ママ活の自己紹介文!うまくいくプロフィールの作り方【例文付き】

boy-menber-02
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

ママ活の自己紹介の作り方って悩みません?

プロフィールの例文とあわせて、ママの募集がうまくいく自己紹介文の作り方をお伝えします。

ママ活する女性にたくさんの男性からの連絡がいくもの。そのため、プロフィールは関心をもってもらうために、すごくすごく重要。

ママ活初心者やプロフィールを書くことが苦手な人へ、うまくいくプロフィールの書き方を解説していきます。

ママ活するなら、ラブマッチが一番楽ちん ラブマッチでママ活する

ママ活をするなら自己紹介文が大事


自己紹介やプロフィールにふれる前に、まずは言葉の定義からはじめます。このママ活という言葉は、ママにおもてなしというサービスを提供しその対価として報酬を得る活動を指します。おもてなしには、ショッピングや食事もしくはデートなど多くのサービスが含まれます。

以前から存在する、レンタル彼氏と同様のものと考えると分かりやすいでしょう。対象となるママの年齢層は、ママとなる年齢と同様に幅広いのです。下は20代前半から、上は50代またはそれ以上です。

またママはサービスへの対価を、男性に支払うので比較的裕福な女性が多いことも特徴です。このようなタイプの女性を対象とすることを念頭に置き、自身のプロフィールを書くのです。このプロフィールや自己紹介文は、男性を見る際にはじめにチェックするポイントです。

このプローフィールを疎かにしてしまうと、見つかるはずのママも見つかりません。それほどにプロフィールや、自己紹介文は重要なポイントなのです。いくら重要といわれても、どのあたりが重要なのか伝わらりませんよね。

ここからは、プロフィールや自己紹介文で抑えておくべきポイントを学びます。

ママ活するなら、ラブマッチが一番楽ちん ラブマッチでママ活する

ママ活のプロフィールで抑えたいポイント

まず考えるべきことは、対象となるママが何を男性に求めているのかを事前に把握することです。このママのニーズを見誤っては、ママを惹き付けるプロフィールを書くことはできません。

何事においても言えることですが、まずは相手を知ることからはじめるのです。行動パターンや価値基準、そして好みのことまでを徹底的に調査します。対象となる女性像は、ズバリ大人の女性です。

若い女性とは異なる感覚の部分が数多くありますので、その部分をしっかりとリサーチしていきます。若い女性には通用する言葉であっても、大人の女性には通用しないケースも多々あるのです。求めるものが異なるので、このようなケースはよく目にします。

大人の女性ならではの、チェックすべきポイントを見ていきます。

ママが応援したくなるように夢や目標を記載する


若い女性と出会うためには、身長や体重など外見に関わることや趣味などを一般的な内容を書きます。しかし大人の女性の場合は、他にもアピールすべきポイントがあります。大人の女性は、夢や目標を持ちしっかりと生きようとする男性に心惹かれるものなのです。

この夢や目標に目をむけることが、ママの男性選びの特徴です。夢や目標を書くことで、ママは男性に興味を持ち色々な方法で世話を焼きたくなります。ママの気持ちを、このように男性へ向けることがプロフィール作成のポイントです。

このプロフィールの記載1つで、ママのハートをまずはガッチリと掴みましょう。まずは、どのような目標を掲げるかを決めます。例としては、「医者」「弁護士」「スポーツ選手」などです。

そして次にその目標を達成するために、今は何をしているのかです。医者ならば医学大学で、弁護士であれば大学の法学部で学ぶということになります。スポーツ選手であれば、体育大学などになります。

ほかにも目標達成のために、今取り組んでいることを具体的に書きリアリティを持たせると見た人の理解が早まり効果的です。

お金にガツガツしたプロフィールにしない


次に重要なポイントは、お金への考え方です。そしてなぜママ活を行うかという、はじめる動機です。プロフィールに、「貧乏なので」や「楽して稼ぎたい」というマイナスとなるアピールはもっての外です。

そのようなことを書くと、お金に執着した人と思われてしまいます。このようなプロフィールの男性を、ママはサポートすることはありません。お金は必要だが、前向きな理由から働いているということをアピールするとよいのです。

例としては、「医者を目指しているので、学費のためにアルバイトをがんばっています。」という前向きな記載がベストです。このような男性には、ママのサポートやお小遣いを期待することができます。「あそぶお金が欲しい」などという記載は、完全にNGなので決して書かないようにしましょう。

全てのアピールに言えることですが、ママからの見たときにどのような人に映るかをしっかりと考えた上で記載内容を決定しましょう。気の向くままに、だらだらと書いたプロフィールでは好印象を得ることはほぼ不可能。ただただママをガッカリさせるだけの、残念なプロフィールになってしまいます。

お金に固執しすぎず、将来の夢や目標のためにお金が必要であるという文章にすることがママのハートを掴むきっかけになるのです。サポートや援助をしたくなるような文章を書くこと意識しましょう。

