ママ活アプリ、シルク!評判のアプリの口コミや料金まとめ

boy-menber-03
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

今回は、ママ活専用のアプリ「シルク(SILK)」を、特徴や口コミを交えてご紹介します。

東京の有名大学の学生しか使えないと評判のママ活アプリ。そんなSILKの中身はどんなアプリなのでしょうか?

ママ活アプリ、シルクが正式にリリース

出典元 SILK(シルク) | 「大人の女性」と「男子大学生」限定マッチングアプリ

 

SILK(シルク)とは、男子大学生と大人の女性をマッチングするためのアプリで、利用にあたってママ活専用と呼ぶべき制限があります。

それは、このアプリを利用する男性は「大学生」でなくてはならない点です。あくまで、「若い」男性と大人の女性が出会うためのアプリであるため、通常のマッチングアプリとは性質が違うものになっています。

もし今大学生でママ活に興味のある方は、このアプリを使用してみてください。大学生でいられる期間は、人生でも限られていますから、一度は挑戦してみるのもいいでしょう。

ここでは、そんなママ活アプリSILKの特徴や口コミについて触れたいと思います。

>>silkでママ活を始める

silkの特徴とおすすめの人

SILKを利用できるおすすめの人というのは、前述したようにズバリ「大学生」です。

SILKは、東京・京都大学をはじめ早稲田・慶応や青学・中央などの大学に通う学生が多く利用しており、高学歴の年下男子と話がしてみたいという年上女性は多いのではないでしょうか。

そして、大学生になったものの同い年の女子との会話が苦手であったり、単に年上の女性に興味があるという男子は一度利用してみるのもいいと思います。

SILKを利用している年上の女性は、年下のかわいい男子を求めているため、あまり女慣れしていなくて少し自信のない男子でも、マッチングしやすい可能性があります。

とはいえ、このアプリは、男性側が大学で使用しているメールアドレスしか登録できないような仕組みになっているため、少し使うことに抵抗を感じる方もいるでしょう。

大学生の男子限定を謳っている以上、年齢をいつわってSILKに登録し、女性と会おうとする男性をを確実に除外するためであり、実際の大学のメールアドレスを使用することで買い手である女性側に信頼感を与えるためです。

しかし、フォーマルなイメージの大学専用のメールアドレスでしかアプリを利用できない点が、やはりネックではないでしょうか。身バレしたくない方は、慎重に検討してみてください。

さらに、アプリ内では探す相手の地域を絞ったかたちで検索ができないため、自分の居住地域から離れた女性とマッチングした場合、移動が大変になってしまいます。

なぜなら、ユーザーがログインした順番で毎回バラバラの居住地の相手を表示されるため、画面上から順に手動でスクロールしながら、相手を探さなくてはならず、ユーザーアビリティの観点でも、まだ使いやすいアプリとはいえません。

アプリの使いにくさを考えれば、他のマッチンアプリを使用した方が、かえって楽にママ活できる場合もあり、ケースバイケースで自身にとって利用すべきかどうかで、決めた方がいいでしょう。

しかしながら、このアプリは、リリースされてからまだ1年あまりしか経過しておらず、ユーザーインターフェースの改善も徐々に行われていくと思われます。

>>silkでママ活を始める

SILKの料金・課金のシステム

SILKの最大のメリットを挙げるとすれば、男性が無料で利用できる点です。

通常のマッチングアプリでは、男性が高額な月額利用料を支払い、女性が無料で利用するかたちが多いなか、このように男性を売り手としたアプリは珍しく、お金に余裕のない大学生にピッタリのアプリといえます。

