《彼女との接し方》仲良しカップルのコミュニケーション術

塩水

仲良しのカップルもいればすぐにケンカになるカップルもいます。この違いとは一体何なのか…でも違いが分からなくても、どうせなら仲良しのカップルにみんななりたいですよね。憧れの仲良しカップルへなるためのコミュニケーション術を学びましょう。

会話は内容よりも頻度が重要!

会話は内容よりも頻度が重要!

彼女と付き合えたらもっと仲を深めていきたいですよね。そんなとき最初に思いつくのは会話でコミュニケーションを取る方法でしょう。この方法は、お喋りが好きな女性にとっては嬉しいものでかなり良い案だと思います。ですが、付き合って長いのであれば彼女が延々愚痴を言うのに付き合わされることもあるかもしれませんが、付き合いたてのカップルでその状況はまずないです。つまり彼女とあなたは言葉のラリーをしなくてはいけないのです。男女で普段よく口にしている話題も違うでしょうし、このラリーはなかなか大変なものです。ですがあまり気負ってはいけません。お見合いじゃないのですから、何気ない日常会話をしたりしながら趣味の話や仕事の話など、思いついたものをついたときに聞いたり聞かれたり話したりをしていけばいいのです。このように会話では内容はけっこう何でもいいので、頻度のほうを重視しましょう。まったく会話をしないカップルは仲が進展する見込みがありません。ためらわず何か聞きたいことがあれば彼女に言うようにしましょう。また彼女にも「自分に質問があればいつでも言って」とあらかじめ言っておくことで、あなたが会話に詰まったときには、逆に彼女からなにか話題を振ってくれるはずです。

スキンシップで距離を縮める

スキンシップで距離を縮める

付き合いたてで緊張して会話ができない、または全く続かないこともあるでしょう。そんなときは手をつないでみましょう。急にしたら驚かれるかもしれませんが、あなたたちはカップルになったのですから嫌悪感から手を振り払われることはないでしょう。手を繋いだらそこから会話が生まれるかもしれません。そしたらそこから会話を始めればいいのです。スキンシップの注意点としては、付き合いたての時点で腰を抱いたりするのは、あなたにその気がなくても体目当てと取られてしまうことがあります。積極的な彼女ですと、逆にベタベタと触ってくることもあるかと思いますが、便乗して触り返すのではなく、硬派な態度で接すると好感度が上がります。基本的に軽めのスキンシップから初め、仲の進展といっしょにスキンシップも進展させていきましょう。

LINEや電話を有効活用

LINEや電話を有効活用

付き合いたてのラブラブカップルも、仕事や用事の関係で四六時中いっしょにいることはできません。会わない間に愛が完全に冷めるということは考えにくいですが、ない話でもありません。そんな別れの危機を防ぐために、会えないときにはLINEや電話で連絡を取り合うようにしましょう。便利なもので最近はビデオ通話というものがあり、近くにいなくても顔を見ながら話すことができます。ビデオ通話の利点は、付き合いたてであまり見たことがないお家での彼女のくつろいだ姿など、新たな一面を発見できることです。悪いところは、部屋でビデオ通話をする場合、画面に映り込んだ部屋があまりにも汚かったりすると引かれてしまうので、部屋の掃除は常にしておくべきということです。メリットだけを有効活用するようにして、彼女と離れていても仲を深める努力をするようにしましょう。会えないときにも連絡を取っておくことで、次に会うときに会ってなかった時間があった妙なよそよそしさを感じさせません。

素直に接すれば仲良しカップルになれる

付き合いたてのカップルというのは、お互い緊張していてなかなか素の状態ではいられません。ですがもっと仲良くなりたいという気持ちを持って接していくことで、だんだんとお互いのことが分かり、素を出せるようになっていきます。まずは素直になること。これが仲良しカップルへの第一歩です。

タグ一覧へ