エステティシャンと出会い彼女にする方法まとめ

boy-menber-03

エステティシャンと聞いて、その職業柄キレイな女性をイメージする男性も多いかと思います。お客さまをキレイにするための職業といっても過言ではありません。そういった理由からも自分への美意識は欠かせませんし、容姿に気を遣うのでキレイな女性が多いのも間違いではないでしょう。

エステティシャンの仕事内容はお客さまの施術だけではなく、実は受付からカウンセリングに至るまで幅広い業務をこなしています。

エステティシャンの女性と付き合う事で、肌のケアについてアドバイスをもらえたり、マッサージしてもらえるなど自分自身の美意識も上がり、得られるメリットは多くあるでしょう。

本記事では、エステティシャンと「どうやって出会うの?」「付き合うためには?」といった疑問を抱いた方に向けて、その方法をまとめましたので紹介していきます。

エステティシャンの出会いがない5つの理由

世の中にはエステティシャンとして働く女性は全体数から見ても多くいます。幅広い業務を行うエステティシャンの女性はその過酷な仕事環境の中、出会いがあまりないと感じている方も多くいるのが現状です。

現役のエステティシャンは20代が圧倒的に多く、若い女性が多く活躍している業界です。仕事柄美意識が高く、スタイルが良い彼女達がなぜ男性との出会いに悩みを抱えているのか、疑問に思われるかもしれません。

その出会いがない理由をまとめたので紹介します。

職場・お客さまは基本的に女性

世間では職場で出会い結婚したという方は多いですが、エステティシャンで働いているのは基本的に女性であるため、職場での出会いはまずありません。また、エステサロンに来るお客さまも女性ばかりで、中には男性が入ることのできない女性専用のサロンで働いてる方もいるので、お客さまとの出会いも少ないです。

こういった理由から、エステティシャンの女性は出会いに悩まされる方も多くいます。

不規則な出勤時間

エステティシャンの勤務時間は一般的な企業に比べると不規則で長いです。仕事終わりにエステサロンを利用するお客さまも多くいるため、夜まで営業しているエステサロンの場合には夜勤をしなければならない事もあります。

そのため生活リズムが他の人と合わず「飲み会」「合コン」「婚活パーティー」などの出会いが多くある場に参加できないので出会いがありません。

業務は力仕事

エステティシャンは基本的に立ち仕事で、足腰の痛みに悩まされる方が多いです。幅広い業務をこなすエステティシャンですが、中でも体力を使う作業がお客さまへの「マッサージ」です。マッサージは自分の全身をフル活用するため疲労もかなり溜まりますし、エステティシャンを始めたての頃は慣れない作業であるため、腕が筋肉痛になる事もあります。

仕事で溜まった疲れを取るために休日は家でゆっくり過ごすため、外での出会いがありません。

ストレスで疲れる

エステティシャンは女性ばかりの職場であるため、何かと気を遣ってしまい人間関係に対し不満を抱きやすい環境であると言えます。

また、ノルマを設けているエステサロンもあり指名や売上に追われる事も多いです。エステサロンによってはサービス残業をしなければならない事もあり、エステの技術を高めるために研修や勉強会を営業終わりに行う事も多いです。

こういった理由からもエステティシャンとして働く女性はストレスで疲れてしまう方も多く、出会いの発展する場にあまり行けずにいます。

休日が平日になってしまう

エステティシャンはサービス業であるため、基本的に休日は平日で長期休暇も取りにくいです。そのため土日が休日である友人との時間が取れずにいるのが現状です。

休日が平日だと街中に遊びにいっても土日と比べるとやはり人は少なく、出会いに発展しずらいでしょう。

エステティシャンと出会う5つの方法

出会いがあまりなく多忙なエステティシャンですが、世の中にはそんな彼女たちと出会い交際している男性は数多くいます。

エステティシャンの女性と出会う方法を5つまとめたので、紹介します。

合コンに参加する

合コンに参加してエステティシャンと出会う方法です。

合コンに参加する事のメリットとして、「1度の参加で複数の女性との出会いがある」「婚活パーティー等の行事に参加するよりもコストを削減できる」「幹事をする男性女性側の繋がりが元々あるため、安心して参加する事ができる」などがあります。

合コンに参加した場合にはコミュニケーション能力が試されるので、自信がある方は合コンを組んでくれる友人・知人に積極的に頼み込んでみると良いでしょう。

社会人サークルに参加する

社会人サークルに参加してエステティシャンと出会う方法です。

社会人サークルは共通の趣味を持つ様々な職種の男女が参加しています。単純に自分の趣味を楽しみたいから参加している人や、中には出会いがないから参加しているといった方もいます。エステティシャンは様々な職業から見ても働いている人の全体数は多いので、出会える確率も高いでしょう。

