こんなソファーはダサいかも?ソファー選びのポイントは?

Boy.公式

ソファーはインテリアとしても家具としても使い勝手が良いため、リビングなどに置いている人や置きたいと考えている人は少なくないでしょう。ただ、ソファーの選び方って難しいですよね?でもちょっとしたコツでコーデ上手になれちゃうんです!ソファー選びのポイントやダサいソファーの共通点を抑えて、部屋をおしゃれに変えてみましょう。

インテリアの主役、ソファー!

インテリアの主役、ソファー!

ソファーはインテリア家具の一つであり、インテリアの主役としてリビングの印象を大きく変える存在です。そんなソファーがインテリアの主役とされている理由にはいくつか挙げられ、その一つが存在感の強さです。ソファーはインテリア家具の中でもサイズが大きく、リビングに設置するだけで目立つ存在です。そのため、インテリアとしての存在感やインパクトの強さが主役と呼ばれるポイントになっています。

また、デザインテイストが多彩である点もインテリアの主役と言われる所以です。どのようなコーディネートの部屋にもそれに見合ったデザインのソファーを置けますし、部屋のコーディネートの印象を大きく左右します。

他にも、インテリアとしてだけではなく家具としても優秀な点が挙げられ、単純に椅子として座るだけでなく、ベッドのように横になって体を休めることもできますよね。このような点から、ソファーはインテリアの主役として重要な存在だと言えます。

ダサいソファーの共通点とは?

ダサいソファーの共通点とは?

一般的に、ソファーはインテリアとしておしゃれなイメージがありますが、設置してみたらなぜかダサくなってしまうソファーってありますよね。そんな一見するとオシャレなのに、なぜかダサいソファーにはいくつかの共通点があると言われています。

例えば、部屋のコーディネートとマッチしていないデザインや違うテイストのソファーはダサいと言われる大きな理由です。部屋の雰囲気がクラシックなのにリゾートチックなソファーを置いても、コーディネートがマッチしないためソファーだけが浮いてしまいます。このように部屋のコーディネートとマッチしないソファーは単体であればおしゃれでも、部屋に置くと一気にダサくなってしまいます。

また、部屋の広さに対して大きすぎる、または小さすぎるソファーもダサく見える要因です。特に狭い部屋の中に大きなソファーを置いてしまうとダサいだけではなく邪魔になりますし、ごちゃごちゃしている印象になってしまうため、よりダサく見えてしまいがちです。小さすぎる場合は折角のソファーの存在感がなくなってしまうため、部屋のコーディネートやテーマによってはダサくなりやすくなります。

ソファー選びにもポイントがある!

ソファー選びにもポイントがある!

ソファー選びのポイントにはいくつかありますが、まず考えておきたいのが部屋のテイストと合わせるということです。おしゃれなソファーは部屋のコーディネートとマッチしているかがとても重要になるため、どのような部屋にしたいのかを考え、それに合ったソファーを探すことが大切です。

また、ソファーの種類や形、張地も選び方のポイントの一つです。ソファーは一言で言ってもその種類や形が多種多様で、種類に関してはおよそ8種類あるとされています。その中から自分の部屋のイメージに合うものを探したり、用途に合わせて選んでみると自然とおしゃれなソファーを見つけやすくなります。ただ部屋のテイストによっては合うソファーの種類や形が限定される可能性がありますし、張地も種類によって限定されていることもあるようです。

他にもソファーを何人で使用するのかという点も、ソファー選びをする上で大切なポイントです。ソファーには1人掛けから複数人が同時に使用できるものもあり、それによってサイズや形が異なります。また、座面だけではなく奥行きも異なってくるので、利用する人数に合わせて選ぶことも必要です。

ソファーを上手く使って一気にコーデ上手に!

ソファーはただ置けばおしゃれになるわけではなく、部屋のテイストや他のインテリアとのコーディネートと合わせることでおしゃれに演出することができるインテリアの主役的存在です。そのため、何も考えずに選んでしまうとダサくなってしまう可能性があるため、ソファー選びのポイントやちょっとしたコツを押さえて一気にコーデ上手になりましょう。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