好きな人の作り方がわからん!そんなメンズに朗報まとめ

藤本 郁哉

思春期から若い男性にある悩みとして、明確になってきたのが「好きな人ができない問題」です。

SNSなどで多くのコンテンツがあり、それらをしていればたしかに面白く楽しいのですが、一方でなにかが物足りないと感じてはいないでしょうか?

なにかの物足りなさとは、トキメキではないでしょうか?

ひとつに好きになれる恋人の存在ではないでしょうか?

なぜかわからないけど、好きな人ができずに悩んでいる男性たちの悩みを解くきっかけとなり、新た見え方となって日常を過ごせるようになると幸いです。

好きな人欲しいけど…どうしても作り方がわからない!

好きな人が欲しい、恋人が欲しいけど、どうしていいかわからない…なにかの参考をと考え探しても、メディアなどでも具体的に方法を紹介されていません。あるとしたら人を好きになってからの心境を綴った感情共感本や、心理学の本です。

好きな人ができないと悩んでいるときに、悩みの突破となる足がかりが見当たらないと不安定な宙に浮いているように感じ、なんとも不安な心境になってしまいます。

悩みを解くため最初に知りたいのは、人を好きになったあとの軌道の乗せ方ではなく、最初にどうやって人を好きになるか。ということですよね。

なにかが足りないピースを探し、男女ともに充実した生活を送れるよう一歩を踏み出しましょう。

好きな人の作り方がわからないメンズ諸君!無意識にこんなことをしていませんか?

好きな人の作り方がわからないと思うのは、実は恋心はあるのですがアプローチの仕方が間違っているために、自覚がないせいかもしれません。

人を好きになれる恋心があるのに、無意識なアプローチが間違っているために知らず知らずフラれているとしたらもったいない話です。

男性は性別の特徴として機械的や計算的といった答えのある考え方は得意なのですが、答えのない恋愛となると、たちまちどうしていいかわからなくなってしまうこともあります。

明確な答えはないものの、女性に好かれるために良いアプローチや、好意があっても嫌われてしまうNGなアプローチがあります。

知らず知らずNG行動をとっていないか、一応確認しておきましょう。

女の子を減点方式で見ている

恋とは関係ない話ですが、あなたの生活状況を採点するとします。最初は無条件で100点です。採点者が悪いところを指摘していき点数が減り、最終的な評価が決まる仕組みです。

同じくあなたの生活状況を採点するとします。。最初は無条件で0点です。採点者が生活スタイルの良いところを見つけて加点していき、最終的な点数が決まります。

どうでしょう? どちらにせよ50点だとしても、

前者は妙な圧力を感じないでしょうか? 普通に暮らしているだけなのに、なんか点数引かれてる? といったヤキモキする気持ちにもなってしまいます。

後者は自分の生活の良いところを見つけてくれているようで嬉しく感じませんか?

無意識だとしても圧力を感じている心境と、ワクワクしている心境では、感情の反応も変わってきます。女の子との恋愛も同じです。

誰でもいいや!と投げやりになっている

女性とは男性よりも相手の心境を見抜く能力に優れている傾向があります。

女性候補が6人いたとして、選出するのにサイコロをふって出た目で決めるような、投げやりの心境は見抜かれてしまいます。

気軽に話しかけるのは良いのですが、軽すぎるのは問題です。

また、良い相手を考えるのに疲れてしまい、近くにいた手頃な女性でいいかと思う投げやりな心境も、相手の女性にも失礼に当たりますし、本当の意味で良い恋愛とはなりません。

もちろんすぐ近くにいた女性を好きになることもあるのですが、その動機が大切です。

理想が高すぎる

理想を求めて邁進してきた方であればあるほど、無意識に相手にも同じように理想を求めようとしてしまうことがあります。

理想をひたむきに追求することは社会的には良いことなのですが、こと恋愛となると様相が変わってきます。

自分を高めるため学問や企業で得た理想に近い正解となるノウハウを、同じように恋愛でも使おうとすると急に通用しなくなり、わけがわからず戸惑ってしまうのも無理はありません。

