彼女の呼び方を違和感なく変える方法。告白前にも使える名前呼びの絶好のタイミングとは

Boy.公式

「念願叶ってやっと彼女ができた。」喜びの絶頂にいる貴方。些細なことでも幸せを感じることができ、まさに人生バラ色でしょう。しかし、ふとした瞬間に感じる距離感。それが互いの呼び方でしょう。さん付けや苗字でなく、名前で呼びたい!でも、いつ、どのタイミングで変えるのがよいのでしょう?また、何に気をつければいいのでしょう?

呼び方が与える影響。

呼び方が与える影響。

付き合い始めた頃は、彼女に馴れなれしい奴だと思われたくないという思いもあり、呼び方はさん付けや苗字が多くなります。最初のうちは、付き合い始めた新鮮さと普段とは違う呼ばれ方で特別感を感じるので問題ないのですが、気持ちも落ち着いてくると、やはり相手との距離感を感じてしまう原因になります。

そのため、お互いにいつまでもさん付けや苗字で呼んでいると、距離を縮めることができないような錯覚に陥り、中々自分の本当の気持ちを伝えることができず壁を作ってしまいます。当然、そういう状況では恋愛に進展がなく、自分にも相手にもメリットはありません。

呼び方は、二人の距離を縮める上で最も重要なキーワードでもあるわけです。互いを名前で呼び合うということは、二人のこれからの未来を占う大切な通過点と言えるでしょう。呼び方を変えるだけで、相手のことをぐっと近くに感じることができる、そういった意味で呼び方を変えることが必要になってくるのです。

何かをお願いするタイミングで

何かをお願いするタイミングで

彼女の呼び方を名前に変えるタイミングを図る上で、何かをお願いするタイミングがあります。そうすれば、違和感がなくスムーズに運ぶことが多いからです。そのとき、お願いするタイミングを逃さないように気をつける必要があります。

例えば、勉強中に集中して問題を解いているときなどは、他のことに気を取られることがないので、しっかりとタイミングを見計らって、質問するときや文房具を取ってもらうときに名前で呼んでも、気まずい雰囲気にならず、相手も受け入れてくれます。また、ショッピング中などでも、自然に呼び方を変えることができるでしょう。

要は、相手がなにかに気を取られているときに不意をついて名前を呼ぶことで、相手が呼び方を変えたことに気づかないような状況を見逃さないことが大切です。急に名前を呼ばれると相手も身構えてしまうでしょうが、何かに気を取られていれば、そういったことを気にする余裕がないので彼女も気にならず受け入れられるからです。

状況によって呼び方を変える

状況によって呼び方を変える

もう一つは、状況によって呼び方を変えることです。これは、告白する前にも使えます。彼女と過ごす様々なシーンで、その時の状況に応じて呼び方を変えることができるように設定するのです。

例えば、彼女と同じ役割に志願したり、同じグループに入ったりすれば、共同作業をする上で名前で呼びあうことはごく自然な流れとなり、なんの違和感もなく彼女の呼び方を名前に変えることができます。他に、英会話も有効です。英語はほとんどが名前を呼ぶことになっているからです。仕事や学習の流れでそのような状況があれば、積極的にコミュニケーションを取りに行けば確実に名前で呼ぶことができます。

大事なのは、名前で呼ばざるをえない状況を見逃さないようにキャッチできるかどうかです。例え告白前でも、これなら相手に違和感を与えず自然な流れで彼女の名前を呼ぶことができます。また、何度も繰り返して呼ぶうちに距離感も縮まるので、告白がうまくいく確率も高くなります。

その呼び方が与える印象を考えるとタイミングがわかる

彼女の呼び方を変えるということは、相手に心から親しみを感じていることを伝えることができます。きっかけは様々ですが、もっと相手のことを知りたい、もっと自分を知ってほしいという気持ちが強くなったときが呼び方を変えるタイミングと捉えることもできます。相手との距離を縮めることができるという点を意識することができれば、スムーズに呼び方を変えることができるはずです。

タグ一覧へ