沖縄でママ活するなら知りたいこと!ママ活スポット付き

boy-menber-01

ママ活を沖縄で始めてみたいけど、どうすれば良いか分からない人もいるのではないでしょうか?ママ活は、工夫をすれば地方でも始めることができます。今回は沖縄でのママ活の始め方や、おすすめのママ活スポットを紹介します。

ママ活でバイトのようにお小遣いを稼いでいる人が増えています。ですが一方でママ活に興味はあるけど、踏み出せていない人も多くいます。

では沖縄でママ活をするには、どうすればいいのでしょうか?

今回は「沖縄でママ活を始めてみたい」という人向けに、ママ活の相場や注意点などを解説します。またママ活をする具体的な方法や、沖縄のおすすめママ活スポットも紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

沖縄でママ活ならワクワクメールが一番<
ワクワクメール

ママ活を沖縄でするなら

沖縄といえばきれいな海や首里城など、観光地のイメージが強いですよね。そんな沖縄でも、ママ活をしている女性はいるのでしょうか?都心ほど多くはないですが、沖縄でもママ活をしている女性はいます。ここからは、沖縄県でママ活をする相場やコツなどを紹介します。

沖縄のママ活相場

まずは沖縄でママ活をするときの相場について、食事・デート・月契約の種類別に見ていきます。

<沖縄のママ活相場>

食事 ¥4,000円~¥8,000円
デート ¥10,000円~¥20,000円
月契約 月額¥30,000円~¥100,000円

ママ活では、女性からもらう金額が明確に決まっているわけではありません。そのため上の表はあくまでも、目安となります。

食事やデートでは、だいたい1時間から3時間程度過ごし、昼か夜かは相手のママや都合によって変わります。

パパ活よりは相場が低いと言えますが、ママの経済力や相性によっては、上の表よりも高い金額を提示されることもあります。

>ママをワクワクメールで探す

沖縄でママ活するコツ・注意点

1.二人の距離に注意

ママ活をしていく上で、相手との距離感には注意をしましょう。ママ活とは、デートや食事をして相手に楽しんでもらった報酬として、お金を頂くというビジネスです。ママ活の範囲を超えて、肉体関係を持つことはタブーです。

またお互いに、恋愛関係に発展しないよう気をつけましょう。最近ではSNSを使えば、相手の行動や個人情報を知ることができてしまう可能性があります。

恋人のように振舞っていたはずが、恋愛感情を持たれ、ストーカー被害に遭うことも否定できません。また反対に相手のママに対し、特別な感情を抱くことのないよう、自制することが大切です。

2.金銭感覚のズレに注意

ママ活は一般的に、他のアルバイトよりも時間をかけずにお金を稼ぐことができます。ママ活で思っていたより収入が得られると、お金の使い方が大きく変わるかもしれません。

今までは周りと同じように、たまに贅沢をする程度だったのが、ある日突然高価なブランド品を頻繁に買うようになったり、高級なものを食べたりするようになると、周囲から怪しまれるでしょう。

ママ活をしていることが、家族や友人にバレたくないのであれば、ママ活が上手くいっていても、お金の使い方を変えない方が良いでしょう。また一度金銭感覚がずれてしまうと、今までの生活へ戻るのに苦労します。

3.デート場所に注意

ママ活でより楽しい時間を過ごしたいのであれば、デート場所にも注意が必要です。自分のためにも、相手のためにも人が多いデートスポットは避けた方が良いでしょう。お互いの知人に会う確率が下がります。

明らかに年の差がある女性とデートしていると、周囲から見られることもあります。周りの人の目を気にせずに、過ごせる場所を選ぶことがポイントです。

沖縄のママ活する方法

ママ活をする手段はいくつかあります。その中でも、多くの人が利用している方法を紹介します。

ツイッターでママ活

SNSの中でも特に利用者が多いツイッターは、ママ活をする方法にも使えます。ツイッターでママ活をする際には、ハッシュタグをつけると、効率良く行うことができます。

ママ活に関連する言葉にハッシュタグをつけてツイートすると、ママ活をしたい女性の目に留まりやすくなり、ママ活へと繋がります。ツイッターは、費用をかけず手軽に始められるため、とても便利です。