人の心とは難しいもので、積み木のように立てれば立つようには出来ていません。

それが恋心となればますます難しいものとなっています。

理想の高い低いではなく、恋愛とはお互いの目線を合わせて良好な関係を築く目的があるとも言えます。

自虐ネタばかり言っている

自虐ネタは、相席店などで初対面の相手とうちとけるための話のネタとしては、いい感じの話題となるのですが、長い付き合いを想定している恋愛においていつも自虐ネタばかりだと、自信がなく頼りなさそうにも見えてしまいます。

痛々しく危なっかしい人との印象にもなってしまうかもしれません。

どれだけ時代が変わろうとも、多くの女性は自信があり堂々としている男性を好む傾向は変わっていないようにみえます。

女性も付き合っている男性を女友達たちに堂々と紹介できれば嬉しいものであり、気持ちの良いお付き合いと周囲からも好印象を得られるでしょう。

そもそも女の子との接点が少ない

状況によってはもっとも悲惨な状態となっているかもしれない、女性と接点のない暮らしです。仏頂面になってふてくされているとしたら、周囲から話しかけて心配してあげたいところです。

これらの男性はひたすらにスポーツに精をだしていたり、あるいはヲタク系男子に多いかもしれませんね。

アウトドアでもインドアでも陥りかねない、女の子と接点がない問題はハマッてしまうと厄介なところです。

心と表情をほぐして好きな人が欲しいと思たら、まず女の子たちがいそうな場所へ行きましょう。オシャレなカフェ、相席店、メンズエステ店では身だしなみも整えられて一石二鳥です。

いつも独りでいる

いつも1人でいて、1人が好きという男性がいました。本人は素のままのつもりで、たまたま周囲からもクールなカッコいいイメージが定着していた男性がいました。

クールなカッコよさは憧れともなる一方、近寄り難さの方向へ伸びてしまうと、きっかけとなる出会いも少なくなるとも考えられます。

でも実は、その男性は誰よりも寂しがり屋だったのです。

自分が実は寂しがり屋だったと自覚するのは、とても勇気がいることです。

クールな1人スタイルという、ある意味自分で自分に課した重荷を勇気をもって降ろすことで、ちょうど良く身軽となり快適な恋愛事情へと進めるでしょう。

好きな人の作り方がわからない時はこうすると良いよ!

好きな人の作り方がわからない?

finger snapping(フィンガースナップ) 日本語にすると指パッチンのことですが、指の周囲にハートマークをイメージしてやってみると好きな誰かが見えるかもしれません。ちなみに音は鳴らなくてもいいです。

指パッチンだけで相手がわかればアプローチしてみましょう。相手がわからない人も明確に好きな人を作り、アプローチをかけるためにオススメできる方法がいくつかあります。

順に具体的な方法を紹介していくので、自分にあった方法を試してみましょう。

自分磨きをしてみる

自分磨きとは、自分自身を精練(練習すること.鍛えること)することです。なんだか体育会系の言葉のようにも聞こえますが、学問の学びもそのひとつです。

新たな感覚を自分に取り入れることで、普段のストレスを融解させられることも大きなメリットです。

コツは一気にやろうとしないことです。あまりにのめり込むと、磨くまえに自分がヘロヘロになってしまいかねませんからね。

コツコツと練習を重ね鍛えられた技能はあなたの特技となり、あなたの確かな魅力として定着します。その頃には自らの自信をもって女性へ堂々とアプローチをかけられる好青年となっているでしょう。

イメチェンにトライ!

イメチェンをしてみたことはあるでしょうか?

