セフレの作り方!だれでも再現できるセックスフレンドの作り方

boy-menber-02

セフレを作ることは、男のロマンといっても過言ではありません。しかし、男のロマンはかんたんに実現するものでもありません。

世の男性の多くは、日々セフレを求め様々な方法を試行錯誤しています。しかし、いくら試しても残念な結果に終わってしまうことに。

そのような残念な経験を積み重ねてきた人や、セフレ作りを諦めかけている人へセフレを作るためのセフレ作りメソッドを紹介します。

セフレ作りメソッドを学び、実践することでだれでもセフレを作ることができるでしょう。

多くの男がセフレ作りでしているミス

セフレ作りにおいても、やはりミスは付きもの。一度犯したミスは、再び繰り返しやすいとも言われています。 どのようなミスが多いかを、ケースごとにチェックしましょう。

出会いの数が足りない

「出会いの数が足りない。」とよく耳にします。この場合のミスは、男性がセフレを作りたいと思う気持ちが少なすぎることです。

そもそも、普通に生活していても出会いが頻繁に訪れることなどありません。この言葉を口に出す前に、自分がどれだけセフレを求めているか自身に問いかけて下さい。

切にセフレを求めているのなら、「出会いの数が足りない。」と口にしてはいけません。その言葉は、完全に言い訳なのです。

努力なくしては、セフレなど夢のまた夢です。 自分自身で、未来を切り開く努力が必要です。

まずは、「出会いの数が足りない。」と口にする前に一度立ち止まって下さい。自分を見つめ直し、出会いの機会を作るためには何が必要かを考えましょう。

出会いの数を増やすための方法は、後ほど解説します。まずは、気持ちの持ち方を変える努力をしましょう。同じミスを繰り返さないためにも。

付き合わないでセックスするコツを知らない

女性の中には、付き合わないとセックスをしない女性も多く存在します。それは、女性としては当然のこと。

傷付きたくないと思う女性が、大多数を占めています。付き合わないで、セックスするには最初のアプローチが肝心です。

恋人を作るときと、セフレを作るときではアプローチの方法が異なります。付き合わないでセックスするには、このアプローチの違いを学びましょう。

アプローチの違いを知るために、恋人を作るためのアプローチを見てみます。まず恋人を作るときには、女性に対して好きなことや趣味の話題で場の雰囲気を作ります。

この方法は、とても一般的なアプローチです。しかし、セフレの場合には全く別のアプローチが必要になります。

意外なアプローチではありますが、セックスや性への話をはじめはソフトに会話の中に織り交ぜます。 このアプローチにより、相手の女性がどの程度性への関心や興味があるかを知ることができます。

会話の内容に興味を持ち、話に乗ってくるようならセフレとしての脈ありの証拠です。 あまり包み隠さずに、セックスや性への興味や疑問を話すことがポイントです。

とても簡単な方法ですが、効果抜群です。 しかし、女性によってはこの方法で強烈な拒否反応を示す場合があります。

女性の性格を、事前にチェックする必要があります。アプローチ可能かの判断は、慎重に行いましょう。

セックスした相手のキープの仕方を知らない

付き合うと面倒なので、一度セックスしてからは女性を適当にあしらっていればキープもできません。付き合うと束縛や、執着心を持たれるのでそれはそれで面倒。

セフレを上手にキープする方法を知ることで、その面倒な部分の大部分はなくなります。 具体的なセックスした相手のキープの仕方は、相手に対して恋愛感情や過度な思いやりを表さないことです。

恋愛感情を表してしまうと、女性も感情が高ぶり本気になってしまいます。 女性が本気になると、余計なトラブルが増えることにもなります。

セフレにしやすい女性のタイプを見極め、タイプごとに対応すると良いです。 寂しがり屋の場合には、連絡回数を控え女性との距離をとります。依存するタイプの場合も同様です。

