夜の営みはどれくらい?年代ごとの回数と誘い方付き

boy-menber-01

夜の営みと聞けば夫婦で行うセックスというイメージがありませんか?

年々回数が減ったり、中にはまったくないというレス夫婦、もしくはカップルもいるかもしれません。

自分たちの夜の営みの回数が多いのか、また少ないのか気になった事ありませんか?

実際に周りのみんなはどのくらいの頻度でしているのか気になりますよね。

しかし、「どのくらいでセックスしてる?」なんて周りにはなかなか聞けないものです。

今回は、夜の営みをどのくらいの頻度でしているのか年代別の紹介と誘い方を紹介します。

 

夜の営みって?

夜の営みという言葉をよく使う事もあると思いますが、そもそもなぜ「夜の営み」というのでしょうか?

意味合いとしては、お分かりの方も多いと思いますが夫婦やカップルのセックスの事を言います。

セックスや性行為、Hなど表現する言葉は数多くありますが、どれも少し生々しい感じがありますよね。

そんな生々しくてリアルな言葉をオブラートに包み、表現しやすくした言葉が「夜の営み

」。

セックスは基本的に夜にする事が多いので、イメージしやすく相手に伝わるのが容易なため「夜の営み」と言われるようになったのです。

 

20代同棲カップル・夫婦の夜の営み回数頻度

20代の同棲カップルや夫婦の夜の営みの頻度は、平均すると月に3~4回程度です。

週に1回くらいの頻度で夜の営みをしているようですね。

20代だとまだ付き合いも浅い事が多く、例え結婚していたとしてもまだ新婚という人たちも多いはず。

まだ、レスになったり、マンネリ化する事もないので週に1回くらいのペースで夜の営みをしているのかもしれませんね。

 

30代同棲カップル・夫婦の夜の営み回数頻度

30代になってくると、少し回数は減って月に2回程度になります。

2週間に1回といったペースです。

30代だと結婚している場合も多く、まだ子供が小さく手のかかる時期なので少し生活に余裕がなく、夜の営みをする体力が残っていない事もあります。

子供がいる事で夜の営み自体に集中出来ないなどの理由も。

また、30代の男性は働き盛りの年代です。

仕事に集中しすぎてクタクタになっている事もあります。

男女共に30代は人生の中でも仕事に子育てと忙しい時期なので夜の営みをする余裕がない事が多いので夜の営みの回数も自然と少なくなってしまうのです。

 

40代夫婦の夜の営み回数頻度

40代になると更に回数が減ってしまいます。

月に1回、またはまったくしないという人たちも。

40代だとパートナーとの付き合いも長くなり、異性というよりは家族という感覚に近くなってしまうのが夜の営みの回数が減ってしまう要因のようです。

また、回数が減るのに比例してどんどん夜の営みの誘い方がわからなくってしまうという意見もあります。

一緒にいる時間が長ければ長いほど夜の営みに対して恥じらいが出てきてしまうのかもしれませんね。

 

子持ち夫婦の夜の営み事情

では、子持ち夫婦の夜の営みはどうしているのでしょうか。

先にも話したように子持ちの夫婦の場合、「子供の存在が気になって集中出来ない」や「子育てに疲れすぎてそれどころではない」という意見は多くあります。

また、夜の営みといえば夜に寝室でという方も多いと思いますが、子供がいる場合には隣では出来ないものです。

場所、時間、体力などさまざまな理由から子持ち夫婦の夜の営みの頻度は少なくなってしまう傾向にあります。

しかし、中には子供がいるからこそ夫婦の時間を大切にしてお互いをパパママでなく男女として意識するように夜の営みは定期的にするという夫婦もいます。

いつまでも恋人同士のような夫婦を理想とするなら少しの時間を見つけて夫婦の時間を大

切にして夜の営みも定期的にするのがお勧めです。

 

夜の営みが減ってきたら…

最近、夜の営みが減ってきたなと感じたらどうすればいいのでしょうか?

まずは、最近の自分の身の振り方を思い直してみましょう。

付き合いが長いからとパートナーの前でずっとだらしない姿を見せていませんか?

身だしなみやお洒落に対して手を抜いていませんか?

自分の素の姿を見せられるというのはとても大事な事ではありますが、メリハリは大切です。

時には、きちんとお洒落をして一緒に出掛けた時には手を繋いで出会った頃のようにデートをしましょう。

きっと新鮮な気持ちが戻ってきて自然と夜の営みにも繋がります。

付き合いが長くなってくると、夜の営みも自然と減ってきてしまうのも仕方のない事かもしれません。

週に1回が2週間に1回になり、月1回が2か月に1回になり、気付けば最後にしたのはいつだっけ?とそのままセックスレスになる事も。

夫婦仲が良ければ、決してセックスレスが悪いというわけではありませんが、やはり夜の営みというのは深い意味を持っています。

女性としての意識を高め、お互いに深い愛情を感じる事の出来る行為だからです。

パートナーには常に女性としての綺麗な姿を見せられるように努力する事も大事なのかもしれませんね。

 

