ママ活の危険性やリスクとは?安全にする方法まで

boy-menber-02
< Boy.からのお知らせ >

なんとこの度、Boy.はYouTubeを始めました!

記事でも紹介してます!

YouTube記事一覧

ぜひYouTubeも見てください!

YouTubeチャンネル

ママ活が最近では、よく聞くようになってきましたね?

一方で、トラブルなどの危険性やリスクもニュースになっているもの。グレーな関係のママ活だからこそ、正しく

ママ活につきまとう危険性やリスクを解説します。正しく知って安全にママ活をして欲しいと思ってます。

ママ活ならjメールが一番<

ママ活って怖いけど、どうなの?


女性へサービスを提供し、そのサービスの見返りとして報酬受け取る活動全般をママ活と呼びます。女性が男性をもてなす、パパ活とは性別が異なることが違い。世の女性も可愛い男の子とデートをすることで、忘れかけていたトキメキを取り戻したいと常々思っているのです。

女性は中年が多く、男性は20代の男性が年齢層の中心です。お茶や食事・ショッピングなどでデートを行うのみで、不純とされる行為は基本的には行いません。このデートの対価として、お小遣いという形で金銭援助を受けます。

デート費用も女性が負担するので、男性は費用を負担する必要は一切ありません。負担なしで稼ぐことができるので、人気や注目の的となっているのです。上級者ともなると、何人もの女性とデートを行う達人も存在します。

ママ活には怖いイメージが、常につきまとうことを否定することはできません。しかしこの危険を、事前に回避できるとしたらいかがですか?リスクや危険性のみに目をむけていると、ことの本質を見誤ることがあります。

守るべきポイントを事前に知ることで、ほとんどの危険性やリスクを回避することもできるのです。ママを見つけいざ活動開始となるまでには、多くの苦労や努力と苦難が待ち受けていることも。その苦労の先には、明るいママ活ライフの世界が広がっていることでしょう。

ママ活を上手に行い、効率的に稼ぐ活動をはじめてみましょう。

>>jメールでママを探す

<ママ活の料金体系>

食事1回 ¥5,000円~¥10,000円
デート1回 ¥10,000円~¥20,000円
定期契約 ¥20,000円~¥30,000円
月契約 ¥50,000円~¥100,000円

※上記料金体系は、平均的な料金です。この料金は目安としてご覧下さい。

気前のよいママでは、上記の額を上回る報酬を頂けることも。また金銭のみならず、ブランド品や車などの高額なプレゼントを贈られるケースもあります。

ママ活のリスクってどんなのがあるの?


ママ活の場合においても、パパ活などの活動と同様にリスクが伴います。このリスクは、知らないもの同士が出会うことでのリスクと変わりません。異性や同性に限らず、男女どちらにも同じようにリスクは覚悟する必要があります。

このリスクを事前に知り、想定される対処方法を学ぶことで避けることが可能なのです。まず必要となることは、どのようなリスクが発生する可能性があるのかを予め知っておくことです。肉体関係さえ持たなければ、リスクが少ないと思う人もいます。

しかしその考えは、誤った考えといえるでしょう。危険度の高いリスクを、順を追って確認していきます。

ママ活のリスク・危険1 性的関係の強要


ママ活の基本的なルールの中に、性的な関係は含まれません。また相手を女性だからと、甘く見ていると時には性的関係を強要されるという事態に遭遇することもあります。相手を甘く見ることなく、このような関係を強要されそうと感じた際には注意が必要です。

性的関係を持ちママに有意な立場に立たれてしまうと、物事が不利に進むことも十分に考えられます。性的関係を持つということは、相手に弱点をさらけ出すことと同じ意味であると考えるべきなのです。同意ならば問題とはなりませんが、強要となると立派な犯罪です。

「少しであれば問題となることはないだろう」などとは、決して安易に考えず気を引き締めママ活に取り組みましょう。何事も甘く考えてはいけないのです。

ママ活のリスク・危険2 ストーカー化


ママ活の中でも、ストーカー被害が数多く発生しています。ストーカーは多くが男性と思われる傾向にありますが、女性がストーカーとなるケースも近年増えています。男性と比べて、女性は心や気持ちにも重きをおきます。

