノブさんが購入したというダサいセーターがSNSで拡散され話題となりました。

大きな流行の兆しを見せているダサいセーター。お気に入りのダサいセーターやニットを探して、取り入れてみてくださいね。

タグ一覧へ