マンネリ気味のカップルがおこなっていること

 

夜の営みがマンネリ気味になってしまうと、徐々に夜の営みの回数が減りセックスレスに繋がってしまいます。

セックスレスの定義としては「1か月以上性行為がない状態」だそうです。

意外と期間が短いという印象を受けますが、1か月以上夜の営みがなくなってしまうと次に誘いにくくなるものです。

だからこそ、夜の営みがマンネリ気味になった時には対策が必要になります。

いくつかお勧めの対策を紹介します。

 

場所を変える

いつも同じ場所でしているとどうしてもマンネリ気味になってしまいます。

そんな時には場所を変えるようにしましょう。

久しぶりにラブホテルに行ったり、シティホテルに泊まってみるのがおすすめ。

場所が違うだけで気分もガラッと変わります。

 

色んなことにチャレンジ

いつも誘われる側であれば自分から誘ってみましょう。

急な誘いにパートナーもドキッとするはず。

また、コスプレをしてみたり、時には大人のおもちゃを使うのもマンネリ打破に繋がります。

日頃から夜の営みについて話せる仲でいる事も大事です。

どんな事が好きなのか、どんなものに興味があるのかを知る事が夜の営みのマンネリ化を防ぐ方法の一つになります。

 

セックスの定義にこだわる必要はない

セックスレスはあまりよくないという話もしましたが、セックスの定義にこだわる必要もありません。

夜の営み、所謂セックスさえしていれば円満で仲良くいられるというわけではないのです。

夜の営みとは、パートナーとのスキンシップやコミュニケーションの一つになります。

会話や一緒に生活をする事とは違い、肌が触れ合い相手を身近に感じる事の出来る行為です。

円満でいるためにセックスをしなければ!というよりも一緒に寝る時に同じ布団で寝たり、ハグをしたり、出かけている時には手を繋ぐなど日常生活でスキンシップを取る事も大事なのです。

日頃から相手に触れる事の出来る距離にいる事が大切なのかもしれません。

 

男性受けがよい女子の行動

では、夜の営みがなくならないようなカップルや夫婦でいるにはどうすればいいのでしょうか?

それはいつまでも男性から「女性」として見てもらえるような存在でいる事です。

要するに「男性受けのいい女子」でいる事。

男性受けのいい女性は一体どんな行動をとっているのでしょうか?

 

常に身なりに気を使っている

男性受けのいい女性は、常に綺麗でいる事を心がけています。

それは例えママになっても同じです。

いつも綺麗でいようとする女性は、男性から見ても女らしさを感じる事ができて守ってあげたくなる存在になります。

 

男性をたてる

付き合いが長くなってくると、どうしてもお互い嫌なところばかりが目についてしまいます。

それを周りにいつも愚痴っていては、男性受けはしません。

付き合いが長くても、初対面でも相手を尊敬したてる事が出来るのは男性も嬉しいもの。

相手の嫌なところだけではなく、いいところを見つける事の出来る女性になりたいものですね。

 

素直な気持ちを言う事が出来る

何でも「はい」と聞くだけがいい事とは限りません。

自分の意見を素直に言えるのも女性としては大事な事です。

男性から見ても自分の意見を素直に言うのは「女の子らしい」というより「芯のある女性」という印象を与えます。

夜の営みにおいても相手にされるがままよりも自分の気持ちを素直に言ってくれた方が関係は深まります。

きちんと自分の意見を持ち、素直に話せる事も男性受けの良さに繋がるのです。

 

人との距離感を取るのが上手

相手との距離感の取り方が上手な人は男性受けもいいものです。

相手に近づこうともしないと「嫌がられているのかな?」と思われてしまいます。

逆にベタベタ触って相手のパーソナルエリアに常に入ろうとするのはNGです。

相手が心地いいと感じられる距離感を保つ事の出来る女性は、一緒にいて落ち着くのです。

 

表情豊か

喜怒哀楽の表情が豊かな女性は、魅力的です。

楽しい時には笑い、つらい時には泣き、怒った時には素直に言葉する、などどんな時でも自分の感情を表情で表す事の出来る女性には、自然と人が集まります。

一緒にいる時にニコニコしている人といるのは自分まで幸せな気分になりますよね。

男性に比べて女性は感情表現に優れているので、表情が豊かな女性は男性受けが良くなるのです。

 

夜の営みまとめ

夜の営みは人に話しにくく聞きにくいものです。

しかし、自分たちの夜の営みの回数や内容が普通と比べてどうなのか気になりますよね。

このままでいいのかなど不安になる気持ちもわかりますが、自分たちの夜の営みに何ら不満がなければそれが二人の在り方なのです。

周りと比べる必要はありません。

しかし、今の夜の営みに少しでも不満がある時にはパートナーに自分の気持ちを話すようにしましょうね。

夜の営みはカップルや夫婦にとって大切なコミュニケーションの一つです。

いつまでも出会った頃のような関係でいられるように夜の営みについて素直でいられるようにしましょうね。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。