坊主は本当にダサいのか!?伸びかけの髪のヘアアレンジにだけは気を付けろ!

Boy.公式

坊主も自分の顔立ちや頭の形に似合うものを探したり、生え際や毛先を綺麗に整えることでダサい坊主からおしゃれ坊主に変身させることができます。また、伸びかけの状態であれば無理に長さを維持するよりも、ヘアアレンジをしておしゃれな印象をアップさせる方が女性から注目されるだけではなく、様々な坊主スタイルを楽しめるでしょう。

おしゃれ坊主とダサい坊主の違いは?

おしゃれ坊主とダサい坊主の違いは?

同じ坊主頭でも、オシャレに見えるものとダサく見えるものがありますよね。そんなおしゃれ坊主とダサい坊主の大きな違いは、生え際や毛先を整えているかどうかです。例えば、生え際や毛先がガタガタしていると清潔感に欠けますし、適当に坊主にしたという印象が強くなりがちです。このようなダサい坊主と比べると、おしゃれ坊主は生え際や毛先を綺麗に整えていることはもちろん、アレンジを加えるなど見られることを意識しています。

他にもおしゃれ坊主は自身の頭の形に合わせた坊主スタイルを意識していますが、ダサい坊主は頭の形などを考慮せずにとりあえず坊主にしているというケースが少なくありません。坊主は頭の形がどうしても出てしまうため、その点を考慮しないとどんなにかっこいいスタイルの坊主もダサく見えてしまうのです。

このようにおしゃれ坊主とダサい坊主の違いは綺麗に整えられて清潔感を感じることができるか、そして自分の頭に合ったスタイルなのかがポイントです。特に清潔感は男らしさと爽やかさを演出するために大切な要素ですから、女性からも高く評価される部分として重要と言えます。

坊主が似合う人の顔立ちと頭の形

坊主が似合う人の顔立ちと頭の形

坊主頭はどのような男性でも似合うというわけではなく、ある程度坊主に似合う顔立ちと頭の形があるとされています。特に頭の形やラインは坊主にすることではっきり強調されるため、頭の形が綺麗でない男性が坊主にすると「似合わない」と評価されてしまうことが多いです。そのため、坊主にするかどうか考えている男性は、自分の顔立ちと頭の形が坊主に合っているのかどうかをしっかり確認しましょう。

坊主が似合う人の顔立ちとして多いのが小顔です。坊主にすると頭部よりも顔の方のインパクトが強くなる傾向があるため、小顔の人が坊主にすることでバランスが取れるようになると言われています。同じように、比較的卵型の顔立ちの人も頭部と顔のバランスが安定しやすいことから坊主が似合いやすいようです。他にも、海外の人が坊主頭にしているとおしゃれな印象がありますが、これは海外の人たちの顔立ちが比較的彫りが深いことが関係していると考えられています。そのため、彫りが深い顔立ちの人も坊主が似合うでしょう。

よく言われているのは、丸みを帯びている綺麗なラインの頭の形が坊主が一番似合うということです。坊主は丸い形の方が綺麗に見えるため、ある程度丸みを帯びた丸型の人が坊主にする方が見栄えも良くなります。

長さ別・坊主のヘアアレンジ方法

長さ別・坊主のヘアアレンジ方法

完全なスキンヘッドにしてしまえばヘアアレンジをする必要はありませんが、伸びかけなどある程度長さが出てくるとそのままではボサボサに見えたり、清潔感を欠いた印象になってしまいます。そのため、伸びかけの坊主はヘアアレンジで清潔感や男らしさを維持すると同時に、坊主だからこそ楽しめるヘアアレンジにチャレンジすることがおすすめです。

5分刈り程度の場合はまだそこまで伸びていないため、ヘアアレンジの幅もやや限定されています。ただ3分刈りや1分刈りと比較すると髪の長さがしっかりわかるので、アレンジする時にはきれいに整えることを意識する必要が出てきます。そんな5分刈りにおすすめのヘアアレンジとしては、ラインを入れることです。ラインは伸び始めた坊主でも手軽にできるヘアアレンジとして芸能人を中心に人気を集めています。また、坊主の状態を維持したい人であれば、海外で人気のフェードカットもおすすめです。

7分刈りになると5分刈りよりもヘアアレンジのバリエーションも増えてくるため、様々なヘアスタイルを楽しめるようになります。ヘアアレンジのポイントはツーブロックと他のヘアスタイルを組み合わせたり、相性の良いアシンメトリーやウルフカットと組み合わせることで、さらに髪の毛が伸びてきてもおしゃれなスタイルを維持することが可能になります。

坊主だってモテたい!ダサい坊主を卒業して自信を付けよう!

以前はダサいと言われていた坊主スタイルも、清潔感と男らしさを印象付けることで女性からモテるおしゃれ坊主に変身させることが可能です。また、どうしてもボサボサになりがちな伸びかけの状態も長さに合わせたヘアアレンジでおしゃれに見せることができます。おしゃれ坊主になるポイントをしっかり押さえて、自信が持てる坊主スタイルを楽しんでみましょう。

タグ一覧へ