札幌でママ活を成功させる方法!相場や探し方、体験談を紹介

boy-menber-01

札幌でもママ活はできるのでしょうか?

札幌でママ活は無理だろうと思っているなら、それは間違い!
札幌でもやり方とコツさえ掴めば、ママ活を成功させることはできるんです。

若い男性が年上の女性と食事などのデートをして対価を受け取る「ママ活」。
メディアで取り上げられるほど話題ですが、ママ活はそれほどメジャーな印象がありませんよね。

ここでは、札幌でママ活の成功率を高めるためのコツや注意点、実際にママとなってくれる女性を探せるアプリなど、気になることを詳しく解説します。

札幌におけるママ活の相場

札幌におけるママ活の相場

ママ活はパパ活に比べると相場が安いのが正直なところ。これは、ママになりたい女性はパパになりたい男性よりも少ないからです。働く女性だけでなく、主婦がママ活をしているケースが多いのも理由の一つ。

ですが、ママ活の相場に地域差はほとんどありません。例えば1~2時間の食事だけなら、東京でおおよそ5,000円前後。札幌も3,000円~5,000円前後なので、ママさえ見つかれば東京でも札幌でも、相場はそれほど変わりません。

<札幌のママ活相場>

食事のみ 3,000~5,000円
ショッピングなどのデート 10,000~20,000円
定期契約(月極め) 30,000~100,000円

紹介しているのは基本的な相場です。

単純に容姿がママ好みであったり会話スキルが高いなど、ママとの相性が良ければ食事のみで5,000円~10,000円以上など、もっと上を目指すこともできます。

特に医師や弁護士など将来性のある職業を目指していると、もらえる金額が更にアップするというデータもあります。これは、頑張っている若い子を助けたい、将来有望な子へ投資しているという優越感を得たいことの現れ。

月極めでもらえる金額の幅が大きいのは、会う回数やデート内容に大きく左右されるためです。また、初顔合わせのときは食事だけ、お茶だけのケースがほとんど。

この場合は、5,000円よりも少ないことや食事を奢ってもらうだけになることも珍しくはありません。

札幌でママ活を成功させる方法とは?

ママ活 成功させる方法

札幌の男性は、おおらかで人好きのする性格をしている傾向が強め。ママ活において、かなり強みのある性格なので、それを存分に活かしましょう。

※斜に構えたり必要以上の男臭さはママ活では活きません。

これからママ活を成功させるコツを3つ紹介していきます。

ママ活を成功させる3つのコツ

コツを紹介する前に札幌でママ活をする女性の性格を理解しておきましょう。

県民性として、札幌は他の地域よりも気が強く、ハッキリと自己主張をできる女性の割合が多い。そのため、その性格を受け止められる男性が好まれる傾向は強いと言えます。

グイグイ攻めるよりも、包容力があって受け身でいる方がママ活では有利になりやすいです。

1.第一印象が最重要

第一印象が最重要

容姿はもちろん重要ですが、なによりも気を配るべきなのは清潔感。

性格がいくら良くても、第一印象が悪ければ会話も何も続きません。服装や髪型、ある程度の体型さえキープできていれば、ママ探しはできます。

第一印象をより高くして、また会っても良いと思ってもらうことを意識しましょう。

2.何を求められているか察する

何を求められているか察する

会話の中から相手の女性がママ活で何を求めているのかを察すること。

例えば、将来有望な男性に先行投資したいのか、プライベートを知らない第三者に愚痴を話したいのか。女性らしく扱ってほしいのか、若い男性と話すことで若返った気持ちになりたいのか、恋人のような相手がほしいのか。

