ダサいと思っていたニット帽の原因はデザインではなくかぶり方だった

Boy.公式

何度かぶっても似合わないニット帽。デザインがダサいからだと思っていたら本当の原因はかぶり方にあるようです。ニット帽は防寒対策はもちろん、自分をオシャレに演出できるファッションアイテムです。着用する際は合わせるトップスやパンツを意識することも大切になります。今回はニット帽を着用する時の注意点について解説していきます。

ダサいニット帽のデザインや色は?

ダサいニット帽のデザインや色は?

ニット帽のデザインやカラーは多種多様なものがありますが、同じデザインやカラーの物を選んでもかぶる人によって印象が大きく変わることがあります。そのため、それぞれのカラーやデザインが与える印象について、しっかりと理解することが選ぶ上で重要です。

まず、最初に意識したいポイントの一つがデザインです。一口にニット帽のデザインと言ってもいくつかの種類があり、中でもファッションとのコーディネートが難しいと言われているのが先端がとがっているタイプです。このデザインは縦に長いデザインになっていることが多く、面長の男性が着用するとより長さが強調されてしまいますので注意が必要です。また、このタイプを顔が大きい人がかぶると、縦横共に長く見えてダサくなってしまいます。

デザインだけでなく、カラーにも気をつけたいものです。ニット帽はかぶることでクールさを演出するファッションアイテムですから、赤や黄色のような子供っぽい印象を与えるものは避けた方が良いでしょう。

ダサいニット帽のかぶり方は?

ダサいニット帽のかぶり方は?

被り方次第で印象が大きく変わるのがニット帽の特徴です。ニット帽を着用した時に周囲にダサい印象をを与えてしまうかぶり方として、前髪の露出があります。これは性別や顔のタイプに関わらず全ての人に共通することですが、かぶる時は前髪を見せないのが基本です。前髪を見せてしまうとニット帽ならではの魅力であるクールさが失われてしまいます。

かぶる深さもダサく見えてしまう原因の一つです。ニット帽は大きく深くかぶるタイプと浅くかぶるタイプの2種類があります。この違いを知らず、浅くかぶるタイプなのに深くかぶってしまうミスをする初心者は少なくありません。浅くかぶると顔が大きな印象を与えてしまい、深くかぶると面長の印象になるのでこの点を意識することは大切です。

その他、初心者がやりがちなのが深過ぎて眉毛が隠れてしまうかぶり方です。これはダサい上に周囲に威圧感を与えてしまいますから、前髪は隠して眉毛は出すという2点を抑えておきましょう。

ニット帽の似合わない顔や髪型は?

ニット帽の似合わない顔や髪型は?

ニット帽をかぶる上で意識すべきポイントの一つに髪型があります。髪にまとまりがなかったり、広がっていると見た目の印象が悪くなってしまうので注意が必要です。帽子の種類によって若干の違いがあるとはいえ、基本的にニット帽は気軽に着脱ができるすっきりした髪型が似合うと言われています。

このことからもわかるように、長髪は着用によってせっかくのスタイリングが崩れてしまう上に印象が薄れてしまうので、ニット帽には適しているとは言えません。髪が長い状態でかぶるのであればヘアゴムなどでまとめたり、深くかぶるタイプを選ぶことが最適と言えます。

髪型と共に気をつけなくてはいけないのが顔の形です。男性の顔は丸顔や卵型など人によって異なりますが、ニット帽に合わないと言われているのが面長の形です。面長の人がニット帽を着用すると顔の長さに対する印象が強くなり過ぎて、帽子も縦に伸びて不恰好に見えてしまうのは否めません。その場合は深くかぶって縦の比率を和らげるのがポイントになります。

まずはオシャレなかぶり方の真似から始めよう

ニット帽はかぶり方一つでカッコ良く見せることもできれば、ダサい印象を与えてしまうこともあります。オシャレに自信がなかったり、帽子にかぶり慣れていない初心者にとって、何の知識もない状態で自分に合うかぶり方を見つけるのは大変な作業です。そのため、まずは雑誌や街中を歩いているオシャレな人のかぶり方を取り入れながら、自分なりのコーデを見つけていくと良いでしょう。

タグ一覧へ