ママ活でセックスを求められたら...?ママ活でエッチしちゃった体験談付き

axk

大学生や若いフリーターなどが年上の女性とデートすることで報酬を得られるママ活。
女性とデートしておいしい料理や洋服を買ってもらえて報酬がもらえるなんてとても夢のある仕事ですよね。

ママ活を行っている理由として

  • 仕事ばかりしていたので癒しが欲しい
  • 子供がいなくて夫婦関係もうまくいってないので寂しさを埋めてほしい

などといった「寂しさ」や「孤独」を埋めるためママ活を始める女性が多いようです。

また若いころはちやほやされていたので、また女性として見られたいという願望を満たしたいと考える女性もいらっしゃるようです。

ママ活は食事やデートを一緒に楽しむことが大前提ですが、中にはそれ以上のカラダの関係を求めてくる女性もいます。

そこで今回はママ活でセックスを求められたときの対応や、体験談についてご紹介してまいりたいと思います。

ママ活ならワクワクメールが一番<
ワクワクメール

ママ活でセックスを求めらたら..?

ママ活は食事代や洋服代などは女性負担で、食事やデートを楽しむことが大前提です。
しかし中には体の関係を求めてくる女性も少なくありません。

セックスをするつもりじゃなかったのに、いきなり誘われたら戸惑ってしまいますよね・・・。

まずはママ活で女性がセックスを求める理由や求められたときの対処法について調査していきます。

体の関係を求めるママは多い

ママ活をしている女性って、実は体の関係を求めてくる方が7~8割ほどいるんです。

一見「ママ活」と聞くと、若い男性にちやほやしてもらって癒しやときめきをもらうプラトニックなイメージがありますよね。

しかし30代以降の女性は性欲がピークを迎えている方も多く、純粋なデートや食事だけじゃ満足できないと感じてしまうようです。

また冒頭部分でも少し触れましたが、夫婦関係が破たんしていて孤独を埋めたいという理由でママ活を行っている女性は多いです。

孤独や寂しさを埋めてくれる男性をだんだん心の拠り所と感じるようになり、お金だけの関係ではなくそれ以上の関係になりたいと感じてセックスを求めてしまうこともあるようです。

なぜママ活はセックスしたいママが多いのか?

ではなぜママ活中の女性にはセックスをしたい方が多いのでしょうか?

女性が男性と一緒に時間を過ごして報酬を得る「パパ活」では、体の関係は基本的に禁物です。
相互ともの納得の上であれば、セックスをしていることもあるかもしれません。

しかし恋愛感情を持っていない相手と体の関係を持つことに抵抗がある女性が多いため、無理に襲ったりお金を払ってセックスをしたりしてしまうと、強姦や援助交際になってしまいます。

一方ママ活では、「寂しさ」や「女性として見られたい」という欲求がある女性が多いです。
またいくら性欲が溜まっているからといって、あまり自由に女性がセックスしたい!と夫や周りに打ち明けにくいという現状もあります。

そのためママ活中に女性としてみてもらえたり、ときめきを感じてしまったりすると、このままもしかしたらセックスするのかな?と期待してしまう女性が多いようです。

またママ活という軽い関係だからこそ、普段あまり言えない性欲が溜まっていることを相手に伝えられるのかもしれませんね・・・。

ママ活という軽い関係だからこそいつも抱えている寂しさや我慢を打ち明けてしまうみたいです。

ママ活の相場。セックスの有無付き

ではママ活中にセックスを求められたときどのように対処したらいいのでしょうか。

一番に考えていただきたいのは「ママ活の相場」です。

ママ活に興味があるが、まだしたことがない男性ならどれくらいママ活で稼ぐことができるのか気になりますよね。

セックスを求められたときの対処法としてだけでなく、相場を知っておけばママ活の金額交渉にも役に立つのでぜひ参考にしてみてください。

食事のみ(1時間あたり) 3,000円~5,000円
1日デート 20,000円~40,000円
セックスあり 上乗せは援助交際に

ママ活を始める前に金銭面の相談をする場合もありますが、だいたい2時間ほどの食事で約1万円の報酬がでるのが一般的です。

しかしセックスをしたからといって、その分の金額を上乗せして報酬をもらうと援助交際という扱いになってしまいます。
さらに一度体の関係を持ってしまうと、それ以外のデートや食事などでいただいた報酬も売春として扱われかねません。

