ママ活とは?募集しているアプリやサイトを公開!【体験談有り】

boy-menber-02

今回は、ママ活の実態を紹介していきます。

ママ活アプリまで登場する今、ママ活とは何か?という説明からママ活のやり方や相場、体験談まで…。

これからママ活を始めてみたい人、ママ活についてを知りたい人たちの参考になれば幸いです。

ママ活とは?

ママ活とは

ママ活とは、男性が金銭的援助をしてもらう女性(ママ)を探す行為を指します。

対象は将来の夢や目標があるが、それを叶えるための金銭的な余裕がない若い男性のみ。

年上女性が年下男性にモノを買ってあげる姉活とは異なり、ママは男性の持つ夢を応援するためにお金を渡します。

男性に金銭的な援助をする代わりにママが男性とのデートをするのがママ活です。

そもそもママ活ってどういう意味?

ママ活 意味

ママ活の意味は、男性がお金を援助してくれる女性(ママ)を探す行為を指します。

しかし、最近ではママ活の定義が曖昧になっていて、ママを探す行為のみをママ活というわけではありません。

ママ活をする人が増えてきたことで、ママを募集するところから食事や買い物をする行為を総称してママ活と定義することが多くなってきました。

そもそもママ活という言葉は、女性が男性から金銭的援助をしてもらえる相手を探すパパ活の対義語として作られた造語。

援助交際と混同されがちですが、性的な関係が伴わない交際がママ活とされています。

しかし、ママ活は性行為が伴わないというのは建前。性的な関係に発展することも黙認されているのが実情です。

ママ活の相場は?1時間あたり3000円〜5000円

ママ活 相場

ママ活の相場は、1時間あたり3000円〜5000円が目安。レンタル彼氏サービスの相場も5000円ほどになっていることから相場が決まったといわれています。

都内で初めて顔を合わせる時は、5000円前後。それ以降のデートでは、5000円以上貰えることがほとんどです。

料金相場は、地域によって異なりますが東京だと以下の通り。

<東京のママ活相場>

初回顔合わせ 3000円〜5000円
単発金額(食事・1時間) 4000円〜5000円
一日デート 15000円〜30000円
プレゼント  楽器、アクセサリー、バッグ、学費など

ママ活のやり方

ママ活 やり方

ママ活のやり方は、4つの段階に分かれます。

1.ママ活するママを見つける
2.ママと連絡を取り合う
3.ママとデートする
4.ママからお小遣いをもらう

4段階までありますが、第1段階であるママを見つけることが一番の難関。ここを突破するためにネットやリアルでママを探しまくりましょう。

ママを探す方法としては、BAR(バー)、Twitter(ツイッター)、出会い系サイト、マッチングアプリ、掲示板を用いるのが一般的。

ママ活を始める前に気をつけて欲しいのが、掲示板やTwitter(ツイッター)など匿名性が高く気軽に利用できるものだと詐欺や業者も多いこと。

相手を見極めながら、信頼できるママを見つけましょう。

ママ活でママを募集するには?

ママ活 募集

ママ活のやり方や実態を調査してきて、ママを募集するには以下4つの方法が最もおすすめです。

・BAR(バー)
・Twitter(ツイッター)
・出会い系サイト
・アプリ

その他にもギャラ飲みやナンパなどの方法がありますが、どれも成功する確率が低すぎるのでおすすめできません。

そこで、ママ活が行えると評判だった募集方法を試した結果を“ママと出会える確率”“男性側の料金相場”と一緒に解説していきます。

ママの募集方法1.Twitter(ツイッター)

ママ活 Twitter(ツイッター)

ママと出会える確率:30%
男性側の料金相場:0円

Twitter(ツイッター)でのママ活募集はあまりおすすめできません。

本気で夢を応援したいママがいることもありますが、Hをあからさまに押し出したアカウントやフォロー&リツイートといった拡散希望の業者や詐欺アカウントが圧倒的に多いからです。

こうしたアカウントは、DMでやり取りしても、LINEのIDを聞き出されたり、HPのアドレスが送られて来たりするだけでママ活に発展することはありません。

Twitter(ツイッター)は、無料で誰でも利用できる分、悪質なアカウントが乱立しているので、本当のママと出会える確率は低くなっています。

なので、ママを募集するためにTwitter(ツイッター)を利用するのはおすすめできません。

ママの募集方法2.出会い系サイト

ママ活女性 サイト

ママと出会える確率:40%
男性側の料金相場:0円〜10000円

ママ活をとりあえずやってみたい方は出会い系サイトがおすすめ。

なぜなら出会い系サイトでは、写真登録や年齢確認をすれば誰でも始めることができるからです。

出会いたいというニーズが合致していて、Facebook登録や年齢認証があるサイトであればママと出会える確率はぐんと上がります。

しかし、出会い系サイトならなんでも良いというわけではなく、誰でも簡単に登録できる出会い系サイトはおすすめできません。

男性のみ課金する出会い系サイトは、サクラばかりで出会える確率が極めて低いので、利用しないほうが良いでしょう。

出会い系はサクラや業者が紛れ込んでいるのが難点ですが、ママ活がどんなものか味わいたい男性は出会い系サイトを使ってみて下さい。

>>出会い系サイトASOBOを使ってみる

ママの募集方法3.BAR(バー)