このようなタイプの場合、突然彼女になったように振る舞い関係の進展を迫られることにもなりかねません。その上、不必要な束縛をされるようになり残念な結果となります。

このことからも、距離を適度に保ち自分自身と女性の感情をセーブするようにすることです。女性との関係性の目安としては、「大事な友達」程度の接し方が良いでしょう。

時には、思いやりも恋愛感情と勘違いされることもあります。お互いに、適度な距離を置くことが関係継続のポイントです。

セフレの作り方

ここでは、セフレを作ること方法を簡単な3つのステップに分けて説明します。これから説明する、3つのステップを行うことでセフレを作り、さらに増やすこともできます。

セフレになりやすい女と出会う

セフレになりそうな、女性と出会うことがはじめの一歩。あまりにも身近な場所では探さない方が良いです。

セフレが、バレたときの影響を考えて女性を探す場所選びは慎重に行いましょう。近過ぎず、遠過ぎずが基本です。

セフレになりそうな女とセックスする

セフレになりそうな女性を見つけ、まずはセックスしましょう。セックスするときには、相手の嗜好を聞きながら行います。

独りよがりのセックスほど、女性が燃え上がらず刺激を感じないセックスはありません。自分も楽しみたい気持ちもあるでしょうが、そこはグッと我慢が必要です。

セフレ候補の女をキープする

無事にセックスを済ませたのなら、セフレ候補の女性をキープします。キープの仕方は、2人の関係をセフレとは言わず曖昧な表現にとどめキープする。

または、恋人関係と勘違いさせる方法があります。しかし、この後者の方法は関係が壊れた時の覚悟は必要となります。

セフレ作りができる場所の比較

ここでは、どのような場所でのセフレ作りが最適かをチェックしてみます。

ナンパでセフレ作り

彼女作りでも定番の方法です。街に出て、好みの女性を物色することができます。

実際に女性の、容姿やファッションを直接目で見ることができます。写真やイメージだけの女性探しには付きものの、ミスやトラブルを事前に回避できます。

身近な場所にも、ナンパスポットは数多く存在しています。 そのような場所で、ナンパを行うと成功率も上がります。

ナンパをするのにも、トークのスキルを磨く必要はあります。 不慣れなうちは、数を打ち当てる形になるでしょう。

クラブでセフレ作り

クラブでのナンパでは、注意する点があります。まずは、女性が何を目的にクラブに来ているか。

音楽の中で、純粋に踊りを楽しみたい女性も中にいます。それが、クラブの本来の目的。

ナンパで、狙う女性のタイプは、クラブで出会いを求めているある意味不純な動機の女性です。気の合う女性が見つかり、意気投合できるとそのままホテル直行な場合もあります。

しかし、1つ問題点があります。クラブで異性との出会いを求める女性の多くは、かなりの面喰い。

よほどイケメンでない限り、ナンパからのホテルは難しいです。イケメン限定率がかなり高めなので、注意してナンパしましょう。

最悪の場合、警備員を呼ばれ強制退場となります。

キャバでセフレ作り

キャバ嬢は、男性のことを客としてしか考えていないので難攻不落の場合が多いです。何度か指名をして、同伴やアフターを行った場合でもセックスに持ち込むことは難しいです。

キャバ嬢にも、2つのタイプがいます。ただ効率よくお金を稼ぎたいタイプと、何をしてでも稼ぎたいタイプです。

効率よく稼ぎたいタイプのキャバ嬢は、身持ちも固いのでセックスは諦めるべきです。何をしてでも稼ぎたいタイプの場合には、落とせる可能性はあります。

どちらにしても、キャバクラに通う必要がありますのでそれなりの投資が必要です。投資額を考えると、あまり効率の良い方法ではありません。

風俗でセフレ作り

風俗の種類にも色々ありますが、基本的には連絡先の交換が禁止されています。そのルールを破ってまでも、お客とセックスしようとする風俗嬢はいません。

実際に、ルールを破れば即クビになります。そこまでのことが分かっていながら、客とセフレや恋仲になることはまずありません。

かなり少数の風俗嬢は、風俗に努めながら恋人やセフレを探している場合もあります。その僅か一握りの女性を探すことは、干し草の中から針を探すようなものです。

風俗の場合にも、キャバ同様に投資がそれなりに必要です。あまり効率の良い方法ではありません。

マッチングアプリでセフレ作り

出会いがあるが、まじめな恋愛のため「セフレ」にはならない。 SNSより簡単に利用することができます。

ナンパと比べても、成功率が高いという特徴があります。 しかし、マッチングアプリはスピード感が無いところがあります。

まずは、男女のマッチングが無い状態では女性へアプローチも行えません。ただ女性の写真を眺め、待っているのみです。

いざマッチングされても、時間をかけてメッセージをやり取りする必要があります。マッチングアプリは、真面目な出会いを求めている女性が比較的多いので会うまでの時間がかかります。

