《女性目線》彼女が本当に喜ぶサプライズはコレ!引かれない演出方法

塩水

彼女にサプライズをしたい人必見!女性が喜ぶサプライズ方法をお教えします。

花束のサプライズ

花束のサプライズ

彼女が喜ぶサプライズとして、花束は手堅いと思います。人によっては嫌がったり「キザっぽい」と言われるかもしれませんが、女性は綺麗なお花が好きな人が多いと思います。それに花束をもらうことは普段あまりないですし、サプライズとしても成功ですね。お花屋さんで花束を作ってもらうときのポイントとしては、「彼女に記念日のプレゼントをしたい」と言えば、そのあとは花のプロの店員さんからいろいろ聞かれて素敵な花束を作り上げてくれると思います。あなたからあえてなにか言うのであれば、彼女の好きな花と色、なんの記念日なのか。このくらいでしょう。彼女の好きな花は、形さえ知っていれば、花屋さんに飾ってある種類であれば見つけることもできます。記念日もなんの記念日なのかによって花束の雰囲気も変わります。きちんと伝えることでより自分の理想の花束に近づけることができますよ。また花束を持って彼女の前で長時間隠すのは難しいですし、花は時間とともに枯れていく生き物です。なので1番綺麗な状態の花束を見せるため、会った瞬間にプレゼントしましょう。

手作りのディナー

手作りのディナー

手作りのディナーを作ってもてなすのも、サプライズとしていいと思います。男性も料理を作る時代と言っても、まだまだ彼女が料理を作って、彼氏はただ食べるだけ、のようなカップルが多いでしょう。なので、特別な日くらい、あなたが彼女に料理を振る舞いましょう。このサプライズを成功させるために大事なポイントは、1つ。料理を作ることは、単純に料理を作るだけではない、ということです。どういうことかと言うと、男性の多くが「料理を作る」ことは、調理をすることだけがそうだと思っているのです。「料理」と一括りにしていますが、料理は様々な工程をひっくるめて料理と呼ぶのです。作るメニューの決定、材料の調達、下ごしらえ、調理、盛り付け、後片付け…男性はこの工程の調理だけをして、料理をやった気になっているのです。せっかく彼氏が作ってくれても、作るだけ作って満足した彼氏が後片付けもせずに放置していたら彼女は怒ります。喜んだあとに気分が落とされるのは印象に悪く残りますよ。これは別に手作りディナーに限ったことではありません。朝でも昼でも、料理をするだけしていたらダメです。作ると決めたのであれば、最初から最後まで責任を持ってください。

記念日以外のさりげないプレゼント

記念日以外のさりげないプレゼント

サプライズは記念日のイメージがあります。ですが驚かすという意味のサプライズとしては、なんでもない普通の日にプレゼントを贈ることをおすすめします。彼女としても、記念日はサプライズを予想します。ですが、なんでもない日はノーマーク。ノーマークのところに、急にプレゼントを渡されたら驚き、喜ぶでしょう。ただし、浮気などの思い当たる節があったりすると、急にご機嫌取りのように渡すプレゼントは危険です。浮気をしていなくても疑われ問い詰められるかもしれません。なので渡すときには「お店の前を通ったら似合うと思った」「いっしょに食べたくなった」「この商品を見てたら彼女のことを思い出したから」など、自分がなぜこのプレゼントを贈ろうと思ったのかをきちんと伝えましょう。素直な気持ちを伝えることで、彼女も怪しむより、喜びのほうが勝ってくれるでしょう。またなんでもない日のプレゼントで、手紙を書いてみるのもいいでしょう。手紙こそ記念日のイメージだと言う人もいるかと思いますが、記念日に彼女を思い出すのは普通です。なんでもない日に書くことで日頃から彼女のことを考えていることが伝わります。

彼女へのサプライズは2人きりの時がおすすめ!

女性はサプライズは好きでも、大勢の前でされることは嫌い。という人が多いです。なので、サプライズでなにかをしたいと思ったときは、かならず2人きりのときにしましょう。2人のときに行うことで、彼女も自然な反応を見せてくれるでしょう。

タグ一覧へ