ママ活 女性 バー

ママと出会える確率:50%
男性側の料金相場:1500円〜10000円

出会い系よりもおすすめの方法ですが、コミュニケーション能力の高い人に限られます。

ママを探すなら、Pubや高級バーへ行って、一人で飲んでいる30代を過ぎた女性が狙い目。一人で来ている女性は、結婚に満足していない、刺激が欲しいなど何かしら日常生活に不満を抱えている場合が多いからです。

その女性に狙いを定めて、一人で来たもの同士で仲良くなりましょう。いきなり話しかけると怪しまれることが多いので、相手に不安や恐怖を与えないように自分の立場を最大限に下げるのがポイント。

女性と話すときは、自分の悩みも打ち明けながら、相手の悩みを徹底的に聞き出すこと。そうすれば、バーで会う約束をしたり、連絡先を交換したりしてデートに繋げることができるはずです。

自分から話しかけに行ったり、相手の話を聞くことに自信がある人はPubやBARでママを探してみると良いでしょう。

ママの募集方法4.マッチングアプリ

ママ活女性 アプリ

ママと出会える確率:80%
男性側の料金相場:3000円〜

コミュ力に自信がなく、出会い系も信頼できないという方はマッチングアプリがおすすめ。

マッチングアプリは、Twitterや出会い系よりも信頼度が高く、運営によるセキュリティ管理もしっかりしているのが特徴。

なので安心して利用することができるうえ、24時間いつでもどこでもママを探すことができます。

「無料よりも料金を払っている男性の方が信頼できる」そんな理由からマッチングアプリ利用するママの数も増加中。

Silk(シルク)やPoiboy(ポイボーイ)といったマッチングアプリでは、ママ活を支援しているのでママが集まって来やすいのが◎。

マッチングアプリは、ママ活と出会える確率も最も高く、料金も月額で固定されているので安心して利用できます。

ママ活をする際に使われるアプリ

ママ活 サイト アプリ

ママ活のやり方やママを募集する方法を紹介してきました。

ここからは、ママ活をしてみたい方に利用して欲しいマッチングアプリ・出会い系サイトを紹介していきます。

一部無料の出会い系も紹介しているので参考にしてみて下さい。

ママ活アプリその1.Silk(シルク)

マッチングアプリ silk(シルク)

Silk(シルク)とは、年下の男性と出会いたい女性、年上の女性と出会いたい人が利用するマッチングアプリ 。

登録できる男性は、東大・慶応の現役学生のみで、大学のメールアドレスを提出が必要です。

女性も仕事もプライベートも経験豊富な女性が多く登録しています。

男性側も女性側も安心して利用できるのがSilk(シルク)の魅力。20代中盤から40代の幅広い女性が大学生との出会いを待っています。

>>silkをLINEで始める

ママ活アプリその2.ASOBO(アソボ)

ASOBO

ASOBOは、2011年の2月から始まったマッチングサービス。運営歴が長いので、愛用しているママが多いのがアプリの魅力。

ASOBOは、公式サイトで宣言しているように個人情報の保護を徹底していて料金が不正に請求されることは一切なく安心・安全に利用可能。

アプリの機能である2人でチャットは、会員登録をしたユーザーがお互いのプロフィールを確認してメッセージを送れるので大好評!経験を豊富なママと出会いたい方におすすめです。

>>ASOBOを無料ダウンロード

ママ活アプリその3.Jメール

無料で利用できる出会い系アプリ。年齢確認があるので出会い系の中でも比較的、安全に利用することができます。

しかし、利用している女性の幅が広く、信頼性に欠ける会員もたくさんいるので無料にこだわる人のみ利用するようにしましょう。

>Jメールに無料登録

ママ活の実態(体験談)を紹介

ママ活 体験談

ここからは、3名のママ活経験者から聞いたママ活の実態を紹介していきます。

どのようにママと出会い、ママ活を成功させたのかを体験談を交えてまとめました。

前半には、失敗談も紹介しているので、これからママ活をしたい人たちの参考になれば幸いです。

ママ活体験談その1.Twitter出会ったH目的30代の女性

Twitter出会ったH目的30代の女性

はじめにお話を聞いたのが21歳の大学生。20歳の専門学校に通う学生。身長は、174cmくらいでスタイルがよくて、髪はマッシュ。典型的な韓国風のイケメン。

海外に留学するためのお金が足りずに困っていたので、ママを探して学費を援助してもらおうとしていました。

ママを探すといっても学生で人脈もコネもない…。身近にママ活をしている人もいなかったので、Twitter(ツイッター)でママを探してみることに。

「ママ活募集」と検索してみると、相手を募集しているママがたくさんいたので、オフパコがしたいと書き込んでいた外見が好みのママ(自称30歳)にDMを送信。

すると、すぐに返信が返ってきて、「とりあえずLINEしよっか?」といわれIDが送信されてきました。

IDを調べてLINEすると、サイトのURLが送られてきて登録してから「やり取りしよう」と誘われます。

URLにアクセスする気になれず、別の方法を試すもサイトからやり取りしようの一点張り。

その後もTwitterや出会い系サイトでママ活を試しましたが、イベントに誘われたり、サイトのURLが送られてきたりで全くママとデートするところまでたどり着かなかったそう…。

