デートの頻度に悩んだらまずは「2週間」!次の約束はデート中に見極めよう

Boy.公式

デートが終わってすぐに次に会うのはいつにするかと彼女に尋ねるのは必死さが彼女に伝わってしまう場合があります。あまり盛り上がらなかったデートの後ではそうならないように気を付ける方が良いでしょう。
もちろん、デートの回数があまりにも少ないのも問題です。では、どれくらいの頻度でデートをするのが無難と言えるのでしょうか?今回は、適切なデートの頻度やLINEでデートの誘いをするタイミングについて解説します。

しつこすぎ?気になったら2週間

しつこすぎ?気になったら2週間

次のデートを決める際に、彼女に会いたいという気持ちが強くなりすぎて、相手の事情を考慮できなくなってしまってはいけません。また、迷惑になるかもしれないということを考えずにすぐに電話をしてしまう男性もいますが、電話は相手を拘束するものなのでその時間帯や回数には充分に注意しましょう。社会人であれば仕事がありますし、学生であっても学校以外の全ての時間を自分に注いでもらうことはできません。

どれくらいのデートの頻度が丁度よいのかは相手の考え方によって異なります。様子を見ながら適切な頻度を見つけていく必要がありますが、最初は分からないものですよね?しつこすぎると思われたくない方は、まずは2週間ごとにデートに行けるように調整するのがよいでしょう。2週間あれば、彼女も調整がしやすくなるでしょう。

ただし、彼女の誕生日などプレゼントを渡すことでより仲が深まる日は是非ともデートを行いたいものです。頻度を守ることばかりを考え過ぎて、大事な日のことを見逃さないように注意しましょう。

次のデートの約束は1週間後

次のデートの約束は1週間後

デートの頻度を2週間程度で調整すると決めている場合でも、デートをしたその日に次の日程の話をするのは避けましょう。
「明日、デートをしよう」といった直前の誘いは相手を困らせてしまいますが、2週間も先のことをその場で決定されてしまうのも不便に感じる人は多いでしょう。次のデートの約束をするのは、1週間後くらいにしておくとお互いに予定を合わせやすくなります。

また、デートの約束は、電話で行うのもよいですがおすすめはLINEです。互いの声を聞くことが大事だという考えから電話を好む男性は多くいますが、電話をしている間はそれ以外のことができなくなってしまうので回数は多くならない方が良いでしょう。デートの約束など簡単な連絡事項についてはLINEで済ませてしまいましょう。

ただし、場合によっては電話が有効になることもあります。ちょっとした喧嘩をしてしまった時や、大事な話をするときなど相手に真剣な気持ちを伝えたいときはLINEでパッと終わらせるのではなく、電話でしっかりと会う日を約束しましょう。

決まらなかったら1週間前にリマインドを

決まらなかったら1週間前にリマインドを

時期によっては、2週間に1度のペースでデートをすることが難しくなることもあるでしょう。
忙しくなるのでしばらくデートをすることができないと言われた場合は「いつなら会えるのか」ときつく問い詰めるようなことは避けましょう。柔軟な対応ができない人だと思われてしまうかもしれません。会う回数が減ってしまうことは不安かもしれませんが、長い期間付き合う相手であればそういった時間を乗り越えることも必要です。

一方、自分が忙しくてデートがしばらくできないという場合は、なるべくいつ頃からデートができるようになるのかを知らせてあげると親切です。デートをした日に言っても構いませんが、その場で分からなければデートが可能な日の1週間くらい前に知らせてあげましょう。

また、カップルによっては、数カ月先のデートを約束することもあるでしょう。大切なデートであっても数カ月もあると忙しさから忘れてしまうことも珍しくありません。この場合は、約束をした日の1週間前にリマインドのLINEを送ると良いでしょう。ただし、リマインドの回数が多いとしつこいと思われてしまうので注意しましょう。

タイミングによって反応が違う。1度の失敗であきらめないで

恋愛においては受け身である女性は多いです。デートの話は男性の方から誘わないといつまでたっても次のデートが決まらないなんてことになりかねません。デートの約束を先延ばしにしてチャンスを逃さないように注意しましょう。
また、提案した日程に対して良い反応が得られないことがあっても、一度きりで諦めずに別の日を提案して互いが心地よいデートの頻度を守ることが重要です。

タグ一覧へ