女性は男性ほどには即物的でないため、ママ活に求める理由はさまざま。

事前のやり取りや実際に対面しての会話から、求められていることを汲み取りましょう。

3.お金の関係だとあからさまにしない

お金の関係だとあからさまにしない

ママになりたい女性の絶対数は決して多くありません。会うためのハードルをある程度下げることも、良いママに会う可能性を上げるためには重要です。

初回顔合わせの金額も高い金額は示さず、ご飯を奢ってもらうだけでも良いくらいのスタンスで望むくらいがベスト。

ママ活なので金銭が絡む関係ということは前提ですが、それを前面には出さないこと。お金だけの関係だと会っているときに感じさせては興醒めで、次には繋がりません。

まずは女性の警戒心を取り除くことが、ママ活への第一歩です。

札幌でママ活をするときの注意点

札幌 ママ活 注意点

札幌でママ活をするときには注意点がいくつかあります。

基本的な注意点から札幌ならではのことまで、3つの注意点を把握しておきましょう。

1.距離感を保つ

距離感を保つ

ママとの距離感を守ることはリスク回避として最も重要です。ママ活は体の関係は持たないとされています。

聞き役やデート気分を味わってもらうなど、求められることに合わせて対応を変えるのは基本。事務的な対応になると女性はすぐに察してしまうので避けるべきですが、相手に踏み込みすぎないための距離感は保ちましょう。

自分が相手に恋愛感情を持っているような素振りは見せないこと。その気があると思わせれば高いお小遣いや定期ママになってもらえる可能性は上がりますが、トラブルにつながる可能性も上がります。

付きまといやストーカーなどのトラブルに発展しても、原因がママ活となると人にも警察にも相談しづらいです。

2.金銭感覚を変えない

金銭感覚を変えない

順調にママ活が続いていくと、お金だけでなくプレゼントを受け取る機会も増えます。

そのためのママ活なので嬉しいことですが、ママ活をしているのがバレたくないなら金銭感覚は変えないようにしましょう。

普通の大学生なのに急に羽振りが良くなっていたり、ブランド品が増えたりすると家族や周囲に不審がられます。

ママ活が周囲に知られるメリットは皆無なので、もらったお金は使いすぎずプレゼントはママに会うときだけに使うなど工夫しましょう。

3.会う場所に気を配る

会う場所に気を配る

札幌は繁華街が集中しているため、知り合いにママと会っているのを見られてしまうリスクが高いです。

ママと会うときは、同年代のあまり行かないような少しランクの高いレストランや繁華街から離れた隠れ家的カフェを選んでもらいましょう。

札幌でママ活相手を探す方法

ママ活の相手を探す方法はいくつかあります。

主な手段はSNS、ナンパ、レンタル彼氏、出会い系サイト、マッチングアプリの5つ。それぞれの特徴を解説します。

1.Twitter(ツイッター)でママ活

Twitter(ツイッター) 女性

Twitter(ツイッター)で#ママ活、#ママ募集などのハッシュタグを使いママを募集する方法です。

しかし、身分証明も必要なく簡単にアカウントを作れるTwitter(ツイッター)でママ活相手をする女性は皆無。

もし連絡があったとしても、LINEのIDなど個人情報を入手しようとするママ活女性を装ったアカウントがほとんど。

ママ活をしたい女性もTwitter(ツイッター)で相手探しをしている男性は敬遠します。

サイバー補導にも力を入れられている昨今、ハッシュダグで検索するだけでママ活をしていることはバレます。

未成年でなければ補導されることはありませんが、敢えてリスクの高いTwitter(ツイッター)を使う理由はありません。

2.ナンパでママ活

ナンパ

ナンパでのママ活は、自分好みの女性を選べるというのも大きなメリット。
BARやクラブには出会いや刺激を求めている女性が多いです。

特に一人飲みをしている女性は出会いに飢えている可能性大!

警戒心を与えないように話しかける、第一印象が悪いと全く相手にされないなど、ハードルは高いです。

パーソナルスペースへ入り込むのが得意といった、コミュニケーション能力の高さがあれば効率よくママを探せます。

札幌の女性はサバサバとして気の強い女性が多いので、自分から話し続けるよりも聞き役に徹して、相手の望んでいる相槌を打つことを意識しましょう。

3.レンタル彼氏でママ活

レンタル彼氏

レンタル彼氏サービスに登録してママを探す方法です。

誰でも登録できる訳ではなく面接に合格する必要があり、登録できたとしても指名してもらえる保証はありません。

外見が重要視されるため敷居が高く、連絡先の交換不可など店を通さず女性と個人的に会おうとすると罰則が課せられることもあります。

指名が頻繁にもらえる自信がない限り、おすすめできる方法ではありません。

4.出会い系サイトでママ活

出会い系サイト

出会い系サイトは簡単に登録できるので、ママ活初心者にもおすすめです。

ワクワクメールやイククルなど、大手出会い系サイトは登録者数も多いのでママ探しの効率も上がります。

登録する場合は年齢確認必須のサイトを選びましょう。確認無しや無課金の出会い系サイトは、女性から信頼感を得られないのでママ探しには不向き。

YYCやハッピーメールのように、ママ活の取締を強化しているサイトもあるので、選ぶならワクワクメールのようなアダルト色が薄く食事だけの相手も探しやすい出会い系サイトを利用しましょう。