しかしその反面、リスクも伴います。そのリスクは、偽アカウントが使われている可能性があることです。ツイッターは匿名でできるため、ママ活の相手を募集するツイートに反応してくれた人が、成りすましであることがあります。

ツイッターは便利ですが、そのメリットは他の人にもあるため、簡単に偽アカウントが作れてしまいます。ママ活をしたいと真剣に考えている女性が、匿名でできるSNSで相手の男性を探している可能性は、低いと言えます。

逆ナンしてママ活

ママ活だけでなく女性と出会う手段として、ナンパは有効です。実際に会ってから関係を築いていくため、「写真とは違った」「思っていた見た目と違った」となる事態を防げます。

ナンパはできるだけ多くこなすことが成功の秘訣ですが、沖縄に住む女性は比較的ノリが良く、オープンであることが多いです。親しみやすいよう声をかければ、成功する可能性もあるでしょう。

レンタル彼氏でママ活

最近話題になっているのが、レンタル彼女というサービスです。レンタル彼女では、時間によって代金を払う代わりに、彼女をレンタルすることができます。レンタル彼氏は反対に、女性が彼氏をレンタルします。

レンタル彼氏をすれば、ママ活の相手となる女性を探すのも容易に思われます。しかしこのレンタル彼氏をするのにも、ハードルがあります。まずレンタル彼氏をするには、運営している会社に登録する必要があり、面接や登録基準をクリアしなければなりません。

面接では容姿や服装、言葉遣いなど様々な要素がチェックされ、審査に通過するのは難しいです。またレンタル彼氏になれたとしても、指名客をつける必要があり、ママ活をするまでに時間や労力がかかります。

出会い系でママ活

出会い系サイトを使うことで、なるべく時間をかけずにママ活希望の女性を探すことができます。特にママ活に特化した出会い系サイトであれば、数時間で見つけられることもあります。

出会い系サイトでママ活をするのであれば、どのサイトを使うかが重要です。無難な選び方としては、大手の出会い系サイトを探す方法です。小さなサイトより、大手のサイトを選んだ方が、料金トラブルなどに巻き込まれにくいです。

ただ一部の大手出会い系サイトでは、ママ活を禁止している場合があります。会員登録をする前に、利用条件をしっかりチェックしておきましょう。

>ママをワクワクメールで探す

マッチングアプリでママ活

出会い系と似た選択肢の一つとして、マッチングアプリでママ活をする方法があります。インターネットで相手を探す点では出会い系サイトと同じですが、マッチングアプリは相手の探し方が異なります。

出会い系サイトでは、登録をしている人であれば、男女どちらからでもコンタクトを取ることができます。ですがマッチングアプリの場合、ある一定の基準をクリアした男女が、運営側によって結ばれる仕組みとなっています。

どのマッチングアプリを選ぶかは、出会い系サイトと同様、大手の会社が運営するものを選ぶと間違いないでしょう。また女性の登録者数も、チェックすると良いです。女性の数が多いほど、、信頼されている証拠である上に、ママ活の相手となる女性と出会う確率が上がります。

沖縄のママ活スポット

ママ活をする際には、あらかじめデート先を選んでおくと、相手からの印象もアップするでしょう。ママ活をする時にぴったりなデートスポットを紹介します。

ママ活スポット1 沖縄美ら海水族館

Photo  by 沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、沖縄の中でも人気の観光地の一つです。沖縄の海ならではの、生き物に触れ合うことができます。

水族館は薄暗いところも多く、観光客は基本的に魚を見ているため、ママ活をしていても目立ちにくいと言えます。ジンベエザメやマンタは、沖縄美ら海水族館の中でもとくに有名です。

沖縄美ら海水族館の詳細情報

住所
沖縄県国頭郡本部町字石川424
電話番号 0980-48-3748
HP https://churaumi.okinawa/outline/

ママ活スポット2 国際通り

Photo  by 国際通り

沖縄随一の繁華街であり、買い物から食事まで楽しむことができます。デートコースの一つに入れておくことをおすすめします。

国際通りは全長約1.6kmあり、飲食店はもちろん、雑貨屋や古本屋など様々なお店があり、1日いても飽きません。初めて会う女性とでも、会話が盛り上がるでしょう。

国際通りの詳細情報

住所
沖縄県那覇市牧志 周辺
電話番号 098-863-2755
HP https://naha-kokusaidori.okinawa/

ママ活スポット3 美浜アメリカンビレッジ

Photo  by 美浜アメリカンビレッジ

広大な敷地内に、ファッションや雑貨などのおしゃれなお店が揃っている、ショッピングスポットです。夕方から夜にかけての景色はとてもきれいで、インスタ映えすること間違いなしです。