そのため相手が求めてきているからといっても、セックス分の報酬はもらえませんし、女性が既婚者の場合は背負うリスクが大きくなってしまいます。

ママ活でいくら自分のママ(女性)が体の関係を求めているからといって、セックスをしてしまうのは得策とはいえないようです・・・。

ママ活でセックスしない方がよい理由

ママ活でセックスを求めてくる女性が多いので、これからママ活をしていくなかで体の関係を求められることが出てくるかもしれません。

そこでママ活中にママとセックスをすることで出てくるリスクについてご紹介していきたいと思います。

セックスしてお金をもらうのは売春となり違法

ここまでで何度もお伝えしてきましたが、セックスをしていお金をもらうことは「売春」、「援助交際」にあたるため違法となります。

またその日に体の関係を持ってしまうと、1日分の報酬も「援助交際」としての金銭の授受だと判断されかねません。

TwitterやInstagramなど規制のないSNSでは、悪徳業者だけでなく警察もママ活をしている女性を装っている可能性があります。

セックスをすることを必要以上に求めたり、プロフィールに書かれていたりする場合は要注意です。
警察だった場合は不貞行為とみなされ待ち合わせ場所に行った段階で補導されたケースもあります。

ママ活を続けていくためにも、犯罪にならない境界線は自分でしっかりと意識しておいた方がいいですよ!

お金じゃないブランド人なども危険

「寂しい」という気持ちや「女性として見られたい」という欲求が多い女性との体の関係も要注意です。

女性にはセックスをすることで相手への気持ちが高まってしまう方がとても多いです。
そのため体の関係を一度持ってしまったことで、「もっと私と一緒にいてほしい」と束縛したり、ストーカーに発展してしまうケースもあります。

お金以上に自分の価値を確かめたいと考えている女性と安易に体の関係を持ってしまうと、恐ろしいトラブルの原因にもなりかねないので、ママ活には十分気を付けてくださいね!

旦那さんがいた場合、不倫として賠償請求されることがある

ママ活を行っている女性は既婚者であることが多いです。

ママ活を通して体の関係まで持ってしまうと、不倫として扱われてしまいます。

相手の女性の旦那さんにママ活がばれた場合、体の関係を持っていると完全に不利な状況になり、賠償請求をされる危険性もあります。

せっかくママ活でお金をもらっても、逆に高額な賠償金を支払わなくなってしまっては意味がないですよね・・・。

ママ活を始める前に、相手の女性が結婚しているかどうかも一応把握しておいた方がいいかもしれませんね。

妊娠してしまう…など、そっちのリスクもある

ママ活でセックスをしてしまうと、いくら気を付けていてもママが妊娠してしまう危険性もあります。

もちろん既婚者の場合であれば、相手の旦那さんとのトラブルは避けられません。

未婚女性の場合だったとしても、出産する、しないに関わらずに費用がかかり責任問題にまで発展してしまいます。

避妊をしないのは言語道断ですが、避妊をしていても妊娠の可能性が0になることはほとんどありません。

そのときの軽率な行動が、妊娠などこれからの人生に大きく関わるトラブルに発展することを理解しておきましょう。

また妊娠を装って金銭を要求してくる詐欺もあるようです。
やはり必要以上にセックスを求めてくる女性には要注意ですね。

美人局など詐欺のリスクもある

相手の女性に誘われて、セックスをしてしまったあとに美人局だとわかり、恐喝されてしまったというトラブルも少なくありません。

ママ活の多くが出会い系サイトやマッチングアプリでの出会いなので、悪徳業者や美人局などの詐欺目的の人が混ざっている可能性があるからです。

人通りの多いカフェなどで食事をするだけならそういった詐欺は未然に防ぐことができるかもしれません。
しかし2人きりの密室に行ってしまったり、体の関係を持ったりしてしまうとそういった詐欺に巻き込まれる可能性がありますよ。

美人局をする場合は体の関係をもたなくてもママ活男子をターゲットにするケースが多いようです。

狙われやすいからこそ、なるべく2人きりにならないようにするなど警戒心をしっかり持つことが大切になります。

ママ活でセックスしたトラブル体験談

ママ活でセックスをしてしまったことで、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまった人も多くいます。

