《彼女が好きすぎる!》大好きな彼女に嫌われない付き合い方

塩水

大好きな彼女がいる男性必見!もしかしたらあなたの行動によって、彼女に嫌われてしまうかもしれません。嫌われることを回避するために、嫌われ行動を覚えましょう。

彼女の予定を全て知りたがらない

彼女の予定を全て知りたがらない

彼女が好きすぎる男性は、彼女が好きすぎるあまり好意がエスカレートしていく傾向があります。好意がエスカレートすると独占欲が強くなる男性が多いです。この独占欲は、彼女を純粋に好きな気持ちがベースとなって沸いてきた感情です。ですが感情が強くなるにつれて好きという気持ちよりも、自分が彼女を好きすぎることによって生じる不安感や、彼女のことを自分の支配下に置いておきたい気持ちが勝ります。つまり強くなった独占欲は、彼女のためではなく自分自身のための欲ということになります。この欲は一時満たされても、またすぐに欲求不満になります。その欲求を満たすためにさらに重い独占欲を彼女に強いることになります。その独占欲を満たすためにする行動は、彼女があなたの前からいなくなるまで止めることは難しいでしょう。なぜなら相手が窮屈さを感じていることも分からないくらい、独占欲を抑えることができていないからです。この抑えられない状態になってしまうとあなた自身もフラットな状態に戻ることが難しくなります。そうなる前に独占欲を抑えることを覚えましょう。まずおすすめなのは、彼女が好きすぎるからと言って、彼女の予定を全て知ろうと思わないことです。あなたにも関係することに関しては把握していていいですが、彼女にはあなた以外にもたくさんの繋がりがあります。彼女はまだ家族ではありません。いくら彼氏でも、プライベートの予定を全て言う義務もないですし、言いたくないこともあると思います。なので彼女が教えてくれる予定以外は無理に聞き出そうとせず、ある程度の距離感を持ちましょう。彼女と適正な距離感を持つことで、あなたの冷静になり独占欲を抑える練習にもなりますよ。

嫉妬はほどほどに

嫉妬はほどほどに

先ほどの彼女の予定を全て把握したがることも含まれるのですが、嫉妬のしすぎも彼女に嫌われることに繋がります。彼女の予定を把握したがることを例に説明します。これは独占欲によって彼女を支配したい気持ちから出てしまう行動でもありますが、嫉妬心からも出る行動なのです。彼女の予定を把握しておきたい男性の心理は、彼女の予定を知ることによって、人との繋がりや行く場所、やることをハッキリさせたいから。そしてハッキリさせた上で、「また○○と遊ぶのか」「そんなに○○に行く暇あるなら俺といればいいじゃん」など、より具体的に不満を募らせ、場合によっては文句を言って自分のところに留めておきたいのです。「自分は彼女が好きだからそんなことはしない!」と思う男性もいるかもしれませんが、好意が重くなってきた人は男女関係なく理性が、本能に負けることが多いのです。これは無意識のうちにモラルの低下にも繋がります。ですので、嫉妬をしそうになったら、嫉妬になりそうな思考から前向きな思考に切り替える練習をしてみましょう。

彼女を無理に誘わない

彼女を無理に誘わない

彼女が好きすぎる男性は、好きすぎるせいで、逆に彼女のことが見えなくなっていることがあります。これは彼女への好意であなたの気分が高揚しているせいや、あなたの中で勝手に彼女も自分と同じ気持ちだと思い込んで動いているせいなどが原因だと思われます。ですので、彼女が嫌そうな素振りを少しでも見せたのであれば、「本当は嫌じゃないくせに-」などと勝手に解釈せず、冷静に彼女を見てみましょう。用事があったり、体調不良なのかもしれません。

彼女が好きすぎてエスカレートしないよう注意

彼女が好きであることは、とても素晴らしいことです。ですが、エスカレートした好意は、その気持ちを向けられた彼女も不快になることがありますし、あなた自身の精神を歪ませることにも繋がります。好意をエスカレートさせず、末永く彼女と付き合いをしてくださいね。

タグ一覧へ