外国人女性と付き合いたい。外国人女性を虜にするモテる男の対応術

Boy.公式
「外国人の彼女を作りたい。」「外国人女性に一目惚れしてしまった!」というとき、外国人女性とのお付き合いの経験がない場合はどうアプローチしていいのかも、何をすればいいのかさえもわからないと思います。 国が違えば文化も違うため、男として評価されるところも男としての在り方も全然違います。 そのため、今のままの等身大でアプローチしても願い届かず散ってしまう可能性が高いです。 悲しい結果にならないように、ここでは外国人の彼女をゲットするのに必ず身に着けるべき対応術をご紹介します。

レディファーストの心得

外国人男性の対応で素敵なところをイメージすると『レディファースト』をスマートに行えるところが浮かびませんか? どこの国でもレディファーストが肝心というわけではありませんが、女性を大切に扱うという心意気を持つことは重要なことです。 私は男性ですが、それでもレディファーストという言葉は大好きです。女性を大切に扱うことは素敵なことだと思っています。 日本にも紳士的な男性はたくさんいますが、それとは逆に亭主関白な人がいるのも事実です。 もしもあなたが紳士的ではないのだとしたら、まずは紳士的なカッコイイ男性になることに意識を向けましょう。 外国では女性のバッグさえ男が持っています。日本だとそこまでしている人はいませんし、日本人女性であればそこまで求めていないですよね。 しかし外国人を彼女にしたいのであれば常にお嬢様のように扱うようにするほうが良いということを覚えておいてください。 デートの送り迎えはもちろんのこと、歩くときは車道側を歩き、車に乗る時はドアを開けてあげましょう。 レディファーストにルールはないのでどれだけ女性を思いやれるかがポイントです。 思いやることができる男はどこの国でもモテます。思いやりの精神を鍛えると思っておきましょう。

会話ができること

いくらあなたが相手を好きでも会話をすることができなければどの方向へも発展しませんよね。 母国以外の国の言葉を完璧に覚えるのは簡単なことではありません。でも伝えたいことが伝わるくらいの会話力はほしいところです。 始めはスマホの通訳アプリを使いながら会話を進めれますが、二人の仲を進展させたいのであれば翻訳アプリがなくても意思疎通ができるようになりましょう。

積極的にアピール

日本人の女性は草食系男子が好きな人もいますが、外国では草食系男子が女性ウケする可能性はとても低いです。 なぜ外国で草食系男子がウケないのかというと、日本以外の国では付き合いを始めるのに「告白をする」という概念があまりないことが第一の理由です。 外国ではわざわざ告白をする人は比較的少なく、雰囲気で付き合っているような形に持っていくことが多いのです。 そのため、彼女にしたい相手には積極的にアピールをしなければカップルになることはむずかししく、もし仮にライバルがいたとしたら積極性なしではライバルに勝つことは不可能でしょう。 積極性を持ち、ストレートな愛を表現できるように、すぐにでも肉食系男子デビューしておいてくださいね!

モテる秘訣は、アピールとコミュニケーション

いかがでしたでしょうか? 今回はどこの国の女性にも通用するモテ対応をご紹介しました。 どこの国の女性に恋をしたとしても自分の気持ちを最大限にアピールすることはとても大切なことです。 自分の気持ちを伝えることができて、コミュニケーションをうまくとることのできる男性はどこの国の女性にでも確実にモテます。 あなたもぜひモテ対応を身に着けて外国人女性と素敵な付き合いをしてみてくださいね!