21歳の大学生からお話を聞いてみて分かったことは、出会い系サイトやTwitter(ツイッター)には、業者や詐欺目的の偽物ママが多いということ。

ママを募集していた17歳の高校生が話題になりましたが、出会い系サイトやTwitter(ツイッター)でママを探すのは、やめたほうが良いでしょう。

ママ活体験談その2.Pubで出会った41歳の女性

Pubで出会った41歳の女性

次にママ活について話してくれたのが、身長は177cmほどでガタイの良い、短髪の21歳大学生。

もともと入学するのにも難しい大学だったため昼間は学校が忙しく、夜はホスト。しかし、今の生活が忙しく、限界を感じたのでママ活を始めました。

彼がママと出会ったのは、外国人がよく集まるPub。一人で飲んでいるとダンスに誘われたので、一緒に踊って、一緒に飲んでいるうちに意気投合。

何度かデートする仲になっていったのだそう。もともと、話を聞くのが得意だったので、自分の話をしながら相手の悩みや不満を聞くことで一気に距離を縮めました。

ママはバツイチで16歳の娘がいたのですが、たまに会って一緒にカフェで話をしたり、買い物に行ったり…。

今も定期的に高級品のアクセサリーやバッグを買ってもらっている生活が続いているようです。

彼からママ活の体験談を聞いて分かったことは、Pubやバーで話しかけるのは勇気がいりますが、来客の質も高いバーでママ活するのは効率的であるということ。

コミュニケーション能力も必要ですが、自分をもっと磨きたいという意欲があればバーでママを探すのも苦にならないのだと思います。

ママ活体験談その3.アプリで出会った34歳の広告代理店で働く女性

ママ活体験談 お金をもらう

最後にママ活について話してくれたのが、22歳のフリーターで生計を立てている社会人の男性。身長は168cmくらい、顔は中性的で弟にしたくなるタイプ。

生活をする上でお金が欲しいがバイトするのが面倒で、同級生がママ活でお金を稼げたことを知ってママ活を始めました。

彼が出会ったのが、マッチングアプリのsilk(シルク)。silk(シルク)は、大学生限定で登録できて、経験豊富な年上女性と付き合うことができるのが特徴。

匿名性が高く、保障もないTwitter(ツイッター)や掲示板よりも確実な方法だと思いアプリを利用することに…。

silk(シルク)は、インターネット異性紹介事業の届出を行なっているので、安心して利用できたそうです。

silk(シルク)を使っていくうちに、34歳の広告代理店で働く女性とマッチング。

メッセージをやり取りして、ママが好きなワインを飲みにいくためにレストランバーでデート。帰り際にお小遣いを貰って、次の日もデート。どんどん親密になり今では週に2、3回会って買い物や食事をしているとのこと。

マッチングアプリでママ活をしている大学生のお話を聞いて、アプリは信頼性が高く、男性もお金を支払っているぶん、真剣な人が多い印象。

ニーズに合わせて、条件も指定できるのでママを募集している大学生にぴったりなサービスということが分かりました。

改めて紹介!本当にママ活できるおすすめアプリはこれ!

本当にママ活できるアプリはこれ!

ここまで、色々な方法でママを探してきたママ活経験者のお話を聞いて、特に評判がよかったアプリを紹介!

学生しか利用できないアプリもあるので、学生でない男性もママ活ができるアプリもおすすめしています。

ママ活アプリその1.Silk(シルク)

マッチングアプリ silk(シルク)

登録は、大学のメールアドレスを提出できる現役の大学生のみ。運営によって男性会員の質が保証されていて、東京大学や慶應大学など高学歴な学生たちが多数登録しています。

女性会員は、経済的な余裕がある20代後半〜40代までがボリュームゾーン。幅広い女性が年下男性との恋愛を待っています。

ママ活アプリその2.ASOBO(アソボ)

ASOBO

ママは、新しいアプリを利用するのでなく昔からあるアプリを使っている人がほとんど。

中でもASOBOは、チャットから仲良くなれるのでママ活の成功率がかなり高いです。アプリ自体がチャットに特化していて、複数人でチャットできるだけでなく二人きりでのチャットも可能。

利用者の90%が、二人きりのチャットルームで仲良くなってデートしています。

若いママだけでなく、年齢の重ねたママも利用しているのでママ活を成功させたい方は一度利用してみてはいかがでしょうか?もちろん、登録に料金はかかりません。

>>ASOBOを無料ダウンロード

ママ活のまとめ

今回は、ママ活とは何かということからママ活の実態(体験談)まで紹介しました。

紹介してきた方法の中で、あなたの夢を応援してくれる理想のママと出会えることを願っています。

タグ一覧へ