一方、女性の利用料金は、「花束システム」という、いわゆるメッセージ付きいいねの方式で、アプリ内で使用できるポイントによって課金するかたちになります。

1000円で1000ポイント購入でき、1000ポイントを超える場合は、料金ごとに割安になります。以下に料金表を記載します。

ポイント 料金(円)
1000 1000
3000 2850
5000 4500
10000 7500

また、男性は基本無料ではありますが、女性と似た料金プランが別に設けられており、男性であえて有料プランを選択すると、いくつかの優遇が受けられるようになります。

男性用有料プランのメリット

男性も有料でSILK(シルク)を利用することができます。その際、女性ユーザーとは少し違うかたちのプランを利用でき、女性ユーザーよりも割安な料金になっています。

以下に料金プランを掲載します。より長期のプランを選択することで、月あたりの料金を割安にでき、もらえるポイント数も大きい点にも注目です!

利用期間 料金(円)
1ヶ月 1800(プラス3000ポイント付き)
3ヶ月 3900(プラス5000ポイント付き)
6ヶ月 6600(プラス6600ポイント付き)
12ヶ月 9600(プラス18000ポイント付き)

男性が、このプランを利用するメリットは、「さがす」画面で優先的に女性ユーザーに見つけてもらいやすくなるように、表示回数を増やすことができることです。

また、男性側が「いいね」をした女性に対して、いいねしていない男性よりも優先的に表示されるようになり、女性ユーザーの目に止まりやすくなるように工夫されています。

当然、女性ユーザーにとって、男子を探しはじめてすぐに見つかった相手とマッチングした方が面倒な作業を省くことができ、男性ユーザーにとっては女性の目により多く触れる機会を得ることで、マッチングにつねげやすくなります。

さらに、1日あたりのいいねできる回数を、3回から5回に増やすこともできます。

たったの2回増えるだけ?と感じるかもしれませんが、1回多いだけでもマッチングの確率を上げることにもなり、常に無料ユーザーより回数を多くいいねできることは、女性の目に触れさせる機会に、それだけ多く恵まれることになるため、十分な優遇といえるでしょう。

このように、男性の有料プランの利用は、必須ではありませんが利用することでプラスアルファの恩恵を受けられるシステムになっているため、どうしてもママとマッチングしたいという方は、ぜひ有料プランも検討してみてください。

>>silkでママ活を始める

シルクの口コミ

このアプリは、かなり条件を絞りこんだマッチングアプリということもあり、男性側が限定されたスペックのユーザーで構成されていることで、マッチング率は高いのでは?と思いますが、やはり、利用する人によってすぐにマッチングできたり、そうでなかったりするようです。

ここで、実際にSILKを使用したユーザーの口コミをご紹介します。アプリのユーザーは、それぞれ年齢や性別がバラバラな方の意見を掲載いたします。

男性ユーザーの口コミ

21歳 男性

実際にママになってくれる女性とマッチングできました!

シルクが話題になっていたので、気になった女性に連絡をして返事があるか試してみました。

色々考えてストレートに食事がしたいことを文章で伝えていたところ年上の女性経営者から連絡があり、ランチをご馳走になりました

18歳 男性

通っていた高校が進学校だったため、勉強ばかりで、「年齢=彼女いない歴」という状態でした。大学に入学できたら、必ず彼女を作りたいと考えていましたが、自分の場合は女の子と話すことが苦手だったということもあり、まずは話しやすい年上の女性から攻めてみようと思い、シルクを使ってみました。

初めは、予想以上に女性から連絡が来ないため凹みましたが、諦めずに試行錯誤しながら、いっしょにデートできる綺麗な女性に出会えました。

24歳 男性

男性が無料で利用できるということで早速使ってみましたが、あまり女性から連絡はありませんでした。

マッチングアプリは、女性が有料といえども、やはり男性より女性に有利な媒体なんだと感じました。

諦めずに女性にアプローチし続けるつもりですが、このアプリだけでなく、様々なアプリを併用した方が、一つのアプリにおける女性からの返事に固執しないで済むので、いいかもしれません…

