何気ない毎日のLINEが既読スルー…原因はアピールのしすぎだった!

Boy.公式

普段何気なく送ったつもりのLINEでも、女の子から既読スルーされてしまうことってありませんか。

その原因は、気が付かないうちに女の子をイラっとさせている余計なLINEの一言かもしれません。
女の子がイラっとする理由としては、男性のアピールのしすぎという声があるようです。

アピールのしすぎはモテない原因にもなります。
既読スルーされないために、具体的に注意すべきポイントは何でしょうか。

仕事のアドバイスのつもりが説教に

女の子の仕事の話を聞いていると、ついアドバイスをしたくなってしまう時もあるでしょう。
しかし、本人はアドバイスのつもりでも、女の子にとっては説教に聞こえてしまうことがあります。

正しいことを伝える時でも気を付けて

気付かないうちに女の子を傷つけたり、イラっとさせてしまっていることもLINEを既読スルーされてしまう理由でしょう。

アドバイスと説教はどちらも相手を注意し、正しいことを伝えると言う意味では同じように聞こえますが、ここで重要なのはその伝え方です。

女の子は言葉の事実よりも受け取った感情に影響されることが多いです。

お互い表情の分からないLINEでは特に伝え方に気を付けないと、貴重なアドバイスもただの説教だと受け取られてしまいますよ。
女の子にモテないどころか、避けられてしまうこともあるので注意が必要です。

否定的な指摘や自分の話ばかりしていませんか?

LINEを送るときに、上から目線で否定的な言葉を使うと嫌な印象を受け、説教されていると感じます。
また、いくら自分が仕事ができるとしても、それをアピールしすぎるのは考えものです。

自分の経験を自慢されているように感じられてしまい、素直に受け取ることが難しくなってしまいます。

尊敬の気持ちは女の子にとって大事な恋愛の要素です。
ここで女の子の心に壁を作ってしまうようでは、モテることとは程遠いでしょう。

解決策などポジティブな提案を

「これは間違っている。だからお前はダメなんだ。」と言うのと「これについては協力するから解決策を一緒に考えよう。」と言うのでは、全く印象が変わりますよね。
相手の立場に立って、自分は協力的であることを伝えることが大切です。

あなたの思いやりや協力的な姿勢が伝われば、一気に信頼を得ることができますよ。 女の子があなたに心を開けば、親身なあなたにときめきを覚えることもあるはずです。

読む気が失せる長文LINE

長文のLINEも既読スルーされやすいものになります。

スクロールするほどの長文は少し待って!

スクロールしなくてはいけないほどの長文は、女の子の読む気をなくしてしまいます。
普段から本や文章を読むことが苦手な人には、特に嫌がられてしまう可能性が高いです。

重たいと感じ、実際に会っておしゃべりすることも避けたい気持ちも出てきます。

LINEはあくまでも会ってデートをするための手段。
長文ラインに気付いたら、一旦文字を打つ手を止めてデートに誘う口実にできないか考えてみるのも手です。

一方的な長文は伝わりにくいという欠点も

それだけではなく、長すぎると何を伝えたいのかわからず、返信しにくいという理由もあります。
また、長文になると、書いているうちに内容が一方的な気持ちになりがちです。

恋愛の基本はお互いにコミュニケーションを取ることです。 一方的なLINEを続けてしまうようではモテとは程遠いでしょう。

アドバイスのつもりが説教になってしまうのと同様に、説教から愚痴に変わってしまうこともあります。
一方的な仕事の自慢や愚痴、苦労などのアピールのしすぎは人間的な評価を下げることにもつながります。

要領を得ない話は自分の評価を下げる

時間をかけて読んでも、結局要領を得ない中身のない内容だったとなれば女の子はイラっとするでしょう。
その結果、既読スルーとなってしまうのです。

それどころか、言葉の伝え方が上手ではないと語彙力がないという印象すら与えかねません。
まわりくどい言い方や一方的な気持ちを書くことは避け、要点をまとめて返信しやすい文章を作りましょう。

俺仕事ができるぜ!アピールLINE

アピールしすぎは印象が良くありません。
これも返信しにくく、既読スルーされやすい理由になります。

自慢のつもりはなくても、自分の話は最小限に

「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあるように、仕事が出来る人はペラペラと自慢するようなことはしません。

例え本当に仕事が出来るとしても、その発言によって自分自身の評価を落としてしまうことはありがちです。

特に、無意識にでも女の子によく見られたいという気持ちがあれば、そういう気持ちは見透かされてしまうでしょう。
そういう場合は特に意識して自分の話を控えた方が身のためです。

行動に現れているのが本当の評価

過去に成功した経験やいかに努力をしているか、仕事が早いかといった内容は自分では自慢しているつもりがなくても、聞かされている方はそう捉えてしまう可能性が高いです。

アピールしなくても、努力したことや出した結果は気付いてもらえます。
余計なことを言って無駄に自分自身の評価を下げ、嫌われてしまってはもったいないです。

LINEでは笑い話にする程度が〇

自分の経験や仕事のことを話したいときは、それまでの話の流れから違和感なく、自然な内容を送るようにしましょう。
また、自虐を交えて笑い話にしてしまうのも、好感を持ってもらえる簡単な方法です。

もし自分の話や愚痴などを聞いてほしい場合は、LINEではなくデートの約束をしてしまうのも良いでしょう。
直接顔を見ながら話を聞いてもらえば一方的にもなりにくく、親密度も上げることができます。

LINEでは長文LINEをやめて「今度話聞いてくれない?」と送るだけで、デートに誘えるうえにLINEが既読スルーされることも無くなりますよ。

女の子に既読スルーされないLINEを!

仕事が出来ることをアピールしすぎたり、相手のことを考えない一方的なLINEは既読スルーされる原因になります。
否定や自慢をせず、簡潔で分かりやすい内容にすることで女の子も返信しやすくなるでしょう。

LINEで既読スルーされやすいというあなたは、メッセージを送る前に相手の気持ちを考えてみましょう。
そうすれば、あなたの高評価につながったり、デートの口実を手に入れることもできますよ。

タグ一覧へ