【男はウエストゴムで魅せろ】ボクサーパンツお洒落ブランド5選

Haruya

女子は案外見てる男の下着

出典元 www.shutterstock.com/download/success?src=n8sKA8qynlENxZnv99PStw-1-35

出典元 www.shutterstock.com/download/success?src=n8sKA8qynlENxZnv99PStw-1-35

  「髪も服もちゃんと気を遣ってる。でも下着はどうせ見えないしテキトーでいいや」という男の人は少なくないでしょう。     そう思っているそこのあなた、ちょっと待った! 普段下着が見えることはありませんが、女子は案外見ているんです!     しかも皆さん、いざという時にカッコイイ下着を履いていたいですよね。 もし自分が彼女といいムードになった時、彼女がヨレヨレの下着を付けていたらどうでしょう?(笑)     同じことなんです! 見えないところにまで気を遣える男はもちろんモテます!     ということで、今回はモテる男になるための下着について紹介していきたいと思います!      

下着の種類

  男性の下着は大きく分けて3種類あります。    

●ブリーフ

  ブリーフは細かく分けると股上の短いものから「ビキニブリーフ」、「セミビキニブリーフ」、「ブリーフ」の3種類があります。     昔からの定番で、小さい頃に履いていた方も多いと思いますが、正直女子ウケは最悪です(笑)「子供っぽい」、「芸人のコントみたい」という声もあり、カッコイイとは無縁なブリーフ。 下着でも女子を魅了したいなら早く卒業してしまうのが吉かもしれません(笑)      

●トランクス

  下着の中で唯一肌に密着していないタイプがトランクスです。通気性を求める方や下半身に自由を求める方には人気のタイプです。 しかしこちらも女子ウケは良くないようです(笑) その理由として「おじさん臭い」というもの。「俺は縛られたくないんだ!」という方も多いと思いますが、女子にモテるためなら我慢しましょう。制約あってこその自由です(笑)     ちなみに「ニットトランクス」というトランクスとボクサーのハイブリッドなるトランクスユーザーには夢のような下着を出しているブランド(後述)もあります!      

●ボクサー

  ボクサーパンツには股下の短いものから「マイクロボクサー」、「ローライズボクサー」、「ショートボクサー」、「ボクサー」、「ロングボクサー」に分けられます。     現在では男の下着の主流であり、デザインもカッコイイものから可愛いものまで幅広いのがこのボクサーパンツです。 ボクサーパンツは女子ウケがダントツに良いです!やはりスマートなシルエットが好印象のようです。     時代はボクサー!モテたい男性諸君はボクサーを履くべし!      

女子ウケばっちり!おすすめ人気ブランド5選

  「女子ウケを狙うならボクサーで決まり!でもどこのを履けばいいの?」   リーズナブルで良質な下着を作るメーカーといえばグンゼやユニクロなどがありますが、そんな普通の下着じゃつまんないですよね? ここでさらにワンステップ踏むべく、ボトムスからチラ見せすることもできるウエストゴムに注目したブランドを5つ厳選しました!      

●Calvin Klein(カルバンクライン)

  「下着といえばカルバンクライン!」 そのようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。やはり王道カルバンクラインは圧倒的なシェアを誇るようです。     特徴としては、ボクサーパンツのバリエーションが他のブランドと比べても非常に多いことです。ローライズボクサーからロングボクサーまで幅広く展開されています。 さらにマイクロファイバーを使用した素材は肌触りもよく、肌でも高級感を感じることができます。     20代から50、60代まで年齢問わず幅広く愛されることからもわかるように、デザイン自体はシンプルです。そのシンプルさとウエストゴムの「CalvinKlein」の文字の存在感は、大人の男の雰囲気を感じさせます。    

  最近ではゴールドやシルバー、さらには裏地にヒョウ柄を入れるなどさらに高級感を増していくなど他のブランドとの違いを見せるカルバンクライン。一枚は持っておきたいブランドです。      

●Emporio Armani(アルマーニ)

  「モード界の帝王」として名を馳せているイタリアの高級ブランドGiorgio Armani(ジョルジオアルマーニ)のセカンドラインであるEmporio Armani(アルマーニ)ですが、アンダーウェアに非常に力を入れています。     若者をターゲットに作られているため、普段「アルマーニは高級すぎてちょっと…」という皆さんも手が出しやすいのではないでしょうか。 素材はカルバンクラインに近いものを使用しており、肌触りは最高です。    

