彼女の誘い方はコツさえ掴めばOK!デキる男のエスコート術

Boy.公式

彼女の誘い方に悩む男子は多くいます。「早く童貞を卒業したい!」「自分からリードしなくては!」などの理由で焦ってしまうこともありますよね。しかし、焦って彼女を誘ってもよい結果になる可能性は低いです。まずはデキる男のエスコートを考えながら、彼女の誘い方のコツをチェックしていきましょう。自分に自信がない人や女子との会話に慣れていないという人も、ポイントさえ知ることができれば自信を持って彼女を誘うことができるはずです。

2人で楽しめるものを準備しておく

2人で楽しめるものを準備しておく

何もなしで突然彼女を誘うのは難しいはず。デキる男は、彼女と楽しめるものを何かしら準備して時間を置いてから誘うのが基本です。例えば一緒にお酒を楽しんだり、新作のDVDを観るなど、彼女との雰囲気がよくなり誘いやすくするためのアイテムを必ず持っているもの。女子からしても、いきなり誘われても気分が乗らないのは当然。本格的に彼女を誘う前に何かを一緒に楽しむことで、彼女との距離感が縮まり親密な関係になりやすくなります。彼女を誘いたいと思っているのなら、普段から彼女の趣味や好きな音楽・食べ物や飲み物・映画などをあらかじめ聞いておくのもよいですね。いつ彼女を誘えるチャンスが来るか分からないので、前もって2人で楽しめるものをいくつか準備してその時を待ちましょう!

彼女の不安を聞いてあげる

彼女の不安を聞いてあげる

彼女を誘う際、何か不安そうなことがあればきちんと聞いてあげましょう。誘う側も緊張するものですが、誘われる側にもいろいろな思いがあるはずです。彼女の気持ちを無視したまま関係を深めても、かえって溝が深まる原因にもなりかねません。「無理やり誘われた」という気持ちに彼女をさせないように気を付けてください。できるだけ彼女のコンプレックスや過去の出来事など、彼女の気持ちに同調するように聞くのが◎。女子は悩みや不安を解決できなくても、同調してもらうだけで満足したり安心感を感じやすいのです。お互いに思っていることを話し合ったり、誘う前にスキンシップが取れていると、より自然な流れで彼女を誘うことができるでしょう。彼女を誘った時に「何だか乗り気じゃないな?」と感じたら、慌てず彼女の気持ちを聞いてあげてくださいね。

無理をしてカッコつけないこと

無理をしてカッコつけないこと

彼女を誘うのだから、デキる男を演じてカッコつけたくなる気持ちは分かります。しかし、自分のキャラでもないのに無理をしてカッコつけても、彼女は引いてしまうかもしれません。無理に背伸びしたり、慣れている感を出すのはNG。経験が少ないことを恥じる男子は多いですが、女子の扱いに慣れている男子の方が実は嫌われやすいという意見もあるのです。ありのままの自分で大丈夫なので、無理をせず自然に誘うようにしてください。彼女をリードするのはOKですが、無理な自分を演じる必要はありません。「自分もドキドキしている」「緊張するね」など優しく声をかけながら、ありのままの自然な自分でアプローチする方が彼女も安心して応じてくれるでしう。

安心感を与えれば彼女の心は自分のもの!

彼女を誘うためには、安心感を与えるのがとても大切です。「この人となら大丈夫」と思ってもらえるよう、彼女との距離を少しずつ縮めてみましょう。無理に押し切ったりカッコつけるのは、彼女の気持ちを無視することに繋がります。また、誘う際には焦らず彼女のペースに合わせてあげることも重要。彼女が乗り気でないなら一度諦めるのも必要です。自分の気持ちを素直に伝えることで、彼女もきっと素直に心を開いてくれるはずですよ。彼女の思いを大切にしながらスマートに誘えることを祈っています!

タグ一覧へ