また交際に発展した場合は共通の趣味を2人で楽しめるので、良好な関係を続かせられるといったメリットもあります。

メンズエステに通う

エステティシャンと出会う方法の中の1つに、メンズエステに通うといった選択肢もあります。最近は美意識の高い男性が増えており、ヒゲや体毛の脱毛に行ってる方も周りには多いかと思います。

日常では体験できないような事も経験できますし、お店に気になる女性がいたら連絡先を聞いてみると良いでしょう。気をつけておきたい点としては、初回で行ってお互い初対面の関係ではなく、数回通ってお互い面識のある状態からこの方法を使った方が成功確率は上がるでしょう。

友人・知人に紹介してもらう

友人・知人にエステティシャンの女性がいるのであれば、紹介してもらえるように話をつけてみましょう。この友人・知人に紹介してもらう方法は、女性が働く職業の全体数から見てもエステティシャンは多いので、出会える確率は高いでしょう。

友人・知人から紹介してもらえる事で、初対面でもお互いが安心して出会う事ができますし、交際に発展してからの得られるメリットは多くあります。

マッチングアプリ を使う

最近ではインターネットの普及により、マッチングアプリ がかなり増えています。

マッチングアプリ を使うメリットは多くあり「職業」「年齢」「地域」などの細かい条件を設定して検索する事ができるので、自分好みのエステティシャンを見つける事ができるでしょう。自分の空いた時間を有効に使う事ができますので、ぜひマッチングアプリ を活用してみましょう。

とはいっても、マッチングアプリ は国内にいくつもあります。「どれを使えばいいの?」と思ってる方にオススメなのが「ペアーズ 」です。ペアーズ はいくつもあるマッチングアプリ の中でも会員数がトップクラスで、利用している女性の年齢層の多くが「20歳から30歳」までと若い方が多く、エステティシャンとして働く女性の年齢層と被っているので、出会える可能性も高いでしょう。

エステティシャンの女性との出会いを真剣に考えている方にとって、試してみる価値はあるでしょう。

>>エステティシャンを「ペアーズ 」で探す

エステティシャンが求める5つの男性像

エステティシャンとの出会いの方法を紹介しましたが、実際に出会ってガッカリされてしまえば、これまでの行動が無駄になってしまいます。エステティシャンの女性が求めている男性像を5つまとめたので、出会う前にチェックしておきましょう。

美意識が高い男性

エステティシャンで働く女性はその仕事柄、美意識が高いです。そのため男性にそれを求めている事も多いでしょう。

事前に美意識を高めておく事で見た目が変わり、自分に自信を持つ事ができますし、エステティシャンの女性と出会った時、交際に発展しやすいでしょう。

スケジュールを把握してくれる男性

エステティシャンの勤務時間は不規則で、残業がある日などは夜遅くに仕事が終わる事も多いです。休日に時間が合わなくてもスケジュールを事前に把握しておく事で、仕事終わりに2人の時間を作る事ができます。

スケジュールを把握し、少ない時間でも時間をつくってあげることができる男性が望ましいと言えます。

休日が合う男性

エステティシャンの休日は基本的に平日のため、交際相手にもその条件を求める可能性は高いでしょう。休日に2人で過ごす時間を取れないと相手に対する不満も溜まります。

関係を良好に続けいていくために、休日が合わなくても2人で過ごす時間を取ることは大切です。

ケアしてくれる男性

エステティシャンは普段の仕事でお客さまのケアをする立場ですが、逆に男性に癒されたいと考えるエステティシャンは多いようです。

ケアといっても方法は色々ありますが、エステティシャンの女性は足腰の痛みに悩まされる事が多いので、マッサージをしてあげたりと相手の立場に立って物事を考える「細かな気遣いができる男性」が望ましいでしょう。

経済的に安定した男性

エステティシャンは心身共に多くの負担がかかる職業で、長期的に続けられる仕事ではありません。エステティシャンで働く女性の年齢層は20代〜30代と若い方が多く、年齢を重ねると体力が持たないため経営側に回るか、退職せざるをえません。経営する側の女性は一握りでしょう。

こういった理由からエステティシャンの女性は将来に不安を抱えている方が多く、経済的に安定した男性が望ましいと言えます。

タグ一覧へ

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。