YYCのママ活で稼げない?ママ活に向かない理由とおすすめアプリを紹介!

boy-menber-03
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

ママ活に興味がありますか?

ママ活に興味がある方は多いかと思います。

ママ活をするにはまずは、ママさんと出会わないといけません。

でも、出会い系サービス、マッチングサービスはたくさんあるので、どのサービスを使えばいいか悩むかと思います。

今回、YYCのママ活について調べてみました。

YYCは昔からある有名な出会い系サービスです。

普通の出会いであれば利用者も多く、出会いやすいのですが、ママ活になると事情が変わってきます。

結論から言いますとYYCはママ活には向きません。

では、YYCの特徴となぜママ活に向かないか説明します。

そして、YYC以外でママ活におすすめのアプリサービスを紹介します。

よければ参考にしてください。

YYCはママ活に向いていない!向いていない理由を解説!

YYCの特徴

YYCは、2000年からサービスを続けている老舗の出会い系サービスになり、運営会社は、東証一部上場企業のグループ会社。

そのうえ、しっかりとした24時間サポート、悪質なユーザーの監視などしてますので安心して利用できます。

会員数も多く、コミュニティなどの機能がありますので出会うまでは効率的。

また、YYCでは他の出会い系サービスにはないランキング機能があります。

ランキングが他のユーザーの投票で決まり自分が他人からどう見られているかわかります。

順位が上がれば女性からも注目されますので順位を上げてみるのも面白いでしょう。

YYC がママ活に向いていない理由1:料金が高い

YYCは真剣な出会いを求める人が多く存在するサービス。

そのため、他の出会い系アプリとは異なり、料金が高めに設定されています。

本気で出会いを求める分には活用しやすくとても良いのですが、ママ活目的となると話は別。

お金が欲しくてママ活をしているのに、高い料金を払っていては本末転倒ですよね。

ママ活には向いていないと言えるでしょう。

YYC がママ活に向いていない理由2:女性の年代が若い

YYCは真剣な出会いが目的ということもあり、女性の年代は比較的若めになっています。

20代~30代の女性が中心。

出会い目的であれば嬉しいですが、ママ活目的と考えると年齢が若いことはデメリット。

男の子にお金を使ってくれるママがその分少ないということになります。

年齢が若く、お金を持っていない女性が多いことはママ活に向いていないと言えるでしょう。

YYCの特徴3:あの有名企業のグループ会社

YYCの運営会社は、株式会社ミクシィのグループ会社ととなります。

そのため、サクラもいません。

また、何かトラブルがあっても24時間のサポートがあります。

ということは、逆を言えばママ活目的での利用がBANされる可能性も。

真剣な出会いを求めていないということで、運営側から対応されるリスクがあります。

ママ活には向いていないと言えるでしょう。

YYCはママ活に向いていない!ママ活に向いている他のアプリを紹介!

ママ活他のアプリ

安心して利用できるYYCですが、ママ活を目的に使うとなるとおすすめできません。

他のママ活に向いているアプリを見ていきましょう。

 

ママ活に向いているアプリその1:イククル

サービス名 イククル
おすすめ度  ☆☆☆☆
料金  ☆☆☆☆☆
女性の年齢 20代から30代の若い世代

イククルは会員数1500万を超え、2000年からサービスを続けている老舗の出会い系サービスです。

いろいろな機能を使うのにポイントが必要な出会い系サービスは多いもの。

その点、イククルでは、女性のプロフィールを閲覧する際にポイントがかかりません。

さらに、日記機能があり、無料で閲覧、書くことができ、その上無料でコメントができるので、ポイントを節約してやり取りができるのです。

日記から女性の特徴や目的を調べることもできますので、その情報をもとにアプローチも可能。

また、アプリでは毎日ログインボーナスでポイントがもらえます。

イククルでは、ポイントを節約してママを探すことができます。

残念ながら業者や援交目的の女性も多いですが、日記機能を使えば簡単に判断が判別可能。

以上を踏まえて、イククルは安くママ活を行えるので、おすすめです。

ママ活に向いているアプリその2:Jメール

サービス名 Jメール
おすすめ度  ☆☆☆☆
料金  ☆☆☆☆
女性の年齢 20代から30代の若い世代

Jメールはサービス開始から18年以上たっている出会い系サービスです。

住んでいる場所や年齢から相手を探して出会うができます。

掲示板検索でも地域年代など細かく指定して検索ができるので、年下狙いのママさんなどを探しやすいことも魅力。

また、アプリであればつぶやきの投稿が1日3回まで無料で利用できます、Web版であれば日記を無料で何度でも投稿できます。

このつぶやきと日記を使えばポイントを節約してママさんを探せます。

ママ活に向いているアプリその3:ワクワクメール

サービス名 ワクワクメール
おすすめ度 ☆☆☆☆☆ 
料金 ☆☆☆☆☆
女性の年齢 20代から30代の若い世代

ワクワクメールは2001年からサービスを続けていて、会員数は800万人を超えています。

ワクワクメールはセルフィー認証を導入していますので、怪し業者などに騙されるリスクが低いです。

相手が業者か不安。

そな方でも、安心してご利用できます。

ワクワクメールにはTwitterのようなつぶやき機能があり、無料で使えます。

なので、ポイントを節約して女性にアプローチが可能。

以上、ワクワクメールは業者に合うリスクも低く、ポイントを節約して効率的に女性と会えます。

なので、ママ活目的の女性を探しやすく、低コストで出会えます。

YYCではセフレを作れないので他のアプリを検討しよう!

YYCママ活結論

YYCは長年運営され安心して利用でき、利用ユーザー数も業界随一。

単純な出会いだけならいいサービスですが、ママ活に限定するとおすすめできません。

プローフィールを見るだけでポイントを消費しますので、コスパが悪いです。

ママに出会う前に相当なポイントが必要になります。

ポイントを節約して利用できる他のサービス、アプリを利用することをおすすめ。

イククルであればプロフィールは無料で閲覧。

さらに、アプリであれば毎日ログインポイントが付きますし、日記の機能を使えば無料でのやり取りも可能です。

他のサービスのワクワクメールもプロフィールの閲覧は無料。

ワクワクメールはつぶやき機能があるのでこちらも無料で使えてママさんとの出会いのきっかけにも使えます。

Jメールであれば、つぶやきと日記を無料で使えるので、ポイントを節約してママさんを探せます。

これら3つのアプリのほうがコスパがいいので、YYCではなくこれらのアプリを使うことをおすすめ。

恋愛でお困りではありませんか?
悩みや不満を是非コメント欄にお願いします!

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