ダサいジーパンの履き方していませんか?カッコよく履きこなすコツを解説!

Boy.公式

大人気のボトムスといえばジーパン。日本では他にも「デニム」や「ジーンズ」と呼ばれています。ジーパンはどんな服でも合ってしまうので、何を履いても良いと考えていませんか。しかし、ジーパンのサイズや上着の合わせ方でファッションセンスが分かれてしまいます。オシャレな人とダサい人の履き方の違いは何なのかを解説します。

呼び方はジーパン?ジーンズ?デニム?

呼び方はジーパン?ジーンズ?デニム?

そもそもアメリカの労働者の作業着として開発されたジーパンは日本では大きく分けて3つの呼ばれ方をしています。ジーパンとジーンズ、デニムという呼び方がそうです。日本ではどの言葉も同じものを指しますが、これらの言葉のそもそもの意味はそれぞれ違います。

「ジーパン」はジーンズという言葉とパンツという言葉を合わせて作られた和製英語で、「ジーンズ」に関しては英語なので海外でも通じる言葉です。「デニム」は生地の種類を表す単語ですから、本来履物としての形態を指す言葉ではありません。ですが、「デニム」は日本のファッション用語として、デニム生地を使った履物を指す言葉になりました。

では、どの呼び方が正しいのかというと、これは時代や流行によって変化していくとしか言えません。ファッション雑誌のアンケート等を見てもどの呼び方を用いているか、その割合は常に変化しています。特に「ジーンズ」という呼び方と「デニム」という呼び方に関しては割合が常に変化しています。ただし、日本国内では一般的に「ジーパン」が一般的に浸透している呼び方だと言えるでしょう。

フォーマルに履きこなすコツ

フォーマルに履きこなすコツ

出勤するときは絶対にスーツでなければいけないという厳しい規則がなければ、出勤時にジーパンを履いていくことも可能でしょう。ただし、職場に行く際はあまり着崩しすぎないように注意した方が無難です。

職場でもジーパンをフォーマルに着こなすためには清潔感が大事になってきます。そのために注意すべきことは2点あり、どのようなジーパンを選ぶかという点とどのような上着と合わせるかという点です。フォーマルに着こなすのであれば、上着はジャケットかベストが定番です。これに自身のサイズに合ったジーパンを合わせれば、ちょっとしたパーティにも参加できるフォーマルな着こなしになるでしょう。

気を付けなければならないのは、出来るだけダメージの多いジーパンやサイズの合っていない大きめサイズのジーパンは避けるべきということです。これらのジーパンでも清潔感のあるフォーマルな着こなしをすることは出来ますが、少し上級者の着こなし方法が必要になるため、難易度が上がります。

カジュアルに履きこなすコツ

カジュアルに履きこなすコツ

ジーパンが最も活躍するのはカジュアルな場面です。しかし、いくらカジュアルであってもだらしなく着てしまっては清潔感がなく、ダサい履き方になってしまいます。時代や流行の影響も大きく、かなりタイトなジーパンが流行るときもあれば、太くて大きなサイズのジーパンが好まれる時代もあります。また、裾が広がったシルエットが流行する時代もあるのです。

しかし、時代や流行を超えて人々に好まれる王道の履き方はジャストフィットするサイズのストレートシルエットのジーパンです。自身の体にフィットしたジーパンであれば、上着にパーカーを着ようがTシャツを着ようが何をしても格好良く着こなすことが出来ます。ジーパンはどのような服にでも合わせられるのでジージャンを合わせてアメカジ風にもできますし、ライダースジャケットでタフな男のイメージを演出するということも可能です。

ジーパンの履き方ひとつで若々しくなったり、大人っぽくもなります。色々なコーディネイトが出来るのでジーパンをカジュアルに着こなし、オシャレを楽しみましょう。

サイズ感がとても重要

ジーパンの選び方で一番重要な要素は、自身にジャストフィットしたサイズを選ぶということです。ここにオシャレな人とダサい人との決定的な違いが出ると言っても過言ではありません。ジーパンにもカラーやシルエットなど選択肢がたくさんあり、混乱してしまう場合もあるでしょう。しかし、サイズ感が合っていればどのようなシチュエーションにも対応できます。自身に合ったサイズのジーパンを選び、着こなしを楽しみましょう。

タグ一覧へ