自炊男子はモテる!?深型フライパンで基本の調理を楽々マスター!

Boy.公式

初めての一人暮らし、やらなきゃいけないことがたくさん!毎日の料理も、その中のひとつですよね。とは言うものの、「料理なんて、調理実習でしかやったことないよ!」というboy.男子も実は多いのでは? 今回は、深型フライパンで基本の調理法を楽々マスター♪洗い物が少なくて台所もスッキリ。節約もバッチリなレシピで、6つの基本調理法をささっと覚えちゃいましょう!

まずは、どこでも売ってる「深型フライパン」をGETしよう。

「今日の夕飯から早速チャレンジしてみようかな?」と思いたったそこのアナタ!せっかくなので、調理器具を買いに行こう♪このとき選んでほしいのが、深さがあって大きめの「深型フライパン」。実はこれ、「焼く」や「炒める」の他にも色々な調理ができちゃう優れもの。ゲームだってはじめは簡単な装備で基本の操作を覚えていくように、まずは使いやすいアイテムで基本をしっかり押さえていこう!春休みのうちに練習すれば、新しい友達に一目置かれること間違いなし♪深型フライパンはお家の近くのスーパーやホームセンターゲットできます♪早速お店にLet’s GO!

調理法① 野菜炒めで覚える、「炒める」。

フライパンをゲットしたらまずチャレンジしたいのが「炒める」の調理法。火が通りやすい野菜炒めや中華のチャーハンなどは、この方法で出来ちゃいます♪    

【野菜炒めの作り方】

①好きな野菜をカットする
②フライパンに火をつけて、油を引く
③フライパンに野菜を投入!
④塩胡椒で味をととのえたら、完成!    

☆ポイント☆

野菜炒めは、強火で素早く調理するとシャキシャキで美味しく仕上がります♪味付けを焼肉のタレやドレッシングにすれば楽しみ方は無限大!

調理法② ステーキで覚える、「焼く」。

「炒める」ができたら次は「焼く」。この調理法を覚えれば、焼肉や焼き魚などのメインディッシュが簡単にできちゃいます。「炒める」との違いは焼きあがるまであまり食材を動かさず、しっかりと待つこと。特別な日に作りたいステーキも簡単にできちゃいます。

【ステーキの作り方】

1.フライパンに火をつけて、油を引く。
2.ステーキ肉をフライパンに置いて、片面に焼き目がつくまで焼く
3.焼き目がついたら裏返す
4.裏返した面にバターをひとかけのせてフタをしてさらに焼く
5.火が通ったらフタを開けて、ステーキソースをかけて完成!

☆ポイント☆

冷蔵庫から取り出したお肉にフォークなどでたくさん穴を開けてから焼くと、素早くしっかり火が通って、柔らかくて美味しい仕上がりに♪

調理法③ たらこパスタで覚える、「茹でる」。

メインディッシュを作れるようになったら作ってみたいのが、「茹でる」で作るごはんもの。ラーメンやパスタなどの麺類はこの調理法で一通りカバーできちゃいます。ここからが深型フライパン調理の腕の見せ所!お湯をたっぷり沸かすことができるのが、普通のフライパンとの違いです。

【たらこパスタの作り方】

1.深型フライパンにお湯を沸かす
2.お湯が沸いたらパスタを投入!
3.パスタの袋に表示されている時間に合わせてタイマーをセット
4.ボウルなどに、たらこ・バター・牛乳(生クリーム)・醤油を入れて混ぜてソースを作る
5.タイマーが鳴ったら茹で上がったパスタをボウルに入れて混ぜる
6.お皿に移して海苔をかけたら出来上がり!

【パスタのポイント】 パスタを茹でる時は、時々フライパンの中身をかき混ぜると麺がくっつきません。食用油をひとさじ入れると吹きこぼれ防止になりますよ♪

調理法④ 肉じゃがで覚える、「煮る」。

次の調理法、「煮る」は「炒める」と「茹でる」の組み合わせ。これができると肉じゃがや筑前煮などの和食のレパートリーがぐっと広がりますよ!

【肉じゃがのレシピ】

1.ジャガイモ・玉ねぎ・にんじん・牛肉を食べやすい大きさにカットする
2.フライパンに油をつけて、油を引く
3.火が通りづらい、玉ねぎ→牛肉→ジャガイモ・にんじんの順にフライパンに加えて炒める
4.だし汁をフライパンに注いで沸騰させる
5.醤油・みりん・砂糖を加えて煮つめたら完成!


☆ポイント☆

調味料はめんつゆでも代用可能!だし汁は、だしの素+水1カップでも作れます♪

調理法⑤ 唐揚げで覚える、「揚げる」。

ついついごはんが進んじゃう、唐揚げやおやつにぴったりのフライドポテトが作れる「揚げる」の調理法は、油の温度をしっかり高温にするのがコツ。油を大量に使うので、火事に気をつけて挑んでみよう!

【唐揚げの作り方】

1.唐揚げ用の鶏肉に唐揚げ粉をまぶす
2.深型フライパンに食用油を注いで180℃まで加熱
3.フライパンに鶏肉を投入
4.揚がったものからキッチンペーパーなどに置いて油をきったら出来上がり!

☆ポイント☆

ステーキと同じく、鶏肉にもフォークで穴を開けてから粉をまぶすと焦げずにしっかり揚がります♪

調理法⑥ 餃子で覚える、「蒸す」の調理法。

唐揚げと同じくごはんが進む餃子や、旅館みたいな茶碗蒸しが作れちゃう「蒸す」の調理法は火の通り具合をしっかり見極めるとぐっと美味しく仕上がります!

【餃子の作り方】

1.ひき肉にきざみ野菜を加えてこねて、肉ダネを作る
2.肉ダネを餃子の皮でつつむ
3.フライパンに油を引いてあたためる
4.包んだ餃子を並べて焼き目がつくまで焼く
5.焼き目がついたら餃子の肩くらいまで水を加えて蓋をする 6.皮全体が半透明になって蒸しあがったら完成!

☆ポイント☆

水を加えずにひっくり返して焼き上げるとカリッと仕上がる焼き餃子も出来ちゃいます♪

フライパンひとつで毎日の自炊を始めよう!

いかがでしたか?意外といろいろ作れちゃう深型フライパン。毎日の自炊で、節約しながら料理のレベルUPをしてみてはいかがでしょう?トライ&エラーで美味しい料理を作ってみてくださいね♪