女性ユーザーの口コミ

33歳 女性

シルクに登録したらすぐに複数の男の子から連絡があり、戸惑ってしまいましたが、みんな高学歴でしかもイケメンなので、いつもニヤニヤしながらアプリの画面を眺めてます笑

デートしてくれる子は大学生らしい初々しさがあってキュンキュンさせられっぱなしです(*^^*)

>>silkでママ活を始める

シルクを使ってみた体験談

ここでは、SILKの使い方と体験談をご紹介します。

シルクの使い方

それでは、SILK(シルク)に登録する方法をご紹介したいと思います。SILKはLINE(ライン)を使って登録でき、その後すぐに利用できます。

まず、以下のリンクからSILKの公式ページにアクセスします。

SILK(シルク) | 「大人の女性」と「男子大学生」限定マッチングアプリ

公式ページにアクセスできたら、「LINEではじめる」をタップ(クリック)します。

start_it_in_line

 

次に、QRコードの画面に遷移するため、スマホでQRコードを読み込みます。

read_qr_code

 

スマホでLINE(ライン)を起動し、SILKを友達として追加します。

add_into_line

 

その後、SILKが起動するため「新規登録」をタップします。

sign_up

 

LINEへのアクセス権限を許可するため、「許可する」をタップします。

authentication

 

最後に、メールアドレス(大学専用)、パスワード(好きなものでOK)、性別、そして生年月日を入力し、「登録する」をタップします。

make_profile

 

以上の手順で、サービスの登録ができます。パスワードは任意で設定しますが、忘れないようにメモをしておいた方がいいでしょう。

また、メールアドレスは、大学で使用しているもののみ利用できる点に注意してください。

>>silkでママ活を始める

シルクはママ活に向いてない?

SILK(シルク)は、大学生という属性を持っている男性であれば、最適なアプリです。それは、女性がまだ経験の浅い男子をリードしてくれるため、恋愛に慣れていない若い男子には持ってこいといえます。

しかし、感覚値ではありますが、男女の人数では圧倒的に男性が多く、男性に対しては、なかなかいいねがつかないのが現状でしょう。

大学生という条件で、男性をふるいにかけてはいますが、無料である以上、男性が集中してしまうことで、女性がモテモテの状態になってしまっているといえるかもしれません。

また、同じ若い男子でも、専門学校や高校を卒業して社会人になった方は、このアプリを利用できないため、若さという属性を持ちながら年上女性とめぐり合いやすい機能を享受できません。

大学生しか利用できない旨は、SILKをリリースしているSPIKE株式会社が公式に明言していますから、大学生以外の男子はや年齢が20代後半や30代に入った男性は、他のマッチングアプリを使ってみましょう。

正式サービス開始のシルクの評判まとめ

今回は、大学生男子限定で利用できるママ活アプリSILKをご紹介しました。大学生になったばかりの男性なら、まだまだ4年も大学生という肩書きを活用できます。

SILKは、大学生限定のアプリですから、その期間を有効に活用する意味でも、一度このアプリでママ活を経験してみてください。

大学生でない若い男性は、その他のマッチングアプリでママ活も挑戦してみてください。SILKに負けず劣らずに女性と出会うことができるアプリも多く存在します。

 

ママ活アプリNo2.asobo

ASOBO

同じママ活するなら可愛い子がよい!そんな人にオススメのママ活サイトはasobo。

ほかの出会い系に比べて若い子や可愛い子が多いので、Wで美味しいママ活ができちゃうサイトです。迷ったらまずasoboでママを募集するのがオススメ

>>ASOBOでママ活する

 

ママ活アプリNo1.Jメール

人妻に人気の出会い系アプリがJメール。知られていないのですがママ活でおすすめのアプリです。

掲示板をつかうのが、Jメールでママ募集のコツ。熟女から、若い人妻など様々なので、自分の好みや相性でママ活を進めるのがよいでしょう。

男性の登録も無料なので、まず試してみるのがオススメです。

>>Jメールでママ活する

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