心や気持ちを大事にするタイプの女性の多くは、様々な状況においても心や気持ちでのつながりを求めます。デートや食事のみの関係であっても、その関係に没頭してしまい我を忘れ衝動的な行動に走ります。軽度ならばよいのですが、あまりに熱が入りすぎストーカーへと変貌することがあるのです。

相手の全てを知り、そして全てを自分の手に入れようとして執着がはじまります。些細なこと発端となり、日ごとに欲求がエスカレートし犯罪行為へ繋がることもあります。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、このようなケースが増え続けているのです。

ママ活だけで、ストーカー被害が発生するわけではありません。友情や恋愛においても相手から受けるストーカー被害は深刻な問題です。あまりにも多くのことを求められてしまう場合には、ストーカーになってしまったのでは?と疑ってかかるべきでしょう。ストーカーという危険な存在に変わってしまう前に、速やかに手を引くことが最善の対処です。

ママ活のリスク・危険3 過剰な独占欲と束縛


ママ活にハマりすぎた女性に多く見られる現象が、過剰な独占欲や束縛です。何事も多少ならば許容することもできますが、度を越した要求には注意することも重要なポイントです。この活動の目的は、相手女性におもてなしやサービスを提供し報酬を得るビジネスなのですから。

しかしサービスを受ける側は、何をしても良いと考える人もいます。このタイプのママが、ママ活界には数多く存在しており男性を悩ませ続けています。このタイプの女性は、本気になるあまり「自分だけを見ていなければ許さない」という想いに囚われてしまいます。

自分だけを見ることの真意は、人により程度差があります。女性と話をすることも許さないという身勝手な言動から、心も体も全て監禁状態になることもまであります。男性と比較しても、独占欲は女性が強い傾向があり束縛などの行為に走りやすいのです。

過剰な独占欲を心に抱き過剰に独占したがり束縛するタイプの人は、高い確率でメンヘラであること特徴です。あまりにも異常と思われる発言が多いときには、スッと身をひくことも必要になります。深みにハマり抜け出せなくなる前に、このようなタイプとの縁は切ることです。

>>jメールでママを探す

ママ活のリスク・危険4 恐喝


この恐喝を行うタイプはママ活を目的とはしておらず、一度関係を持つことで様々な理由を見つけ金銭を脅しとります。時には嘘の理由で、脅してくることもあります。あまり遭遇したくはないケースなので、できれば避けたいケースの1つです。

ママ活を行う男性も、後ろめたい気持ちが少なからずあるでしょう。しかし、このような脅しに屈してはいけません。間違えても、自分が対価を支払うことは決してありません。

顔合わせの後にも、お小遣いを頂けない場合には要注意といえるでしょう。相手から金銭を脅し取ることを目的としているので、かんたんに見極めることができます。このタイプの女性と巡りあってしまった時には、相手にしないことが最善の対応策です。

また間違えても、このタイプと肉体関係を持たないようにしましょう。思いもよらない理由で、脅されてしまいます。このタイプに当てはまる場合には、相手にせず早々に身を引くとよいでしょう。

ママ活のリスク・危険5 美人局(つつもたせ)


恐喝とほぼ同じですが、相手女性と男性が共謀し詐欺や恐喝をおこうことが美人局です。相手女性からの要望でも肉体関係を持ったことを理由に、共謀の男性に金銭を脅し取られることに。ママ活やその他の出会いにも、数多く見られます。

恐喝同様に、既成事実がある場合には反論も難しい状況に立たされてしまうでしょう。ママ活では、やはり肉体関係を持つことはどのような場合にもトラブルのもと。サービスを提供するのみの活動とすることで、恐喝などの理由を相手に与えることを防ぐことになります。

