おっさん同士のピュアなラブ??『おっさんずラブ』の魅力を徹底解説!

きんぴらごぼう

ネット上で話題となり、2018年の流行語大賞でトップ10入りも果たした「おっさんずラブ」をご存知でしょうか?
2019年には映画化も決定している女子に圧倒的な人気を誇り、社会現象にもなったテレビドラマです。

果たして、なぜおっさん同士の恋愛に女子がここまで熱狂したのか!?
今回はそんな「おっさんずラブ」を解説していきます!

おじさん同士の恋愛モノ!?

「おっさんずラブ」を一言で表すと「おじさん同士のラブストーリー」です!

男同士の恋愛を描いたBL(ボーイズラブ)作品ですが、田中圭さん、吉田鋼太郎さん、林遣都さんといったイケメン俳優達の演技力や、男同士だけど純度100%のラブストーリーが女子のハートをキャッチしました!

何がそんなに女子の心を掴んだのか!?
苦手な人も、そうじゃない人もそっと覗いて見ましょう!

サクッとストーリー

一言でストーリーを説明すると、女好きだけどモテない33歳のおっさん主人公・春田創一(田中圭)と、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさんヒロイン”黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、さらに同居している“イケメンでドSな後輩ライバル”牧凌太(林遣都)が織りなす、おっさん同士のラブコメディーです。

なぜ受けたのか?

おっさん同士の恋愛になぜ女子が熱狂したのか、ポイントは3つ!

純粋すぎるラブストーリー

『おっさんずラブ』は“人を好きになるとはどういうことなのか”を改めて考えさせてくれるような純粋で真っ直ぐな恋心を描いた作品です。
この純粋な恋心が、日頃下心やセクハラに巻き込まれ疲れ切っている女性達に衝撃を与えました。

いつもは冷たい態度の女性達も、実は純粋な気持ちを忘れたくないもの。
そう、私たちが求めていたものはこれなの…!と感涙した女性たちも多いようです。

さらにボーイズラブが好きな層はもちろん、そうでない人も受け入れられるようにラブコメ仕立てになっているので全く不快感を感じません。
そんな男性同士の恋愛を特別なものとして描かずにあくまで“王道ラブストーリー”として描かれているのが色んな層のハートをキャッチしました。

憎めないキャラクター

この作品に登場する人物がとにかく誰一人憎めないキャラクターで、恋愛ドラマであるはずなのに誰かが悪者になることはありません。
むしろ登場人物みんな恋愛に対して、行動も言動もストレートで思わず応援したくなるような魅力を持っています!

男性でも(むしろ男性に?)彼らの魅力は痛いほど伝わるはず!
あなた自身にもそんな魅力がないか一度見つめ直してみては?

公式インスタグラムの裏アカが面白い!

『おっさんずラブ』の公式インスタグラムには40万フォロワーを超える人気の裏アカウントが存在しています。
その名も『武蔵の部屋』で、乙女心を持つ55歳の部長・黒澤武蔵が愛しの“はるたん”こと春田を隠し撮りしている写真をこっそり公開しているという設定のアカウントです。

ストーリーと連動した写真と乙女心が炸裂している武蔵のハッシュタグがほっこりしたり、愛しの“はるたん”に対しての愛の言葉に心打たれたりするのでぜひチェックしてみてください!
部長の一途さが痛いほど伝わるのもこの裏アカの良さです…!

恋愛で大事なことを思い出させてくれる作品!

『おっさんずラブ』はBLに興味がある人も、そうじゃない人も、きっと恋する楽しさ、辛さを思い出させてくれる、純粋さ100%の作品です。
そんなピュアなストーリーをみて恋心に栄養を与えてみませんか?

映画化決定と同時に年明けから再放送も決定しているのでぜひチェックしてみてください!

タグ一覧へ