スノーボード経験者に聞いてみた!ダサいと言われないためのウェアの選び方は?

Boy.公式

ウィンタースポーツとして人気が高いスノーボード。斜面を颯爽と滑り抜ける姿は、普段の姿よりもかっこよく見えてしまうものです。スノボにはボードやウェアなどが必要なのですが、選び方によってはダサいと思われてしまうかもしれません。これから春スキーに行く方も多いはず。でもそのまえにウェアを選びなおしてみては?

まだまだスノボのシーズン!

まだまだスノボのシーズン!

冬と言えば、スノボに行く方も多いのではないでしょうか。雪山を颯爽と滑り降りる姿はカッコよく見えますし、その疾走感を味わうために滑りに行く人も多く、若い世代を中心に人気が高いスポーツでもあります。

春が近づく3月もまだまだスノボのシーズンです。冬の間に練習した成果が現れるのもこの時期で、自分が思い描く通りに滑ることができると最高の達成感を味わうことができます。もっと暖かくなれば来シーズンまで滑れなくなってしまうので、まだ雪があるこの時期に楽しんでおくのがおすすめですよ。

スノボの魅力は、複数人で一緒に楽しめることにもあります。移動中からみんなでワイワイと盛り上がって楽しめるだけでなく、スノボの上達や面白さを共有することもできます。スノボを通して培った友情は、一生ものになるかもしれません。また、異性もいるグループでスノボに行くのであれば、そのグループ内で恋愛に発展する可能性もあります。だからこそ、ウェアもこだわって選びたいですよね。

ウェアってどうやって選ぶのが正解?

ウェアってどうやって選ぶのが正解?

ウェアを選ぶときにまず大切なポイントとして、防水性や透湿性、保温性や撥水性などの機能がしっかりしているかどうかを確認しましょう。スノボを快適に楽しむためにも安ければ何でもいいわけでなく、購入前に機能面の確認をしておくと安心です。

また、色で選ぶのもおすすめです。スノボのウェアは普段来ている服の色合いとは違い、多少派手なものが好まれます。真っ白な雪の上で着るので、色合いも鮮やかな方がウェアが映えて綺麗です。万が一遭難してしまったときでも寒色系のウェアだと発見しにくいですから、安全面でも明るくて目立つ色の方が良いでしょう。

最後に大切なのは、やはりサイズ感です。自分が普段着ている服のサイズと同じサイズを選ぶようにしましょう。ウェアの中にたくさん着込むからといって大きめを購入したら、丈が合わなくて危ない目に遭ったということもあり得ます。逆に小さめでは体にフィットしすぎて動きづらくなることもあります。購入前に試着してサイズを確認しておきましょう。

ダサいと言われないコーデのポイント

ダサいと言われないコーデのポイント

スノボをするのであれば、ダサいと思われるようなコーデは避けたいですよね。特に友達同士何人かでスノボを楽しむのであれば、ウェアのコーデはとても大切です。各メーカーから様々なデザインのウェアが売られているので、かっこいいコーデでスノボを楽しみましょう。

基本的に普段の服装よりも派手なウェアを選ぶのがおすすめです。あまりにも地味な色合いやデザインは好まれません。かといって上下共に派手なデザインだとバランスが悪くなってしまい、ダサいと思われてしまいます。簡単なのは上下同じブランドのデザインで揃えるか、上のウェアは派手で下は地味な色合いにするなどといったコーデです。チェック柄や迷彩、スタジャン風のウェアを着ている人もゲレンデでは多いです。

最近は、全体的に細身のラインですっきり見せるのが流行っています。タボダボしているとダサいイメージを与えてしまうかもしれないので、細身のシルエットになるウェアを選ぶと良いでしょう。

【まとめ】イケてるウェアで雪遊びを楽しもう!

スノボを思う存分楽しみたいなら、ウェアにもこだわるのがおすすめです。様々なデザインのものがあるのでどれにするか迷いがちですが、ダサいと言われないようにイケてるウェアを選びたいものですね。もちろんウェアの機能面も大切ですが、スノボで滑る姿がよりかっこよく見えるようにデザインやコーデにもこだわって選び直してみてはいかがでしょうか。

タグ一覧へ