ママ活するなら、ラブマッチが一番楽ちん ラブマッチでママ活する

「遊ぶ人」など軽く見えるような自己紹介文は入れない


あまり硬い文章を書いても好印象を得ることはできませんが、あまりにもゆるすぎる文章でも考えものです。文章からも、その男性がどのような人かを垣間見ることができるからなのです。ゆるすぎれば、適当で軽い人と思われてしまうこともあります。

また軽く見られないためには、常日頃の生活態度や物の考え方をはっきりと示すと良い結果につながります。「日々を気ままに暮らしながら、なんとなくママ活をはじめてみました。」では、なんだか適当で軽いひとかなと思われてしまいます。ママ活をはじめる動機や、いかに真面目に取り組んでいるかを伝えるないようにします。

またママ活では、肉体関係を持つことはありません。しかしプロフィールに、肉体関係ありきとするひとを見かけることがあります。プロフィールで肉体関係に触れること自体、ママが不信感をもつ原因になります。

お金や肉体関係について、露骨に表現することは自分自身の価値を下げる行為と等しい愚かな行為です。遊び人と思われないためにも、このような内容の記載は行わないように十分注意しましょう。

仲良くなりたいアピールで締める


プロフィールの最後には、やはり締めのことばがほしいところです。ママ活のばあいには、締めの言葉にママと仲良くなりたいアピールを入れると好印象プロフィールになります。ただ仲良くなりたいだけでは、今一歩意味が通じません。

ここでは具体的に「同じ時間を共に過ごし、仲良くなりたい」といように、読む人の想像の手助けになる文章にします。分かりやすい文章にすることで、ママもどのようなお付き合いができるかを容易に想像することができるのです。

ママ活するなら、ラブマッチが一番楽ちん ラブマッチでママ活する

 

自己紹介文の例文

今まで解説した、プロフィールのポイント入れた例文を見てみましょう。それぞれ内容のことなる例文を2つ用意しました。プロフィールを書くことに苦手意識のある人は、参考にしてください。

この例文のポイントは、読みやすい文章が基本となっています。あまりにも砕けすぎている文章は避け、簡潔に書くと読みやすい文章になるでしょう。

・自己紹介文 例文 1

一人暮らしの大学生です。登録したばかりで右も左もわからない初心者ですがよろしくお願いします。現在は〇〇になることを目指して、日々勉学に勤しんでいます。そしてその大学の学費のために、学業以外の時間はバイトをしています。学業とバイトの忙しい日々の中に、新しい出会いを求めて登録しました。

一人のためではなくお互いの気付きや成長に繋がる、そのような素敵な関係を築くことができればと考えています。休日の楽しみでもある、美味しいお店巡りや旅行をご一緒できる関係になれたら嬉しいです。共に同じ時間を過ごし、仲良くなりたいと思っています。

もしも気になるようでしたら、お気軽にメッセージ下さい。必ずメッセージには返信します。よろしくお願いします。

・自己紹介文 例文 2

はじめまして。私のプロフィール見て頂き、ありがとうございます。出身は〇〇県で、大学2年生です。

最近はあまり出会いがなく、思い切って登録しました。新たな人との出会いで、多くの発見や経験を通じて成長できる関係が希望です。自分自身は、好奇心旺盛で色々なことにチャレンジしたい活発なタイプです。

趣味は、サッカーやテニスなどのスポーツです。ジョギングで汗を流すこともあります。お互いの趣味や、好きなことを共有し共に楽しい時間をすごすことができれば最高だと思っています。

メッセージから、色々お話したいです。少しでも興味をもって頂けたら、気軽に連絡ください。あなたからのメッセージを、お待ちしております。

プロフィールや自己紹介は、相手があなたを知るために最初にみる所です。ここで相手の人となりを判断するので、慎重かつ丁寧に記載することを心がけましょう。女性に一度でも嫌われてしまうと、リカバリーは非常に困難です。

またこのプロフィールや自己紹介の添削は、誰もおこなってはくれません。ママとの出会いというチャンスを、掴み取るためにも第1の関門となるのがプロフィールや自己紹介なのです。ここで相手からの好感を得ることができれば、ママ活の半分は成功したと言ってもよいでしょう。

楽しいママ活ライフを手に入れるためにも、自身のプロフィールや自己紹介を今一度チェックしてみるのもよいでしょう。

 

本当にママ活できるアプリはこれ!

ママ活アプリNo1.ラブマッチ

ママ活するなら、ラブマッチが一番楽ちん

同じママ活するなら可愛い子がよい!そんな人にオススメのママ活サイトはラブマッチ。

ほかの出会い系に比べて若い子や可愛い子が多いので、Wで美味しいママ活ができちゃうサイトです。迷ったらまずラブマッチでママを募集するのがオススメ

ラブマッチでママ活する

 

ママ活アプリNo2.Jメール

人妻に人気の出会い系アプリがJメール。知られていないのですがママ活でおすすめのアプリです。

掲示板をつかうのが、Jメールでママ募集のコツ。熟女から、若い人妻など様々なので、自分の好みや相性でママ活を進めるのがよいでしょう。

男性の登録も無料なので、まず試してみるのがオススメです。

>>Jメールでママ活する

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