人との出会いにおいて初対面のイメージはとても大きな意味をもっています。パッと見た時点で、その人のイメージが相手からは大まかな人物像として認識されてしまうのですから、ある意味残酷な感覚ですよね。

女性の多くはちゃんとした身だしなみの男性を好む傾向にあります。

いつでも構わずヨレヨレの服を着ていて髪型も無頓着になっているよりも、その場にあった正装を心がけて髪型も簡単にセットするだけで、女性への好印象となります。

自分でも自信がもてるスタイルを確立できれば、魅力的な人物像として周囲にも伝わるでしょう。

出会いの機会を増やす

先述の「そもそも女の子と接点が少ない」という状況にある場合は、まず誰か女の子と出会い多少なりとも会話を交わせるようにならないと、自分の良いところや改善点も見つかりません。とにかく出会いを見つけましょう。

とはいえ日本人男性はシャイな方々が多いので、思い通りにナンパできる人は少ないでしょう。

そこでオススメスポットが、相席店です。座席に客同士が相席となるようにお店側が取り繕ってくれるので、確実に男女の出会いがあります。

各地域で開催されている「街コン」や「婚活パーティー」に参加するのも有効です。

好きな人が欲しい・恋愛したいと周囲に公言する

街頭演説している政治家のように、普段の環境のなかで「好きな人が欲しい」と発表する大胆な方法です。

テレビ番組にあるような、学校の屋上から大声で告白するシチュエーションが想像しやすいでしょうか。

だとしてもなかなかに勇気のいる決断ですね…そのぶんインパクトがあり男気溢れる方法とも言えるでしょう。発表の文言によっては、想いを抱えていたけれど言えなかった人が周囲にいた場合に、たちまち両思いのめでたいカップルが誕生するかもしれません。

言霊という言葉もあるように、発言には自身にも周囲にも影響を与える力を持っています。発表までいかなくても、好きな人が欲しいとつぶやいていると、自己暗示ともなり、そのうち誰か良さげな相手が思いつくかもしれません。

女の子のことを加点方式で見てあげる

普段顔を合わせている女性がいたとしても、そっけない会話だけで終わらせてはいないでしょうか?

女性とは褒められれば嬉しい気分となります。男性よりも褒めたときの発言効果は大きいのかもしれません。

可愛いね、綺麗だね、オシャレだね、髪型似合ってるね、気がきくね、いつも頑張ってるね、、あとはなにがあるでしょうか?

女性がそっけなく受け取っていたとしても、内心嬉しいはずです。もしあまりにもドン引きされてしまったら潔く身を引くのが紳士の嗜みです。辛いですけどね。

男性も言うのは恥ずかしいかもしれませんが、文言は普通の言葉ばかりで十分です。むしろオーソドックスな言葉だからこそ相手にも響きやすいのかもしれませんね。言ってるうちにその女の子のことを本当に好きになる心理効果も期待できます。

人に興味を持ってみる

SNSで簡単に誰かと繋がれるようになった反面、ひとりひとりへの興味の入り方は薄れていっている傾向にあります。

それぞれの思いつくままの発言が飛び交う不特定多数のチャット会話なども楽しいですが、特定の個人を好きになる場合は、目の前の相手との接し方となり、それまでしていたSNSのやりとりとは別の考え方や心境が必要となる場合があります。

そのSNSも実際向こう側にいるのは同じ人なのですけど、ついつい忘れてしまうのも人なのでしょうね。

2人でいるときは会話内容自体はつまらなく感じる素っ気ないものかもしれません。その奥の心境を察せられる同士の相手とこそ、良いお付き合いができるのではないでしょうか。

好きな人が出来るか出来ないかはあなたのマインド次第!

ところであなたはなぜ好きな人が欲しいのでしょうか?

1人だと寂しいから? 特定の誰かに自分を認めて欲しいから? 自分の考えを誰かと共感したいから? モテたいから? 結婚したいから? エッチな下心も人を好きになる立派な理由のひとつです。

なにかしらの理由によってあなたが誰かを好きになったら、またなにかしらの理由によってあなたを好きだと言ってくれる相手が現れるでしょう。

同じ考えで2人は惹かれ合っているかもしれないし、別々の理由であっても2人の間柄を合わせるのにとても都合の良い事柄があり、お互い好きでいるのかもしれません。

記事内にはいくつか心境という言葉を散りばめられています。心境とは心の状態という意味の言葉で、人の生活のあらゆる事象は心境によって彩られていると言っても過言ではありません。

好きなことが欲しいと思った心も人々の生活を彩ります。

忘れていた楽しい心を自分の内面から湧き上がることを楽しみ、楽しい恋愛へと進みましょう。

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