基本に忠実に、真面目な活動によりこのリスクは回避可能なのです。他のリスクや危険にも言えることですが、リスクになり得る兆候を見つけたのならば早急に手を引くことです。日のない所に煙は立ちません。

自分が隙を見せることにより、相手に恐喝の理由を与えるという結果につながります。悪意しかないような卑劣な手段には、屈することのないように日頃から注意しましょう。

>>jメールでママを探す

安全にママ活をするための注意点

リスクや危険をチェックしてきましたので、ママ活にどのようなリスクが潜んでいるかは理解できたこと思います。リスクや危険性においても、回避策や対策を解説してきました。ここからは、安全にママ活をおこなうために注意するべき事柄について見ていきましょう。

当たり前と思っても、案外見過ごしていることもあります。ママを探す際に注意することに焦点をあて見ていくことにします。

TwitterなどのSNSや掲示板は避ける


ママ活を行う際に、ママ探しは第1の関門になります。手軽にママを探す際に、Twitterを含むSNSを利用することを推奨する記事もあります。1度はこのような記事を、目にした人も多いと思います。

SNSでのママ探しは、手軽かつ無料で利用することができ重宝がられている面もあります。しかしSNSでのママ探しには、良いことばかりでは決してありません。すべてを無料で利用することができるので、利用者数は非常に多く情報量も豊富です。

この豊富な情報量が、ときには問題となることがあります。利用者数が多いということは、1つ1つの情報やアカウント自体の信頼性の判断が困難になります。アカウントの中には、詐欺や恐喝などを行う危険なアカウントも多く存在しているのです。

ママ活を装う詐欺アカウントも、数多く存在しています。詐欺の方法も数多くあり、悪質なwebサイトへと誘導するものや架空請求をするものもあります。詐欺被害に遭うことを避けるためにも、Twitterを含むSNSでのママ探しは避けることが最善の自衛策です。

出会い系サイトやアプリを利用する


ママ活を安全に行うのであれば、出会い系やアプリを利用することで安全にママを探すことができます。その理由としては、出会い系などの大手運営会社の安全に対する取り組み。無名の出会い系では、このような取り組みを行っておらず安全への懸念ばかりが残ります。

大手運営会社では、ユーザーの年齢確認や24時間の有人監視と万全な対策を行っています。大手の出会い系で、悪質な利用者を目にすることはまずありません。安全なママ活を望のであれば、大手が運営する出会い系が最適です。

>>jメールでママを探す

 

サクラがいることも忘れずに


大手の会社が運営する、出会い系サイトにもサクラは少なからず潜んでいます。多くのサクラは、有人監視などの取り組みにより減少していますがゼロではありません。サクラは利用者の課金を目的とするものから、直接的に対価を求めるものまで存在します。

話を引き延ばすようなユーザーは、多くの場合サクラなので容易に見極めることができるでしょう。対価を求めるサクラや業者は、メアドやLINEの交換を早い段階で要求する特徴があります。サイトやアプリ内での金銭要求は、利用規約に抵触するので外部サービスへと誘導しようとします。

このような傾向を事前に把握し、サクラに騙されないように十分に注意しましょう。

 

本当にママ活できるアプリはこれ!

ママ活アプリNo2.asobo

ASOBO

同じママ活するなら可愛い子がよい!そんな人にオススメのママ活サイトはasobo。

ほかの出会い系に比べて若い子や可愛い子が多いので、Wで美味しいママ活ができちゃうサイトです。迷ったらまずasoboでママを募集するのがオススメ

>>ASOBOを無料ダウンロード

 

ママ活アプリNo1.Jメール

人妻に人気の出会い系アプリがJメール。知られていないのですがママ活でおすすめのアプリです。

掲示板をつかうのが、Jメールでママ募集のコツ。熟女から、若い人妻など様々なので、自分の好みや相性でママ活を進めるのがよいでしょう。

男性の登録も無料なので、まず試してみるのがオススメです。

>>Jメールでママ活する

気軽にコメントをどうぞ

項目は全て入力してください

内容をご確認の上、送信してください。

タグ一覧へ