彼女の口臭キツッ…!!気になる口臭の改善対策と伝え方は?別れなくても大丈夫!

Boy.公式

口臭を気にしている人は結構多いものです。忙しい現代人は、口内ケアがなおざりになりがちです。
例えば、彼女の口が臭かったらどうでしょうか?
一緒にいると鼻をつまみたくなるけど、彼女が傷ついてしまう。はっきり言いたくても言えないけど…それが何日も続くと、別れてしまいたくなるかもしれない。そうなる前に手を打ちましょう!
ケアは意外と簡単です。今は安くて手軽に口臭改善できます。

実は多い!?口臭がひどい女子

実は多い!?口臭がひどい女子

寝起きで彼女の口臭のひどさに気がつくと、思わず一気に別れたくなる気持ちになるものです。
まるでドブのような口臭は流石に耐え難いので、改善するように伝えたり努力をしてもらう必要があります。
ストレートに臭いと言うと相手は傷つきますから、自分で気がつけるようにヒントを与えることがポイントとなります。
例えば、自分からケアに力を入れることを宣言して、彼女にも一緒に取り組んでもらうなどが有効です。
口のニオイは自分で気がつきにくく、ケアが足りていない女子が案外多いので、実はこのような問題を抱えている人は少なくないです。
寝起きでいきなり別れを考えなくても良いように、口の問題に気がついたらパートナーがフォローしてあげることが大切です。

言うべきタイミングと台詞

言うべきタイミングと台詞

女子はきつい言葉に敏感ですし、それがパートナーからとなると余計に傷つくものです。
ひどいことを言われたと、回りに言いふらされる可能性があるので、言うべきタイミングと台詞には要注意です。
言うべきタイミングは、必然的に口臭が強まる食後のタイミングがおすすめです。
にんにくやニラなどニオイが強いものを食べた後こそ、相手を傷つけずに済むタイミングとなるでしょう。
口臭の原因は本人ではなく他の要因にそらす、これが彼女に台詞を伝えるコツだといえます。
台詞は、食べたもののニオイが気になるといった内容が有力で、伝え方は優しく事実だけを丁寧に言葉にするのがベストです。
歯を磨いたか尋ねたり、口臭が強いと伝えるのはデリカシーに欠けますから、タイミングと同様に台詞のチョイスが大事です。

彼女が受け入れられなかった場合

彼女が受け入れられなかった場合

彼女が対策に非協力的だったり、改善に取り組んでもらえない時は、諦めずに根気良く説得することになります。
パートナーが感情的になってしまうと、2人の関係性にヒビが入りますから、改善を希望しても怒鳴ったり責めるのはやめましょう。
しかし、使いやすいと評判の歯ブラシをプレゼントしたり、口臭ケアグッズをおすすめするなど努力を続けると、彼女は変わってくれる可能性があります。
対策方法は1つではありませんし、人の心は変わることが珍しくないですから、パートナーの希望として根気良くメッセージを発信し続けることをおすすめします。
1回や2回で諦めるのではなく、何度も繰り返し度々、結果を焦らずに彼女と向き合うことが別れずに済む鍵を握ります。

責めずに改善してもらえるよう誘導しよう

責めてしまうと相手は拒絶反応が強まるので、感情で彼女の考えや行動を曲げようとするのは間違いです。
そうではなく、自ら改善してもらえるように誘導する、これが気になる口臭の改善に繋がる要点です。
本人に自覚がないケースだと、何も悪くないと思ってしまいますから、責めるのは逆効果で関係性の破綻に結びつきます。
まずは気がつかせることが肝心なので、責めるよりもどうやって誘導するか考えるのが有意義です。
改善の必要性が分かってもらえれば、自ら歯を磨いたり口臭ケアグッズを使うようになるはずです。
人は案外、自分で気がついていないことがありますから、少しずつ自覚を促して改善に誘導するのが理想的です。
責めても反発を生み何も良いことはないので、責めない方法で上手く誘導することが最善となるでしょう。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。