スポット内には観覧車もあり、人の目を気にせずデートをすることが可能です。絶品のハンバーガー店やスイーツを食べるのも、おすすめの過ごし方です。

美浜アメリカンビレッジの詳細情報

住所
沖縄県中頭郡北谷町字美浜16-2
電話番号 098-926-5678
HP https://www.okinawa-americanvillage.com

ママ活スポット4 琉球村

Photo  by 琉球村

琉球村では伝統衣装などを体験することができ、写真を撮ったりしてカップルのように楽しめます。また毎日エイサーショーが開催されるなど、沖縄ならではの文化に触れることができます。

琉球村にはカップルや家族連れなどが多くいるため、ママ活をしていても、目立ちにくいのも嬉しいポイントです。

琉球村の詳細情報

住所 沖縄県国頭郡恩納村山田1130
電話番号 098-965-1234
HP https://www.ryukyumura.co.jp/official/

ママ活スポット5 ビオスの丘

Photo  by ビオスの丘

沖縄の森とランの花が見どころの、自然植物園です。湖水鑑賞船でジャングルクルーズができる点も魅力の一つです。植物はもちろん、小動物を鑑賞したり、水牛車に乗ることも可能です。

自然に触れ合うのが好きな方には、ぴったりのデートスポットです。他のデートスポットではできない体験ができます。

ビオスの丘の詳細情報

住所 沖縄県うるま市石川嘉手苅 961-30
電話番号 098-965-3400
HP https://www.bios-hill.co.jp/

>ママをワクワクメールで探す

沖縄でママ活をした体験談

20代のアルバイトです。あるとき、女性側からこうして食事に行く関係を続けてくれないかという誘いがあり、それがママ活のきっかけとなったのです。


彼女とは週に2回程会って食事をしたり、疑似恋愛みたいなことを楽しむようになりました。会って食事をして楽しい時間を過ごすと、彼女は決まってお小遣いをくれました。

1回に付き数万円でしたが、回数を重ねると結構な金額になります。その頃はアルバイトもやめてしまいました。

ママ活に味をしめると出会い系サイトでままになってくれる人を探すようになりました。

プロフィールに自分の顔と簡単なプロフィールを掲載していると、すぐに年上の女性からのアプローチがあり、何人かプロフィールを見て見繕ってみて、自分にもメリットが有ると感じることが出来る経営者の人と数人会ってみることにしました。

もちろん、はじめにママになってくれた人との関係も並行して継続し、良い関係を維持することに成功しています。

 

21歳の大学生です。ママ活ではできるだけ気持ちとお金に余裕のある40代から50代の女性を選んでいます。

出会いを重ねていくうちに常に3人から4人のママがいる生活が当たり前になってきました。今ではアルバイトをしなくてもママ活だけで生活が成り立つまでになっています。


食事や買い物に一緒に出かけると、報酬と一緒にプレゼントを貰ったり欲しいものを買ってくれたりするので、常に気持ちが満たされています。

お金も自由になるので、たまに同世代の女の子とデートをするときに羽振りよくおごってあげたりすることが出来るのも、ママのおかげです。

ママ活をはじめて良かったと感じることは、金銭的にかなり自由になることができたことにあります。
アルバイトだけではここまでの生活はできなかったでしょう。

自分と食事をしたり、デートをしたりすることでママ達に満足感を与えることが出来ると同時に、自分もママの存在によって精神的にも金銭的にも満たされています。

大学時代にママと出会えたことは大きな収入であり、また、大きな収穫であったと言えます。

沖縄のママ活まとめ

以上、沖縄のママ活について紹介しました。工夫をすれば、沖縄でもママ活を始めることができます。ママ活に興味があるという方は、まず出会い系サイトやマッチングアプリに、登録してみてはいかがでしょうか?

またいざママ活を始めるとなれば、デートスポットなどの下調べは大切です。相手の女性の好みを聞きながら、デートコースを考えてみてくださいね。

>ママをワクワクメールで探す

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。