>>ワクワクメールでママを探す

5.マッチングアプリでママ活

Twitter(ツイッター)やナンパよりもママ活の成功率が高く、利用方法が簡単なのがマッチングアプリです。

男子大学生のみが登録できるSILK(シルク)や、無料でも利用できるコンテンツがあるASOBOなど、ママ活に使いやすいアプリも増えつつあります。

女性が好みの男性にアプローチできる女性主導のPoiboyといった、受け身でママ活ができるアプリもありますが、ママ活禁止に規約が変わったため使いづらいアプリになりました。

けれど、運営元のハッキリしたマッチングアプリは料金形態が明確なので、不正請求や思いがけない高額の請求などの心配はありません。

ママ活をする女性も信頼できるサービスを選ぶので、リスクの少ないママ活をするならマッチングアプリがおすすめです。

札幌でママ活をした体験談

札幌 ママ活 体験談

札幌でママ活を探す方法を紹介してきました。ここからは、札幌でママ活をしている男性2名の体験談を紹介します。

どのような経緯でママ活を始めて、どのようにママを見つけたのかということを中心にまとめたので、参考になれば幸いです。

札幌のママ活体験談その1.医学科志望の大学生

医学科志望の大学生

遊ぶお金がほしい訳ではありません。

仕送りだけでは生活できないし、バイトをしていると勉強をする時間がない。

でも、医学科なので将来はやっぱり国家試験に合格したいから勉強する時間は減らしたくない…。

一時期バイトを辞めて勉強に専念してましたが、あっという間に貯蓄は尽きてしまって。

そんなときにママ活をしてくれるママを探そうと思い立ちました。

札幌は都会とはいえ東京ほどママ活はできないだろうと期待半分でしたが、出会い系サイトやマッチングアプリを見ていると想像以上に札幌での利用者が多く驚きました。

何人かの女性とやり取りを重ね、初めて会ったのが40代の女性です。

一度目は食事を奢ってもらっただけですが、自分でもこんなことをしてもらえるという事実が嬉しくて何度もお礼を言いました。

女性も自分を気に入ってくれたのか、連絡先を交換することになり、今も月に数回一緒に食事をしています。

一度にもらえるのは5,000円ですが、食事はいつも奢ってくれるしタクシー代ももらえるので十分です。

おかげで勉強する時間も確保できるようになりました。
余裕があれば、あと1人か2人ママになってくれる女性を探したいですね。

>>ワクワクメールでママを探す

札幌のママ活体験談その2.20代フリーターの男性

20代フリーターの男性

四年制大学を卒業したものの、就職が上手くいかなくてフリーターやってます。

いずれ就職したいけど、生活費を稼ぐのが精一杯でなかなか就職活動ができず困ってました。

短期間でできるだけお金が欲しかったので始めたのがママ活。最初は知識がなかったのでTwitterで募集してみたものの、嫌がらせのリプや詐欺っぽいDMがくるばっかりで全然上手くいかずすぐ止めました。

次に試したのがナンパ。

バイトで接客業もやってるから会話には自信があったし、自分に向いてそうに思えたので。

ちょっと高めのBARで、慣れてない感じの振りして話しかけた相手が運良く姉御肌っぽい人。

就職上手くいかなくてヘコんでるーみたいな話をしながら軽く甘えてるうちに今度また会おうみたいな話になって、その場も全部奢ってくれました。

そこからは毎週末会っては飲んだり食べたりさせてもらってます。結構いい企業に務めてるらしくて、会うたびに愚痴を聞いたり、基本聞き役ですね。

いつも別れ際に1万円と交通費を渡してくれるので結構良い思いしてます。

>>ワクワクメールでママを探す

他にもこんな記事が読まれています

タグ一覧へ