一人暮らしの彼女と楽しく付き合うためには♪彼女の本音と気を付けるべきこと

Boy.公式

一人暮らしをしている彼女のお部屋に通い始めるときはマナーを守り、家主である彼女を最大限に尊重する気持ちを持つのが大切です。プレゼントを持参して2人きりの時間を楽しく過ごせるようにしましょう。彼女がまだお部屋に迎え入れるのが早いから反対したいと思っていそうなら、もう少し仲を深めてからにしようと考えるのも肝心です。

お部屋にお邪魔するマナー

お部屋にお邪魔するマナー

初めて一人暮らしの彼女のお部屋にお邪魔するときにはマナーを守る意識を常に持つことが大切です。彼女欲しいと思っていても彼女作り方で悩む人もいます。ようやく仲の良い相手ができたらお部屋に行けるようにアプローチしようと考える人もいるでしょう。ただ、行くことができたとしても満足してしまうのはリスキーです。

プライベートの空間に他人を入れるのは誰もが躊躇することです。少しでも気に障るようなことをしてしまうと機嫌を損ねてしまって取り返しがつかなくなるかもしれません。お部屋で仲良くなろうというのは結婚後の生活も想定して良い関係を作れる可能性がある魅力的な方法ですが、失敗のリスクも決して低くはないのです。

よくあるマナー違反を二つ知っておきましょう。彼女の部屋にある冷蔵庫を勝手に開けるのはマナーに反しています。また、セミダブルベッドがあったとしても気軽に触れてはいけません。自分から座って誘うような行為をするのは彼女から幻滅される原因になりかねないので注意しましょう。

彼女に一人の時間はある?

彼女に一人の時間はある?

一度彼女の部屋に行くことができると、二人きりの時間を過ごすために頻繫に部屋に行きたいと思うようになるでしょう。
お泊まりをしても良いという許可がもらえようものなら、暇さえあれば彼女の部屋に泊まろうとするかもしれません。その気持ちを持つことには問題はありませんが、やり過ぎは禁物だということは覚えておきましょう。

自分の部屋はプライベートの空間で、他人からの干渉を受けなくて良い場所です。そこに一人でいる時間が彼女に十分にあるでしょうか。一人きりの時間は心を落ち着けたり、ストレスを発散したりするのに重要なものです。自分がお部屋に行くことで彼女にとって欠かせない一人きりの時間を奪ってしまっていることは覚えておきましょう。

彼女が優しいといつでも来て良いと行ってくれるかもしれません。しかし、それを言葉通りに受け取ってしまわずに、彼女にも一人の時間を十分に与えるようにしましょう。その心遣いがあるかどうかも彼女は見ています。

彼女をちゃんと家主として敬うこと

彼女をちゃんと家主として敬うこと

彼女のお部屋に行くときには家主として最大限の敬意を払うのも大切です。部屋の使い方は彼女なりにルールを決めているはずなので、それに忠実に従うようにしましょう。わからないときには勝手に判断しないで彼女にどうしたら良いかを聞くのが大切です。

また、訪問するときには必ずプレゼントを用意するのも喜ばれます。多かれ少なかれ彼女にとって負担になっている部分があることを考慮し、気持ちばかりのプレゼントを用意しておくのはマナーとも言えます。ワンパターンと言われても持って行かないよりはましですが、毎回少しずつ違うものを持っていくとさらに喜ばれます。

ただ、毎回のように高価なものを準備する必要はありません。一緒に楽しい時間を過ごすために食べ物や飲み物を持っていくという程度でも良いでしょう。最初にお部屋に行くときには心を込めて、記念に残るようなプレゼントを用意しておくのも一興です。そのプレゼントの選び方次第で彼女の心も大きく動くでしょう。

親しき中にも礼儀あり!あなたへの信頼もアップ

お部屋を訪れるときにはたとえ彼氏であっても他人だという気持ちも持っておいた方がいいでしょう。何度も部屋に通うようになると特に他人の部屋だという意識が薄れてしまいがちになります。親しき仲にも礼儀ありとはよく言いますが、彼女のプライベートの空間だから丁重に扱うという意識は持ち続けなければならないものです。

いつも気遣いをしてくれる様子を見ると彼女からの信頼度も上がり、より円満な関係を築き上げられるでしょう。

タグ一覧へ