そこでママ活でセックスしてしまったあと実際に起こったトラブル体験談をご紹介していきます。

3名の体験談をご紹介しますが、どれもセックスをしてしまったことでトラブルに巻き込まれてしまっていることばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

ママ活でセックスした体験談①ママの束縛化

大学生でバイトもしているけれど、生活に刺激と余裕が欲しいと思ってママ活を始めることに。

マッチングアプリで知り合ったママとは数回食事やデートを重ねたあとに、体の関係を持つことになりました。
それからは会うたびにセックスは必ずするようになりましたね。

しかしセックスをし始めてから、少しずつですが連絡が来る頻度が多くなったんです。
最初は「何してるの?」というようなメッセージだったんですけど、次第に「今日はどうして会えないの?」「ほかの人とママ活しないで」というような束縛をされるようになりました。

しつこかったけどいつもおいしい食事をおごってもらえていたのでやり過ごしていましたが、学校から帰っているときに待ち伏せされてしまい、すぐにそのママと会うのはやめました。

初めてのママ活だったので、深い関係を持ちすぎてしまうとトラブルが起きるんだと早めに気づくことができてよかったなと思います。

これからはあまり深い関係をもたずに、プラトニックな関係をママ活ではつくっていきます!

ママ活でセックスした体験談②美人局にで恐喝に・・・

ママ活やセフレを探すために、普段からマッチングアプリや出会い系サイトを使っていました。

ある日いつものようにママ活してくれる女性を探していると、とても美人なママ(若い女性)と彼女の自宅でという条件で会えることになりました。

ママ活をしていく中で、自分と年が近いママを見つけるとなぜかウキウキしてしまうんですよね・・・。

普通ならこの時点で怪しい・・・と思うのかもしれませんが、日常的にアプリでアポを取っていろいろな女性と会っていたので、警戒心が完全に薄れていたんだとおもいます。

待ち合わせ場所に向かうと、食事に行かずにそのまま自宅へ誘われましたが、写真通りの美女だったので浮かれてしまいすぐに向かうことに。

部屋の扉を開けた瞬間男性の姿が2人見えたのでとっさに逃げたので、なんとか未遂で終わりましたがしっかりとこれからは警戒心を持って見極めていきます。

ママ活でセックスした体験談③旦那から慰謝料請求

少し前にバーで知り合った女性と流れでちょくちょく会うことに。
ご飯をおごってもらったり、たまに洋服や財布を買ってもらったりしていたので、ママ活になりますね!

1年近く会っていたのですが、ラインを相手の旦那さんに見られてしまい慰謝料を請求されてしまいました。

肉体関係がなければ不倫として扱われていなかったので、とても後悔しました・・・。

せっかく他のママとも関係ができて少しずつ報酬がもらえるようになっていたのに、慰謝料の支払いでいっぱいいっぱいなのでできる限り肉体関係は持たない方がいいです。

セックスしないでママ活を楽しもう

セックスをしたことで起こったママ活のトラブルはたくさんあります。

ママ活は体の関係を持たずに食事代などを女性に払っていただいたり、お小遣いをもらったりするものです。

セックスを求められたからといって関係を持ってしまうと、金銭の授受もあるため違法になりかねません。

トラブルを起こさずにお互いが楽しく過ごせるクリーンなママ活ライフを送ってくださいね♩

 

 

本当にママ活できるアプリはこれ!

ママ活アプリNo2.asobo

ママは、新しいアプリを利用するのでなく昔からあるアプリを使っている人がほとんど。

中でもASOBOは、チャットから仲良くなれるのでママ活の成功率がかなり高いです。アプリ自体がチャットに特化していて、複数人でチャットできるだけでなく二人きりでのチャットも可能。

利用者の90%が、二人きりのチャットルームで仲良くなってデートしています。

若いママだけでなく、年齢の重ねたママも利用しているのでママ活を成功させたい方は一度利用してみてはいかがでしょうか?もちろん、登録に料金はかかりません。

>>asoboでママ活する

ママ活アプリNo1.ワクワクメール

同じママ活するなら可愛い子がよい!そんな人にオススメのママ活サイトはワクワクメール。

ほかの出会い系に比べて若い子や可愛い子が多いので、Wで美味しいママ活ができちゃうサイトです。迷ったらまずワクワクメールでママを募集するのがオススメ

>>ワクワクメールでママを探す

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