そのような女性が多い中で、「すぐ会いたい」や「セフレ探し」は女性から嫌われてしましいます。マッチングアプリの運営自体も、真面目な出会いを推奨しているのでセフレ探しには向いていません。

出会い系でセフレ作り

スピード感やお手軽感重視ならば、やはり出会い系に軍配が上がります。 目的が一致したならば、そのままホテルへ直行できます。

「真面目な出会い」がマッチングアプリ、「セフレ目的」が出会い系の利用者のメインになってきています。女性もセックス目的で利用していることが多いので、おすすめです。

セフレ作りでおすすめは出会い系

セフレを作るには、やはり出会い系が最速です。利用開始から、ほとんど手間なしで始めることができます。ここからは、出会い系の特徴やおすすめな出会い系を紹介します。

匿名だから、女の子も大胆

出会い系は、利用登録を行いますが名前は本名でなくてもOKです。出会い系サイトの中では、身バレの心配もありません。

このあたりが、facebook認証などを行うマッチングアプリとは異なります。匿名でやり取りを行うので、女の子もかなり大胆になります。

日常生活では、口にすることもはばかられるような性癖や嗜好もオープンにして出会いを探しています。実際に会ってからも、双方納得するなら匿名で関係を続けることもできます。

たくさんの女の子と出会える

大手の出会い系サイトのメリットは、やはり登録人数が多いこと。登録人数も多ければ多いほど、自分好みの女性が見つかる確率も上がります。

ほかのセフレ作りに比べてやすい

その他のメリットとしては、セフレ作りの場所で紹介した他の方法に比べ費用がとても安価です。いつでもどこでも、スマートフォン1つでセフレ探しができます。

セフレ作りにおすすめの出会い系

セフレ作りにはもってこいの出会い系、ここでは出会い系の中でも大手で優良な出会い系サイトを紹介します。

PCMAX



出会いのない男性や女性へ、あらゆる出会いを提供する創設15年以上の優良な出会い系サイトです。アクティブに活動するユーザーが、多いことでも有名です。

2019年には、登録者数が1300万人を突破。登録者数では、国内でも最大級の出会い系サイト。 PCMAXに登録している女性は、アダルトな出会いを求めている傾向があります。

一回限りの女性や、セフレ探しには最適です。

>>PCMAXでセフレを探す

ハッピーメール



大学生から、社会人までと幅広い層に向け毎日たくさんの出会いを提供。恋活や暇潰しから遊び友達や趣味友達とジャンルも豊富。

創設から18年以上の運営実績と、累計登録者数は2000万人以上と国内最大級。 会員登録が、永年無料なのも嬉しいポイント。

新規会員登録時には、1200円分のポイントがもれなく付与されます。 ハッピーメールも、様々なタイプの女性が登録しています。

セフレ探しだけではなく、変わった性癖を持つ女性も多数登録しています。

>>ハッピーメールでセフレを探す

ワクワクメール



「私の毎日がアップデートする」キーワードに、展開する出会い系サイト。2001年からサービスを開始した、大手サイトです。

累計マッチング数は1000万組以上、こちらも 国内最大級のサイトです。 登録ジャンルも多く、新規会員登録時には、120ポイントがもれなく付与されます。

ワクワクメールは、若い女性の登録数が多いことで有名です。セフレは、若い子に限ると思っている人にはワクワクメールがおすすめです。

>>ワクワクメールでセフレを探す

 

セフレの作り方から、セフレを探せるアプリまでお伝えしてきました。よきセックスライフを送れますように!

他にもこんな記事が読まれています

タグ一覧へ