  特に注目したいのがウエストゴムのロゴです。アルマーニを象徴する鷲のマークには圧倒的な存在感があり、男の憧れですよね。     デザイン自体はシンプルですが、ボディラインを強調するフィット性があるなど非常に男らしさを感じさせる作りで、プレゼントとしても非常に人気があるようです。      

●Polo Ralph Lauren(ポロ ラルフローレン)

  アメリカを代表するブランドとして日本でも有名なラルフローレン。特にポロシャツが人気で、”ポロシャツ=ラルフローレン”というイメージで認知している方も多いのではないかと思います。 ラルフローレンのアンダーウェアは元々シンプルなデザインのものが多く、ラインナップもトランクスが中心というイメージでした。     しかし近年では、アンダーウェアに力を入れるようになり、ボクサーパンツを中心に急激にラインナップを増やしてきました。 特筆すべきはウエストゴムの種類の多さです。特にビビットカラーが広く展開されているんです!非常に可愛い!(笑)    

  また他のブランドにはあまり見られない「ニットトランクス」という形のモデルを出しています。素材感、シルエットはボクサーパンツに近い一方でトランクスのゆったり感を残しているという、ボクサーパンツとトランクスの中間のようなウェアで、「ボクサーに挑戦したいけど締め付けられる感覚がイヤ!」という方に非常にオススメです。    

  トランクスのラインナップも残しつつウエストゴムのオシャレさも出しているので、どうしてもトランクスにこだわりたい方にはおすすめのブランドです。      

●Paul Smith(ポールスミス)

  イギリスのファッションブランドポールスミス。世界の中でも特に日本での人気は圧倒的です。学生の皆さんには革小物などで最も馴染みのあるブランドなのではないでしょうか。     日本では学生から20代を中心に人気を誇るポールスミスですが、アンダーウェアに力を入れ始めたのはラルフローレン同様ここ最近の話です。 数年前までは非常にシンプルなデザインが多く、ラインナップもトランクスが多いようなイメージでしたが、近年急激にアンダーウェアに力を入れ始め、ボクサーパンツのランナップを増やしてきたという、アンダーウェアにおいてはラルフローレンと同じような歴史をたどっているというような印象です。    

  特徴としては、ウエストゴムの種類が圧倒的に多いことに加え、生地の柄も非常にポップで可愛らしいデザインが多いことです。天才デザイナー・ポールスミスの遊び心がギュッと詰まっており、ファンにはたまらないのではないでしょうか。    

  特にウエストゴムがブランドの代名詞でもあるマルチストライプになっているモデルはthe・ポールスミスをアピールできるのでオススメです!      

●Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)

  「反逆性」、「エレガンス」がテーマのイギリスブランド・ヴィヴィアンウエストウッド。 アバンギャルドかつ独特なデザインで女性人気の高いブランドなので、みなさんの中には”ヴィヴィアン=レディース”というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。     激しく個性的、こだわりの強いヴィヴィアンウエストウッドですが、最近アンダーウェアにも力を入れているようです。    

  さすがヴィヴィアン、柄が非常に独特で可愛いです。ポールスミス同様ブランドを象徴するようなデザイン性で、ファンにとっては最高なのではないでしょうか。 ヴィヴィアンを履けば女の子からの高評価は間違いなし!      

注意点

  普通の下着が1着500円程度なのに対し、ブランドの下着は3000円程度はします。     しかし、見えないところのオシャレは女子ウケ間違いなし! 良い物を履くと生活のモチベーションも違うものです。 もし手を出しにくいなら、1月、7月などセールの時期に百貨店に行くと手頃な値段で買うことができます。     なお、海外ブランドには直輸入のものが多く、サイズの表示が国内のものと違うことがあるので注意しましょう。      

男も下着にこだわる時代

  いかがでしたでしょうか。 最近では多くの有名ファッションブランドがメンズアンダーウェアに力を入れており、柄だけでなくウエストゴムでもオシャレするのがトレンドのようです。     男が下着でオシャレをする時代はもう来ています。 ワンランク上をいきたい、他の男に差をつけたい、魅せる男になるなら今です! 一番身近に付けるものだからこそ良い一枚、選んでみませんか?